水素水とアルカリイオン水は結局同じもの?3つの違いと体に良い効果

アルカリイオン水に次いで最近じわじわ人気になっているのが水素水です。コンビニでも買える所が増えましたね。実はこの水素水がアルカリイオン水と同じといわれているのです。その真相はどうなのでしょうか?

水素水とアルカリイオン水はどう違う?

最近よく見かけるようになった水素水ですが、以前からあるアルカリイオン水とはどう違うのでしょう?水素水もアルカリイオン水も、どちらも体に良さそうですよね。実は同じとも言われているんです。水素水とアルカリイオン水の違いについて知っておきましょう。

水素水とアルカリイオン水の違い

呼び方こそ違いますが、実は水素水とアルカリイオン水ですが同じようなものともいわれています。それぞれどのような違いがあるのでしょうか?

作り方が違う

水を電気分解したときにマイナス極(陰極)側にできる水のこと、つまり電解陰極水のことをアルカリイオン水と呼びます。水は電気分解するときに水素を発生します。イオン整水器などでできるお水はアルカリイオン水になります。つまりアルカリイオン水にも水素は含まれているのです。

水素水については、九州大学の白畑教授が発表した論文の中で、「活性水素水」などと呼ばれ始めたことが始まりです。現在では作り方にはよらず、水素が含まれていれば水素水と呼ばれているようです。水素水の作り方にはいくつかあり、電気分解する方法もあれば、水に水素を溶け込ませて作っている場合もあります。

アルカリイオン水も水素水?

アルカリイオン水と水素水については厳密な線引きがなされていないので、メーカーごとに異なる表現をしているので混乱しやすくなっています。アルカリイオン水にも最初は水素が含まれていますが、密閉しなければ水素は飛んでしまいます。

また、水素水の中でも、電気分解による陰極水や酸化還元反応によってできた水素水の場合はアルカリ性になりますが、水素を注入して作った水素水は中性になるといわれています。水素水だからといってアルカリ性とは限りません。

ちなみに水素水については、分子状水素医学シンポジウムにおいて0.08ppm以上の水素が含まれるものを「水素水」と呼ぶことになっています。

容器が違う

アルカリイオン水と水素水の違いは容器にも違いがみられます。アルカリイオン水は通常ペットボトルに入って売られています。水素水の方はメーカーによってパウチになっていることもあります。

パウチタイプは電気分解をしていない水素を注入したタイプの水素水で使われるタイプです。これは、水素水をペットボトルのように気密性の低い容器で保存すると1,2日程度経つと水素が完全に抜けてしまうためです。水素水はアルミ容器やパウチ容器にすることで水素が抜けないようにしています。

水素水とアルカリイオン水の効果

水素水もアルカリイオン水も体に良いというのは聞いたことがあっても、実際どんな作用があるのか知っていますか?ここで、それぞれの効果について知って健康に役立てましょう。

アルカリイオン水は胃に優しい

アルカリイオン水や水素水について、まだ根拠となるデータは揃っていないので、健康効果については不明な部分も多いのが現状です。疲れが取れる、美容に良いなど、色々なことが言われていますが、まだ本当のところは明らかではないのです。

でも一つ分かっているのは、アルカリイオン水は胃に優しいということです。胃の中は強酸性になっていますが、アルカリイオン水は胃酸過多で胃がもたれたりする方には優しいお水だといわれています。特に日本人は胃が弱い人が人種なので、アルカリイオン水は注目されているようです。

by カエレバ

水素水はミネラル分が多くなる

水素水では、普通の水道水よりも約15~20%程度ミネラル分が増えているといわれています。これは電気分解するときに水素と同じようにプラスを帯びているミネラル分「カルシウムイオン、マグネシウムイオン、ナトリウムイオン」などが水素と同じマイナス側の電極に集められるからです。

カルシウムは、骨を丈夫にしたり、イライラを落ち着かせる作用、ホルモンなどの働きを保つ作用があります。また、マグネシウムには血圧や血糖値、神経の働きを整えたりする作用があります。ナトリウムには、ご存知の通り血圧や水分調整だけでなく、筋肉の収縮や神経の働きを正常にする働きがあります。

by カエレバ

水素の抗酸化力に期待

現時点では水素水が体に良いという根拠となるデータは見当たりません。原理としては、水素分子には活性酸素を除去する抗酸化力があることから、疲労回復、美容、健康の向上になどに効果が期待されています。

特に水素水にはヒドロキシラジカルという強い活性酸素にのみ働いて除去してくれるといわれていて、その抗酸化力の高さが謳われていることが多いようです。

飲んだ後の爽快感も大事

色々と効果については不明な部分もありますが、大事なのは飲んだ後の感覚です。水素水やアルカリイオン水を飲むとわかりますが、口当たりが軽く、まろやかな感じがあります。また、体に良いものを飲んでいる感じというのも気持ちを上げてくれる大事な要素だと思われます。

水素水とアルカリイオン水をもっと飲もう

水素水やアルカリイオン水は、似てはいますが、厳密には別のものとなっています。どちらも体によいので、毎日のお水に少しずつ水素水やアルカリイオン水を取り入れてはいかがでしょうか?