ステーキでおいしくダイエット!?口コミでも大絶賛!やり方と効果を高める5つの方法|目からうろこの新常識を徹底解説!

え!?ステーキでダイエットが出来るの?と思う方もいるかもしれませんが、ステーキなどの赤身肉は、ダイエットにはうってつけの食べ物だったのです!今回は、ステーキダイエットが効果的な理由と、その効果を最大限に引き出す方法を紹介していきます。

目次

ステーキダイエットとは?

ステーキダイエットとは赤身肉ダイエットのこと

皆さん、お肉と聞くと太りやすいんじゃないか、と思う人は多いのではないでしょうか?でも、実はお肉は、痩せやすくなる食材だったんです。ステーキダイエットとは、糖質制限ダイエットを進化させて、糖質は最低限に抑えて、たんぱく質を積極的にとるようにするダイエット方法、とも言えます。

では、糖質制限ダイエットと比べると、どんなメリットがあるのでしょうか?それは、ステーキなどで赤身肉を多く摂取すると、痩せる効果と共に、太りにくくなる効果も期待が出来る、一石二鳥のダイエット方法なのです。

ステーキダイエットが効果的で痩せるといわれる5つの理由

1.高たんぱく質

皆さんご存知の様に、お肉の主要成分といえば、たんぱく質です。たんぱく質は、筋肉や内臓、骨から皮膚に至るまで、人体を構成する主要な成分です。とりわけ、ダイエットに関しては、筋肉を増やすことで代謝を増やすことができるため、たんぱく質は欠かすことができません。

いくらカロリーや、糖質制限をしても、たんぱく質が不足していて、筋肉をつけることが出来なければ、効率的に痩せることができなかったり、リバウンドの原因になってしまったりする恐れがあります。

2.Lカルニチンで脂肪燃焼

赤身肉に多く含まれている、Lカルニチンには体内の脂肪を効率よく、エネルギーとして燃焼しやすくする働きがあります。体内のLカルニチンの量が多ければ、同じ強度の運動をしても、Lカルニチンが不足している人よりも、ダイエット効果を高める効果が期待できます。

3.低糖質

ステーキ中心の食事を心がければ、無理なく糖質を制限することができます。糖質は体への吸収が早く、インシュリンというホルモンを分泌させます。インシュリンは、余った糖質を中性脂肪に変えてしまう上に、血糖値を早く下げてしまう為、食後の満腹感が長く続かずに、空腹を感じるまでの時間が短くなってしまいます。

4.消化でカロリー消費

ステーキなどの赤身肉は、比較的消化しにくい食物です。お肉を食べているときに、体が熱いと感じたり、汗をかいたりした経験はありませんか?それは、消化にエネルギーを使っている証拠です。

一説にはお肉は、他の消化しやすい食物よりも、消化にかかる時間は倍とも、ジョギングに匹敵するエネルギーを消化に費やしている、とも言われています。

5.腹持ちが良い

上で記したように、お肉は消化に時間がかかります。時間をかけて、ゆっくりと消化するということは、物理的にも、胃袋の中に食べたものがある時間も伸びますし、血糖値の上昇が緩やかになります。血糖値の上昇が緩やかになると、インシュリンが、分泌しにくくなるので、血糖値が下がりにくく、空腹感を感じるタイミングを、遅くしてくれる効果が期待できます。

ステーキダイエットのやり方

1.1日1回赤身のステーキを食べる

ダイエットの効果を期待するなら、霜降り肉は避けて、赤身の多い肉を選びましょう。霜降りなど、白い部分が多い肉は、その分、脂肪分が多くなり、高カロリーになります。肉の種類であれば、牛肉より豚肉、バラ肉よりロース肉、ロース肉よりもも肉がオススメです。

2.手のひらと同じくらいの量にする

1日の活動量が、普通から少なめな成人の場合の、お肉の摂取量目安は男性で140g、女性で100g程といわれています。手のひらの大きさ、厚さが目安となっています。体が大きめの方や、活動量が多めな方は、意識的に多く取った方が、良いでしょう。

3.焼き方は出来れば鉄板ではなく網で焼く

お肉には、脂質と呼ばれる、脂肪分も含まれています。脂質の、一般的な推奨摂取量は、1日あたり55g程とされていますが、脂質を多く含んでいるロース肉だと、100gあたり、44gも脂質が含まれています。

鉄板で焼くと、お肉から流れ出た油が、お肉の周りに留まってしまいますが、網などで焼けば、油は下に落ちることが出きるので、余分な脂肪分やカロリーを、カットできます。

4.最初にサラダなど野菜を食べる

野菜に含まれている、食物繊維は人体が、消化吸収できない成分なので、お肉よりも、さらに消化を遅くする効果があります。ただ、イモ類や、トウモロコシなどの穀物は、逆に太る原因になってしまうことがあるので、葉物野菜や、根菜を意識的に取るようにしましょう。

5.ご飯も一緒に食べる

炭水化物などの、糖質を取ると太るんじゃないか、と思う方もいると思いますが、筋肉に効率よくたんぱく質を吸収させるためにも、ごはんも適度に食べるようにしましょう。

ステーキダイエットの効果をより高める5つの方法

1.レモン汁で亜鉛、鉄分の吸収効率アップ

お肉には、必須ミネラルの一つである、亜鉛も豊富に含まれています。亜鉛は体を形作ることに重要な役割を担っており、特にたんぱく質や、DNAを作るのに欠かせなません。不足すると、皮膚炎や脱毛・味覚障害・生殖機能不全などの原因となります。

鉄分は、血液中の赤血球の構成を、担っています。不足すると、貧血などの症状の原因となります。レモン汁は、それらの吸収効率を高めてくれるので、味付けのバリエーションとして、積極的に利用するようにしましょう。

2.おろしショウガ、ニンニクで体を温める

味付け、薬味として、おろしショウガ、ニンニクも積極的に、利用しましょう。どちらも、体を温めてくれる作用があり、代謝を上げて、ダイエット効率を上げてくれることが期待できます。さらに、おろしショウガは、胃液の分泌を促進してくれる作用もあるので、お肉の栄養の吸収率を高めてくれ、ニンニクは抗菌作用が期待できます。

3.大根おろしやワサビ、クレソンで消化の促進

消化を助けてくれる、大根おろしやワサビ、クレソンなども活用しましょう。大根などには、たんぱく質分解酵素が、豊富に含まれており、大根おろしにすることで、さらに酵素を活性化させることができます。ワサビには、消化を助ける以外にも、ニンニクと同じように抗菌作用が期待できます。

4.ご飯も適度に食べる

野菜に含まれている、食物繊維は人体が、消化吸収できない成分なので、お肉よりも、さらに消化を遅くする効果があります。ただ、イモ類や、トウモロコシなどの穀物は、逆に太る原因になってしまうことがあるので、葉物野菜や、根菜を意識的に取るようにしましょう。

5.ご飯も一緒に食べる

食べるタイミングは、出来ることならお昼がベストでしょう。比較的午前よりも、午後の方が活動量は多く、効果を最大限に引き出すことが出来ます。もし、お昼ごはんに取ることが出来ない場合は、晩ごはんでも大丈夫です。

ステーキダイエットの3つの注意点

1.砂糖が入っているタレやソースは避ける

焼肉のタレやソースは、砂糖が入っている物があるので気を付けましょう。タレやソースに砂糖が入っていると、せっかくのダイエット効果が薄れてしまう恐れがあります。タレやソースを使う場合は、しっかりと原材料表示を確認するか、前項で紹介したような薬味や塩などで食べるようにしましょう。

2.ロースなど脂質の多い肉は避ける

最も脂質が多い部位は、ロース肉です。逆に最も脂質が少なく、たんぱく質含有量が多い部位は、ひれ肉です。さらに、牛ひれ肉より、豚ひれ肉の方が、たんぱく質含有量は多いようです。栄養効率だけを追い求めてしまうと、続けられなくなってしまうと思いますので、参考程度にして、網焼きや、薬味を最大限活用していきましょう。

3.糖質の取りすぎに気を付ける

先程、ごはんも食べましょうとお伝えしましたが、もちろん食べ過ぎはNGです。特に、ごはん以外の炭水化物は、吸収率が高く、太る原因になってしまうので、気を付けるべきでしょう。

主食の他にも、間食でチョコレートや、クッキーなど、糖質が多く含まれているお菓子を、取りすぎてしまうと、せっかくのステーキ効果も薄れてしまう恐れがありますので、食生活を全体的に、考えるようにしましょう。

ステーキの部位別カロリーとは?

サーロインステーキ100gで498キロカロリー

お肉の部位によって、たんぱく質や、脂質の含有量が違うように、それぞれの部位や、和牛か輸入かによっても、大きく違いがあるようです。

・サーロイン(和牛)100g……498キロカロリー
・サーロイン(輸入)100g……298キロカロリー
・リブロース(和牛)100g……468キロカロリー
・リブロース(輸入)100g……263キロカロリー
・ヒレ(和牛)100g……223キロカロリー
・ヒレ(輸入)100g……133キロカロリー
・子牛リブロース100g……101キロカロリー

ステーキダイエットのおすすめレシピ2選

1.お手製ソースdeヒレステーキ

[blogcard url=”http://www.recipe-blog.jp/profile/12792/blog/12858557″] [/blogcard]
いい肉の日☆お手製ソースdeヒレステーキの作り方

その1:
お肉は室温に戻しておき、強火で煙が上がる位まで熱した、フライパンに肉を入れ、50秒位焼き、裏かえして、強めの中火で蓋をして焼きます。

その2:
みりんと酒を、鍋に入れ火にかけて煮切り、すりおろした玉ねぎ、りんご、にんにくと、しょうゆを加えて、火にかけ一煮立ちさせます。

その3:
焼きあがったお肉に、ソースをかけて完成です。

このレシピの良いところは、お手軽に、おいしいステーキが作れるところですね。材料も普段からご家庭にある物で作れますので、いちいち買い足したり、余ってしまったりする心配もいらないでしょう。お肉も、低カロリーのヒレ肉で、ソースには身体をあたため、抗菌作用のあるニンニクも入っているので、ステーキダイエットにうってつけのメニューですね。

さっぱりポン酢で牛ステーキ!

[blogcard url=”http://www.recipe-blog.jp/profile/21598/recipe/252874″] [/blogcard]
さっぱりポン酢で牛ステーキ!の作り方

その1:
牛ロースとミニトマトに、塩コショウで下味をつけて、フライパンでグリルします。

その2:
表面に焼き色がついたら赤ワインを入れて香りをつけます。

その3:
焼きあがったら、お皿に豆苗とミニトマト、牛ステーキを盛り付けて、ポン酢をかけて出来上がりです。

ステーキはガッツリ、コッテリといったイメージが、強いと思いますが、このレシピでは、ポン酢でさっぱりといただけるところが、良いですね。ポン酢には、クエン酸と言って、お肉に含まれる亜鉛の吸収効率を、高めてくれる効果が期待できます。ポン酢の他にも、紹介した薬味などを合わせることで、さらに焼肉ダイエットの効率を、アップさせることもできます。

ステーキダイエットは効果あるの?気になる口コミ

「ステーキダイエットって、聞いたことはあるけど、やっている人はいるのかな?」「本当に効果が出るのかな?」と思う人もいるかと思います。そこで、Twitterでの口コミをいくつか紹介します。
皆さん、Lカルニチンや、ヒレステーキなど、しっかりポイントを押さえて、実践しているようですね。2010年のツイートも見られ、少し前から注目され始めていた、ダイエット方法であることがわかります。皆さん数か月で、しっかり効果を実感できているようですね。

中にはラム肉などの、羊肉にチャレンジしている人も、いるようですね。羊肉には、Lカルニチンが、牛肉等よりも、多く含まれているので、さらに脂肪燃焼効果を高められることが、期待できます。羊肉は、他の肉と比べると、匂いが気になる人もいるようですが、興味がある人は、試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?今までは、ステーキは太ると思い込んでいた方も、多いと思います。でも、ステーキダイエットは、意外と理にかなったダイエット方法だったことが、お分かりになられたのではないでしょうか。この機会に是非チャレンジしてみてください!