日本人はお酒に弱いの?アルコール分解酵素の秘密に迫ってみました!

社会人になるとお酒の席が増える傾向にあります。そんな中、お酒が弱いことに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ここではお酒の強さに差がある原因や二日酔いについて解説していきます。

アルコール分解酵素とは?

社会人になると、様々な飲み会が用意されています。「乾杯はビール」との考えは未だ根強いため、お酒が弱い方は困惑した経験があるのではないでしょうか。何杯でもお酒が飲める方や、一口ですぐに酔いが回ってしまう方まで、アルコールの強さは人それぞれとなっており、それにはアルコール分解酵素が深く関係しているといわれております。

ここでは、そのアルコール分解酵素に迫ると共に、人によってお酒の強さに差が出てしまう原因についてご紹介していきます。

お酒に強いかどうかは遺伝で決まる!

人によってお酒の強さは様々ですが、なぜ人によって差が出てしまうのでしょうか。お酒の強さに差が出る原因について下記でご紹介していきます。

遺伝子で決まる

上記でもご紹介したようにアルコールに強いか弱いかは、アルコール分解酵素と呼ばれる酵素の体内比率によって左右されます。アルコール分解酵素とは、文字通り体内に吸収されたアルコールを分解する性質を持つ酵素を指します。

お酒が強い方は、アルコール分解酵素の体内比率が高く、活動も活発となっており、逆にお酒が弱い方はアルコール分解酵素の体内比率が低く、活動も活発に行われていないといえます。体内比率は、遺伝によって既に決まっているといわれており、お酒が弱い人や強い人は、その人の体質によるものだといえます。

遺伝子検査でお酒に強いか弱いか分かる!

遺伝によってお酒の強さが決まるとはいっても、遺伝子は目に見えるものではないため、自分がどういった体質なのか詳細が知りたい方も多いのではないでしょうか。そんな方にオススメしたいものが、遺伝子検査です。少量の唾液を採取して同封されている返信用封筒で送るだけのような手軽なものがあるため、忙しい方にもピッタリです。

アルコール分解時間にも差が!

アルコールが身体から抜ける時間は、体質によるものや、肝臓の大きさ、身体の水分量が大きく関わっているといわれています。下記がアルコールが身体から抜けるまでの平均時間です。

ービール350mlを1本飲んだ時のアルコール分解スピードー
男性(体重69kg):約2時間
女性(体重53kg):約2.5時間

ービール500mlを1本飲んだ時のアルコール分解スピードー
男性(体重69kg):約3時間
女性(体重53kg):約3.7時間

上記は大まかな目安であり、もちろんそれ以上の時間を要する方もいます。アルコールが身体からなかなか抜けないことでお悩みの方は、食後にお酒を飲むようにしましょう。空腹時よりも満腹時の食後にお酒を飲むことで、アルコールの吸収を抑えることができます。

また、睡眠中は肝臓も機能を休めるため、アルコール分解時間が遅くなるといわれています。お酒を飲むなら食後に少し嗜む程度にして、就寝時間より3時間以上前に飲むようにすると良いかもしれません。

アルコール分解酵素の種類は?

アルコール分解酵素は、大きく2種類に分けることができます。私たちが摂取したアルコールはどのようにして体外へと排出されるのかを詳しくご紹介します。

アルコール脱水素酵素(ADH)

アルコールは、アルコール脱水素酵素(ADH)の働きによってアセトアルデヒドに分解されます。アセトアルデヒドは毒性が強いとされていますが、下記の過程で体に無害な物質へと変化します。ADHの能力は個人差はあれど、それほど大きな差があるわけではないとされています。

アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)

有毒なアセトアルデヒドは、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)によって体に害のない酢酸へと分解されます。酢酸は血液によって全身をめぐった後、最終的に水と二酸化炭素へ分解され、体外へと排出されます。ALDHの能力には個人差があるため、お酒が強い人や弱い人、全く飲めない人がいるのです。

どうして二日酔いになるの?

お酒を飲んだ翌日、頭痛や吐き気などに悩まされたことはありますか?その辛い二日酔いの原因は、上記でもご紹介したアセトアルデヒドだったのです。下記で二日酔いになる原因を詳しくご紹介していきます。

アセトアルデヒドが原因

アセトアルデヒドは上記でもご紹介したように、身体にとって有害となり、二日酔いや悪酔いなどの症状を引き起こし、中には肝臓への損傷をもたらす場合もあるといわれています。お酒に対する自分の適量をしっかりと把握し、飲みすぎには注意が必要です。

ALDHの活性が関係する

ALDHは、アセトアルデヒドが低濃度の時に働く「ALDH2」と、高濃度にならないと働かない「ALDH1」があるといわれています。日本人の約半数はALDH2が活性でないとされており、お酒に弱く、悪酔いしてしまう方が多い傾向にあるようです。逆にALDH2が活性な方は、アセトアルデヒドの分解を速く行うことができるため、お酒に強くなります。

ALDHを阻害する薬もある

ALDHを阻害する薬の代表例として、アルコール依存症の薬物療法で用いられる抗酒薬が挙げられます。この薬は、ALDHを阻害するため、アセトアルデヒドの濃度が上昇し、嘔吐や頭痛、動悸や息切れなどをもたらします。

抗酒薬を使用するとアルコールを摂取することで気分が悪くなるため、必然的にアルコールの摂取を抑えることができるといわれています。そのため、アルコール依存症の薬物療法として用いられているのです。

ALDH2遺伝子の特徴

上記でALDH2には個人差があることについて触れましたが、厳密にいうと3つのタイプに分かれるといわれております。ここでは、その3つのタイプについて詳しくご紹介します。

3つの遺伝子の型がある

活性型

活性型は、アセトアルデヒドの分解を素早く行うことができる点が特徴とされています。そのためお酒が強い方が多く、悪酔いしにくい傾向にあります。しかし、いくらお酒が強いといっても多量に摂取するとアルコールの分解が追い付かず、急性アルコール中毒を引き起こす恐れがあるため注意しましょう。

低活性型

低活性型は、アセトアルデヒドの分解が遅いことが特徴です。そのため、お酒に酔いやすい傾向にあります。日本人の約4割は低活性型に当てはまるとされています。

非活性型

低活性型は、アセトアルデヒドの分解が全くできないことを特徴としています。お酒を全く飲めない方は、非活性型とされており、日本人の約7%がこれにあてはまります。上記の結果とも併せて、日本人の約半数は低活性型、または非活性型となるため、日本人は比較的お酒に弱い方が多いのです。

アルコール分解酵素を増やす方法とは?

肝機能を向上させよう!

肝機能を向上させるために一番大切なことは、普段の食生活を改めることです。脂質が多い食事や、偏った食生活は肝臓に大きな負担となります。ダメージを負った肝臓は、機能も低下し、その分アルコールの分解も遅くなってしまうのです。日頃から野菜や果物を摂取し、健康に気を配りましょう。

サプリメントを摂取しよう!

立場上どうしてもお酒の機会が多く、二日酔いに悩まされている方も多いのではないでしょうか。そんな時は、サプリメントを摂取して二日酔いを回避しましょう。ただし、サプリメントはお酒が強くなるわけではありません。あくまでも二日酔い対策として活用しましょう。

二日酔い対策のサプリメントは多数ありますが、オススメするサプリメントはアフターラックです。翌朝の二日酔い対策として口コミで評判となっており、味の工夫もされているため飲みやすく、人気の商品となっています。翌日に大切な予定が控えている場合は、是非活用してみましょう。

アルコールに対する自分の適量を把握して!

いかがでしたでしょうか。お酒が弱いことにお悩みな方も多いといわれていますが、上記の通り、日本人はお酒に弱い体質の方が多いとされています。無理して多量のアルコールを摂取するのではなく、自分の適量をきちんと把握して楽しくお酒を飲みましょう。