【顔の毛の脱毛ガイド】ニキビ肌はNG?女性がエステ事前に知っておくべき3つのコトと脱毛器を使った処理方法を伝授!

顔の毛は意外と目立つものです。そこで脱毛がオススメですが、ニキビ肌に脱毛はダメなのでしょうか?自己処理よりも安全安心の脱毛エステに通うことが効率的ですが、その際に知っておくべき3つのコトを紹介しています。又、家庭用脱毛器を使った顔の毛脱毛についても紹介しています。

顔の毛は脱毛可能?

自分では気が付かなくても、実は顔には無数の産毛が生えています。脇の下等の濃い毛に比べると全然柔らかくて、薄いのですが、それが密集してしまうと、肌色がくすんでしまって、顔の印象が悪くなります。その為、普段からお手入れが必要であり、顔の毛の脱毛はありなのです。

とは言っても無理やり引っこ抜くような形は毛穴を傷めたり肌にダメージが出たりするリスクも高いので、ここではニキビ肌に脱毛は可能なのか、女性が脱毛エステ事前に知っておくべき3つのコトや脱毛器を使った顔の毛脱毛方法について紹介します。

顔の毛の脱毛について

デリケートな部分と言う認識を!

顔は産毛が多く、そのままの状態ではメイクノリも悪いですし、肌の明るさトーンも暗くなりがちなので、顔の脱毛はとても効率的だと思います。しかし、意外と忘れがちなのが、顔もデリケートゾーンの一つと言った認識に欠けることです。

デリケートゾーンと言うと、脇の下やvioラインと言った箇所を想像しますが、顔も皮膚が薄いこともあってちょっとした刺激でもすぐに反応して肌荒れを起こしてしまうので、油断出来ません。特に鼻の下や鼻毛、眉の脱毛は注意が必要でしょう。

デリケートな部分と言った認識を持って脱毛をするように心がけたいですね。

脱毛クリームで除去出来る!?

塗ってしばらく放置して、後は洗い流すと言った簡単処理のスタイルが人気の脱毛クリームですが、デリケートな肌に塗っても大丈夫なのか、気になるところです。脱毛クリームと言っても本来の意味は除毛、抑毛を目的としているので、毛根からしっかりと取り除くことは出来ません。

肌の表面に出ている毛を溶かして除去する為、溶かす為の薬剤が含まれているのですが、これはタンパク質で出来ている毛を溶かすということから、肌も同様にタンパク質から出来ているので肌も溶かしかねません。肌ダメージが出ても不思議ではないのです。

皮膚の薄い顔には出来るだけ使わない方が良いかもしれません。

ニキビ肌で脱毛可能か?

ニキビ肌がある顔の脱毛は、自己処理では行わない方が無難です。元々敏感な顔の肌はニキビによって益々敏感になりつつあるので、ニキビが悪化してしまうリスクが増えるからです。その為、現在ニキビに悩んでいる人がどうしても脱毛したいのであれば、脱毛サロンで施術を受けた方が良いでしょう。

機能性の高いマシンと技術の高いスタッフとのタックルによって高い脱毛効果が望めるとともに、出力が医療レーザーよりも緩いので肌にとっては優しい出力になっています。ニキビ肌でも十分に脱毛が出来たと言った事例も多いことから、慎重に選ぶことでより良い効果が実感できるかもしれません。

まずは身近なサロンにて相談をしてみてください。

男性は顔の毛脱毛はしない!?

一昔前は男性は美に興味が無い、無駄毛もそのままの状態と言ったワイルドなイメージを売りにしている人が多かったものです。しかし今では美を意識する男性が増えたことで、体毛は邪魔な存在であると言った認識が増えてきました。

顔は特に人に見られる箇所であり、眉毛は顔全体の印象に繋がってくるので、形を整える為には脱毛は欠かせない存在になってきているようです。剃るとなると処理間隔が短くなって面倒ですから、やはり脱毛の魅力は高いのでしょう。

顔脱毛をしたいと思っている男性は意外と多いのです。

女性が脱毛エステ事前に知っておくべき3つのコト

1.脱毛範囲をチェック

顔と言っても色々なパーツがあります。おでこや鼻の下、頬に顎、フェイスラインと複数の箇所があることから範囲も広がってきます。まずは自分がどこを脱毛したいのかをしっかりとチェックしてください。サロンによっては扱っていない部位もあったりするので、事前にチェックしておくことで、後々の失敗を回避することになります。

気になるサロンがある時はそのサロンが行っている顔脱毛メニューをチェックしておくことで、出来る箇所が分かってくるので、いきなり場当たり的な施術を受けないように、事前に準備しておくことが大事ですね。

2. 顔脱毛の金額をチェック

施術内容をしっかりと把握しても、一番大事な値段をチェックし忘れてしまうと、後で高額請求をされてびっくりしてしまうことになります。又、単独メニューの場合、金額が高めに設定していることもあるので、財布事情と合わせて検討することが大事と言えるでしょう。

サロンによっては選べる部位コースでのキャンペーンを設けている所もあり、全身脱毛コースに組み込まれている所もあるので、全てのコースもきちんとチェックしておいた方がお得に利用出来るかもしれません。

3. フェイシャルエステ力をチェック

顔は洋服などで隠すことが無いので、常に人に見られている状態ですし、皮膚が薄いのでデリケートな部位でもあります。下手な処理では肌ダメージも大きくなってくるので、高機能マシンや技術の高いスタッフがいるサロンを選ぶことも大事な要素と言えるでしょう。

フェイシャルエステ力があるのかどうかをHPや口コミ情報から事前にチェックしておき、評判の高いサロンを選ぶことで失敗無く顔脱毛を受けることが出来ると思います。勿論肌は人それぞれなので、必ずしも満足のある効果が出るとは言い切れませんが、参考程度にしておくともしもの時も慌てることなく対応できるので、チェックは欠かせませんね。

脱毛器を使った顔の毛脱毛とは?

メリットとデメリットを知る

家庭用脱毛器で顔の脱毛をしたいと思ったら、まずはメリットとデメリットを知るべきでしょう。メリットは自宅で手軽にできること、エステ並みの効果が期待出来ること、顔脱毛だけでなく全身脱毛が可能なこと、処理後の効果が持続することや回数を増やしていくごとに毛が薄く目立たなくなってくることと言えます。

毛穴もキュッと引き締まって肌も徐々に綺麗になってくると言った特典も期待出来るのが魅力と言えるかもしれません。一方デメリットは1回の支出ですがその費用が高いということ、正しく使用しなければ効果が無いと言うこと、部品が消耗品なので追加で購入しなければいけないと言った点です。

これらのことを事前にしっかりと把握しておいてから失敗しないように家庭用脱毛器を購入すると良いかもしれません。

正しい処理方法で行う

家庭用脱毛器を扱うのはサロンスタッフや医師ではなく、自分自身なので、正しい処理方法を行わなければいけません。説明書は何度も読み返すようにしましょう。そしてまずは肌を清潔にすること、入浴やシャワーを浴びて脱毛したい箇所を清潔にしておいてください。

そしていざ照射となるのですが、保冷材等で脱毛箇所を冷やしてから光を当てましょう。無駄毛が長すぎる場合は前日までにある程度の長さにカットして、理想は1~2mm程度にしておくと良いです。照射が終わったら、又肌を冷やしていきます。ここでも保冷材を使って箇所を冷やしてください。

脱毛後は肌はとても敏感になっているので、負担がかからないように保湿ケアは1日おいてから付けるようにすると無難と言えるかもしれません。

注意点を把握しておく

家庭用脱毛器は自宅で出来ることから、自分が空いている時間をいつでも利用することが出来ます。しかしだからと言って毎日続けて照射はしてはいけないことになっています。照射は肌にとても負担になるので、決められた期間に再度行うようにしましょう。

又、肌の調子が悪い時に照射してしまうと肌荒れを助長させることに繋がります。寝不足や疲れている時、日焼けした時はとても敏感肌になっているので、無理に脱毛をしないようにした方が良いかもしれません。肌荒れが悪化してしまうと治るまで時間がかかり、脱毛も長引いてしまうので、健康状態もチェックしながら脱毛をするように心がけた方が良いですね。

まとめ

いかがですか?顔の脱毛は今は主流になりつつありますが、元々デリケートな部分だけに肌への負担が大きくなりやすく、肌荒れを起こしている状態では避けた方が良いのかもしれません。健康な肌の状態になるまで待ってから脱毛をした方がより効果的なので、焦らずゆっくりと脱毛すると言った意識が必要です。

女性だけでなく男性も顔脱毛をしたいと言う人が増えた今、綺麗になりたい願望が強いのは分かりますが、出来るだけ肌の事を考えてあげながら無駄毛を処理していくように、普段から顔脱毛に関する情報を収集しておくようにすることも大事な要素と言えるでしょう。