ダイエットで20キロ痩せたい…そんな人に教える減量の7つのコツ

ダイエットして見た目を変えたい!そういった人はいるのではないでしょうか?私もかつてはそう思っていたひとりでした。でも、いざやろうと思ってもどうやったらいいのかって分かんないんですよね!そこで今回はどうやって20キロ減量していけばいいのか紹介させていただきます。

私も何度もダイエットで失敗しました…

よしっ!20キロ痩せるぞ!こう思ってる人も結構いるんではないでしょうか?かつて私も最低でも20キロはダイエットをするぞ!と思ったこともありました。いざやろうと思っても、なかなかできるものではないんですよね。自分も最初はやろうと思っても全然できませんでした。

何度も失敗をして改良をした結果、ようやく何年もかけて成功することができました。でも、よく考えてみてください。20キロのダイエットって、相当難しいです。例えば80キロの人が20キロ減らすということは、4分の1の体重を減らすということになります。

身体が25%減ってしまうということを考えると、やっぱり大変ですよね。でもダイエットに成功さえしてしまえば、服のサイズも3サイズくらいはダウンします。全部がダボダボになって何にも着れなくなってしまいます。

でもダイエットをしたことのある人の大半は失敗をしたこともあると思います。それでは、そもそもなぜ20キロ減らそうと思った時に失敗してしまうんでしょうか?

20キロ痩せるぞ!と挑戦しても失敗してしまう8つの典型

①ダイエット期間が短すぎる

ダイエットしたいと思うと、どうしてもできるだけ短い期間でダイエットをしようと思う人が多いです。2~3ヶ月で20キロ減量しようとする人がいます。確かに短い期間でダイエットができれば嬉しいですが、こんなことをやってしまうと、すぐに飽きてしまいます。

結果が出なかったらすぐにやる気もモチベーションもダウンしてしまい、ダイエットをする気が失せてしまいます。そうなってしまうと、何もできなくなってしまいます。

また短い期間で20キロ痩せようとすると、身体にもとても大きい負担がかかってしまいます。最悪、命を落としかねません。そうなってしまうと、元も子もないので、短い期間でこれだけダイエットをするのは、絶対に真似をしないようにしましょう。

②ダイエット期間が長すぎる

先ほど短すぎるのはダメだと言いましたが、かといって1年を超えるような長すぎる期間ダイエットをするのも良くありません。長すぎると前半にダイエットをなまけてしまう恐れもあります。そうなってしまうと、結局体重が減らないし、ダイエット終盤で減らそうとするので、結局短期間でダイエットをするのと変わらないです。

それは、非常に非効率的なことです。ダイエット期間の設定は、どのくらいが適正なのかを自分で調べましょう。

③急激に痩せることができそうなダイエットをする

これは極端に、ボクサーがやるようなダイエットをしようとするという意味です。例えばご飯を抜くとか、水分も摂らないなど、何も食品を摂らないっていうようなことをしてしまうと、貧血で倒れたりもしてしまうので絶対にやってはいけません。

私も1度こういったことをやったことがありましたが、貧血で倒れたりもしましたし、仕事も集中してできずに周りに迷惑をたくさんかけてしまいました。そうなると、周りの見る目も冷たい目になってしまうので、極端なダイエットは絶対に辞めましょう。

④目標設定をしていない

20キロ痩せるまでのプロセスについて何も考えずにダイエットをすると失敗してしまいます。例えば、1ヶ月後、3ヶ月後には何キロ減らすかというような途中経過をちゃんと設定しておかないと、途中でグダグダになってしまってダイエットを失敗してしまいます。

そうなってしまうと、今までやってきたことも水の泡になってしまいます。中短期の目標はしっかりと立てておかないとダイエットに大きく影響を及ぼしてしまいます。

⑤運動か食事かどちらかに偏っている

ダイエットするときって、○○ダイエットをするぞ!って1つのダイエットの種類を決めて行動するということをしている人が多いのではないでしょうか?でもこれって、なかなか難しいです。例えば、運動をたくさんしても炭水化物や脂身の多い食品をたくさん摂っていたら痩せにくくなってしまいます。

また、食事を気をつけているという人でも運動を全くしなかったら、やっぱり体重のは落ちにくくなります。また、こういう風に極端なことをやっていると、倒れたりしてはいけないのでダイエットの仕方には注意しましょう。

⑥自分が苦手なダイエットをしている

好きこそものの上手なれと言いますが、やっぱり苦手なことをダイエットに取り入れると、なかなか成果が出るまでに時間がかかってしまいますし、途中で嫌気がさしてしまいます。苦手なことをやっていると、ストレスも溜まってしまいます。ストレスが溜まってしまうとどういうことが起こってしまうかというと、ダイエットができなくなり、感情が爆発してしまいます。

よくあるのは、夜起きてお菓子を食べたり食事をガッツリとったりといったことが起こってしまいます。そうなると、本当にやってきたことが水の泡になってしまいますので注意が必要です。また、ストレスを溜めてしまうことで、体調不良にもなってしまうので気を付けましょう。

⑦毎日体重計に乗ってない

失敗する人は、体重計に毎日乗ってない人が多いです。ここは何となくお腹すいたからたくさん食べても良いかとか、今日はお腹がいっぱいだから食べない方がいいかなとか、感覚で食事の量を決めている人は失敗しやすい傾向が強いです。

また毎日乗るのは面倒くさいから週に1回で良いかっていう人もダイエットは成功しづらいです。毎日乗ることは、ダイエットのモチベーションを上げると同時に、自分がどこまで進んでいるかという結果も見ることができます。

⑧なぜ20キロダイエットするかという理由がない

何のためにダイエットをするかという理由を持っていないと、なかなかダイエットをしようと思っても継続させることは難しいです。やっぱり理由をもたないとダイエットへの力の入れ方も違ってきます。1日1日は微々たるものかもしれませんが、その内、1週間、1ヶ月とどんどん日にちが重なってくると、全然成果も違ったものになってきます。

だいぶ期間が経った後だともう取り返すのも厳しくなってきます。そうなるともうダイエットなんてしなくて良いや!ってことにもなってしまいます。こうなるともう立ち直れなくなってしまいます。ダイエットをなんとなくしている人は、していても結局中途半端になってしまい、なかなかうまくいかないです。

⑨ダイエットマニュアルをきちんと守れない

ダイエットに失敗する人に一番多いのが食事における間違った方法と言えるでしょう。ダイエットに関する食事法は腐るほどありますが、どれでも正しく実践すれば、ある程度の効果が期待でき、痩せることができます。しかし、その方法を自己流に都合の良いように変えてしまって、結局、自分好みの食事ばかり取り入れてしまっている人がいます。

このような人は自分が好むような、太りやすい食べものを無意識に多く取り入れてしまっていることがあり、その分ダイエットの効果も実感できないのです。このように、提示されたマニュアルにしっかりと遵守できない人は、ダイエットに失敗する傾向があると言っていいでしょう。

⑩ご褒美を与えすぎてしまう

比較的長い期間に渡って行われるダイエットにおいて、時にストレス解消として自分へのご褒美を考える人は多いと言えます。このように適度なご褒美はモチベーションを高めたり、停滞した期間を乗り切る上での良いカンフル剤になります。しかし、目標が達成されていないにも関わらず、一週間に一度だけ甘いものを好きなだけ食べれるご褒美を自分に与えたり、食事を抑えた日は運動をさぼってもよいといった、自分への甘いご褒美を過度に作ってしまう人はかなりいます。

このように自分に都合の良いようにご褒美を与えすぎてしまうあまり、余計にダイエットの期間をのばす結果となったり、ダイエットを始める前より太ってしまったということはよくあると言われています。

ご褒美は確かに、長期間ダイエットを続けていく上で良いストレス解消の手段にはなりますが、それを必要以上に設定してしまっては、本末転倒になるので注意しましょう。

20キロ痩せてやるぞ!と思ったら意識すべき7つのコツ!

ここからは20キロ痩せるためのコツについて説明していきたいと思います。色々と参考にしていただくとダイエットしやすいと思います。

①ダイエット期間は半年間で行う

20キロ痩せるとなると、だいたい半年間くらいでダイエットをしていくと良いです。ダイエット開始~2ヶ月後までは月4キロ減量を目標にして減量し、それ以降は月3キロ減量を目安にして痩せていくと半年間で20キロ痩せることができます。

これを達成させるためには、毎月毎月気を抜くことは難しくなりますが、こうやって目標設定をしておくと痩せやすいです。

②運動ダイエットと食事ダイエット両方取り入れる

これもとても重要です。運動ダイエットと食事ダイエットをカスタマイズしてダイエットを行いましょう。両方とも、愚直に行なうと自然に体重が減っていきます。どちらかを頑張ろうっていうのは辞めてください。バランスよくダイエットを組み入れましょう。

③摂取カロリーを調べる

性別、年齢、体格によって適正摂取カロリーがだいぶ違ってくるので、自分がどのくらいまでOKなのかを調べましょう。1日の適正摂取カロリーが分かったら、その数値の7割程度の摂取カロリーに抑えるようにしましょう。

そのためには、毎日自分がどのくらいのカロリーをとっているかというのをノートに書いておかないと分かりません。ですので、毎日何を食べたのかをノートに記録しておきましょう。

おそらく書くのは面倒くさいと思います。しかし書く量を減らす方法もあります。それは食べ物を摂る量を減らせば書く量も少なくて済みます。これも、ダイエットの仕組みとして利用すると効果的です。

④消費カロリーを調べる

消費カロリーも運動の種類や体格によって消費カロリーが違ってきます。ですので、消費カロリーも調べましょう。特におすすめは水泳です。水泳は陸上運動と比べ、消費カロリーも多くなります。痩せるためには少なくとも摂取カロリーよりも消費カロリーの方が多くならないといけません。

ですので、毎日摂取カロリーと消費カロリーのバランスが適正かというのは必ず調べましょう。そして、もし体重が減らなかったら運動量を上げるなどして自分で調整しましょう。

⑤運動するときは同じ仲間がいるところへ行く

ダイエットのために運動をしている人がいるところってどこだと思いますか?それはスポーツジムです。結構仕事の帰りに行ってみたりすると、ダイエットのためにジムで運動をしている人も多いです。特に20代~30代の人はとても多いと思います。

でもスポーツジムって高いしな…なんて思っている人もいないでしょうか?でも、安いところもあるんですよ!例えば、市が運営しているジムなんかに行ってみると、とても安いんですよ!しかも大体は、1回単位の料金で使えます。ちなみに自分が行っているところも、区が運営しているスポーツセンターですが、プール(2時間)とトレーニングジム(時間制限なし)が両方使えて、1回500円で利用しています。(2015年10月14日現在)

自分も今まではジムに毎月1万円近く払っていたのでとても助かっています。しかも、器具も充実していてジャグジーやミニサウナみたいなのも付いているのでとても助かっています。

同じ目標を持って、運動に取り組んでいる同世代もとても多いのでぜひ行ってみると良いです!また、インストラクターの人もいるので、どういう風にしたら脂肪を燃焼しやすいのかということも教えてくれるのでとても使いやすいです。ぜひ近くにないか探してみてはいかがでしょうか?

⑥毎日自分の写真を撮影する

これもとても大切になってきます。毎日自分の姿を見ていると、正直そこまで変わっている感じがしません。でも写真を撮っているとダイエットを始めた時と1ヶ月後の変化、3ヶ月後の変化がとても鮮明に分かりやすく身体に出てきます。

毎日写真を撮っておくことで、自分がどれだけ頑張ったのかという努力の結果が形になってとても分かりやすい状態で姿に出てきます。それを見たら、自信にもなりますし、テンションも上がってきませんか?あっ!自分痩せたらモテるって気持ちにもなると思います!

痩せた姿を見ることで、新しい恋人ができるかもしません。今付き合っている人に関しては、恋人から変わったねって言われるかもしれません。そうなったらとても嬉しくないですか?私はとても嬉しいです。それって褒められているってことですからね。

自分はとても単純なので、そうやって言われるとますます頑張ろうってなります。プラスのスパイラルに突入することで、ダイエットの効果もますます効率的に出てきます。

⑦なぜ20キロも痩せようと思ったのかを考えてみる

ダイエットをする前、している時になぜ20キロも痩せようと思ったのかを考えてみましょう。その時に理由がすぐ出てきた人は、ひたすら目標に向かって痩せ続けたら良いと思いますし、理由が特にないって人はすぐに理由を作ると、ダイエットをやる気になります。

やっぱり何かをやるときには、目標と理由を決めないとやる気にならないので、決めておいたほうが効率的にダイエットをすることもできて良いです。

⑧食事のバランスを考える

食事はダイエットを行う上でとにかく意識する必要のある要素と言えます。食事を制する者はダイエットを制するということをしっかりと肝に銘じて、ダイエットを行うようにしましょう。とにかく、ダイエットをしていく上で注意しなければならない食事のポイントは、その栄養バランスと言えます。

基本的に太る要素となる糖質をできるだけ無理のない程度に抑えた上で、タンパク質や脂質を適切に摂取していくことに加えて、それを上回る量の野菜や海草を食べてビタミン、ミネラルを摂取するようにしましょう。

食事から正しい栄養を摂取し、それに運動を加えて体を痩せさていくことはダイエットだけでなく健康維持にもとても有益なことなのです。ダイエットで食事を極端に食べる量を制限してしまうあまり、不健康な痩せ方をし、体を悪くしてしまう人はとても多いのです。

そのため、食事は基本的に低カロリー、低糖質、高たんぱく、豊富なビタミン、ミネラルなものを意識して、バランスよく健康的に摂取するようにしましょう。

⑨睡眠を意識する

睡眠の質はその人の身体の体質に大きく影響を与えると言われています。そして、良い睡眠はその人の体内における代謝量を活発にさせ、体を痩せさせてくれる痩せホルモンを増やしてくれると言われているのです。

そのため、食事、運動だけに集中せず、睡眠においてもしっかりとした意識を持って、ダイエットを行っていきましょう。

⑩ダイエット後のご褒美を考える

ダイエットをした後に自分に待ちつけているご褒美を考えるのも、ダイエットのモチベーションを強くし、ダイエットを効果的に継続させる強いきっかけになります。そのため、ダイエットを成功させるためにも、ダイエット成功後のご褒美を自分で設定してみるのもいいでしょう。

たとえば、今まで着ることができなかったサイズの服を憧れのブランドショップで買ったり、友達と合コンに出かけたりなど、自分がダイエットで注ぎ込んだ努力に報いるようなご褒美を自分自身に設定し、自分を鼓舞させ、ダイエットを行っていくのです。

やる気が出ること間違いなしです。

20キロ痩せることができたら…!?

色々と方法を紹介させていただきましたが、20キロ痩せることができたら人生は絶対に変わります。外見も変わりますし、身体の調子も軽くなった分良くなります。やっぱり、太りすぎていたらこの先、歳をとった時に普通の人よりは苦労する生活が待っていると思います。

その苦労を今するかそれとも後でするかの違いなだけだと思います。もし、今すぐにでも20キロ痩せようと思った人は今すぐにでも、実行すべきです。ダイエットの方法については、インターネットで調べたら何百種類も出てきます。その中から本当に合うなと思ったものを選択するようにしてください。それがきっと、ダイエットをするにあたって役立つので、しっかりと自分に合った下準備を行った上で開始してください。