簡単すぐできる!バストアップエクササイズでふわふわの美バストに

バストが小さいことが悩み…女性にはとても大きな悩みですよね。バストアップには姿勢、エクササイズ、食べ物、マッサージなど様々な要素が関わっています。今回はバストアップに欠かせない簡単にできるエクササイズをご紹介します。

バストアップできるエクササイズが知りたい

バストが小さいことが悩み…女性にとってはとても大きな悩みですよね。もう大人になってしまってからじゃバストは成長しないんじゃ…と思っている方も多いかもしれませんが、バストアップには姿勢・エクササイズ・食べ物・マッサージなどさまざまな要素が関わっているんです。

つまりそれらを意識して改善してあげれば、まだまだバストアップは可能なんです。今回は、そんなバストアップに欠かせない、誰でも簡単にできるエクササイズをご紹介します。

毎日少しづつ続けて、谷間美人を目指してみてはいかがでしょうか?

バストアップを阻害する原因って何?

バストアップにはさまざまな要因が関わっているんですが、まずはバストアップを阻害してしまう原因についてみていきましょう。

1、姿勢の悪さ

バストアップには、背中の筋肉が大きな役割をはたしています。猫背であったり、デスクワークを長時間行っている人などは、肩が内側に入ってしまう状態になります。このような姿勢が続くと、背中の筋肉は固く縮こまってしまいます。それによって代謝がおちて脂肪がつきやすくなり、バストが垂れやすくなってしまいます。

さらに姿勢が悪いと、全身の血流がわるくなり、バストアップに必要な栄養素も十分に運ばれなくなってしまいます。上向きの綺麗なバストを手に入れたい人は、まずは姿勢をただすことから始めてみましょう。

2、冷え性であること

女性には冷え性の方も多いと思いますが、じつはその冷え性もバストアップを妨げる要因になっています。冷え性によって体温が下がると、血行不良が起こり、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうんです。

夏は暑いから大丈夫!と思っているかもしれませんが、冷たい食べ物や飲み物、エアコンの風などでじつは体が冷えているということも多いんです。冷え性を改善することがバストアップの効果を高めることになりますので、ぜひとも改善したいですね。

3、ホルモンバランスの乱れ

バストアップには乳腺の発達が欠かせませんが、その乳腺の発達を阻害してしまう原因が、ホルモンバランスの乱れです。ホルモンバランスを乱す要因としては、ストレスや過剰なエネルギーの消費があります。

ストレスは、女性ホルモンのバランスを崩して、男性ホルモンの活動を活発化させてしまいます。また過剰なエネルギー消費によっても、女性ホルモンの分泌が少なくなり、バストアップを阻害する原因となってしまいます。

4、内臓機能の低下

冷え性とも関係してきますが、特に下半身が冷えていると、卵巣などの内臓機能が低下してしまい、ホルモンバランスが乱れ、卵巣の機能も低下してしまいます。そうなると、バストアップにも悪影響を与えてしまいます。

半身浴をしたり、適度に筋肉をつけたりして、内臓機能を高めるように意識しましょう。

簡単にできる!バストアップエクササイズ

肩甲骨ぐるぐるストレッチ

1.両肩に手をのせます。
2.肩の後ろの肩甲骨を動かすことを意識しながら、肘を大きな円を描くように前から後ろへぐるぐるとゆっくりまわします。
3.15回ほどまわしたら、今度は後ろから前へ15回ゆっくりとまわします。

肩甲骨のまわりの筋肉をほぐしてあげるように、ゆっくりと意識しながら行いましょう。肩こりがあったり、肩甲骨が硬くなっていると、背中の筋肉が衰えて、姿勢が悪くなっていきます。そうなると、バストトップは下がってしまい、残念なバストになってしまうんです。

肩こりの解消にもぴったりなエクササイズなので、オフィスワークの合間などのちょっとした時間を見つけてやってみましょう。

合掌ポーズで美バストに

1.胸の前で手を合わせて、合掌のポーズをします。
2.そのまま合わせた手を左脇まで持ってきて10~15秒ほどキープします。
3.その後合わせた手を今度は右脇まで持ってきて10~15ほど秒キープします。

脇と大胸筋の筋肉をしっかり使って行うように意識しましょう。また左右のバストのバランスが悪いとお悩みの方は、大きくしたい胸の方の脇に持ってくるポーズを多くやるようにすることをオススメします。

上向きでハリのある美しいバストを手に入れるためには、大胸筋のエクササイズは欠かせません。オフィスでのちょっとした合間や、テレビを見ながらでも簡単にできるエクササイズで美バストを手に入れましょう。

おっぱい体操でふわふわバストに

1.右手で、左の肩甲骨あたりから左バストに向かって、指先を使ってぐ~っとお肉を持ってくるようにマッサージします。
2.反対側も同じようにします。
3.右手で左バストの下側を包み込むように持ったら、鎖骨の中心に向かって斜め上に弾ませるようにポンポンと揺らします。
4.反対側も同じようにします。
5.両手でバストを中央に寄せるように包み込んだら、上下にポンポンと揺らします。

このおっぱい体操は、効果がよくあらわれると話題のエクササイズなんです。バストは、下着や衣服で締めつけられている時間が長いため、血液やリンパの流れが滞りがちです。それを、おっぱい体操で改善してあげることで、バストアップ効果が得られるんだとか。

タオルを使ったエクササイズ

1.タオルを肩幅の位置で両手で持ちます。
2.そのまま両手を頭の後ろまで持っていきます。
3.ぐっと胸を張るようにしてキープします。これを5回ほど行います。
4.タオルの両端を両手でつかみます。
5.そのまま、左手は胸のあたり、右手は正面斜め上に向かってぐっと引っ張ります。
6.大胸筋を使っていることを意識しながら10~15秒ほどキープします。
7.反対側も同様に行います。

タオルをつかってエクササイズを行うことで、筋肉に適度な負荷がかかり、効果的に筋肉を引き締めることができます。大胸筋が鍛えられることでバストアップの効果があり、また姿勢がよくなったり、二の腕が引き締まるなどの効果もあります。

バストアップエクササイズの動画

ちょっとわかりづらかったという方のために、動画で紹介されているタオルエクササイズとおっぱい体操をご紹介します。

【神藤多喜子】おっぱい体操でふわふわおっぱい!【バストアップ】

タオルエクササイズまとめ~脇腹引き締め・バストアップ・二の腕引き締め

お風呂のエクササイズでさらに効果アップ

さまざまなバストアップのエクササイズをご紹介しましたが、さらにお風呂でエクササイズを行うことで効果がアップするんです。

血行が促進される

一人暮らしだとシャワーだけですましちゃうという人も多いかもしれませんが、バストアップにはよくありません。シャワーでは体がしっかりと温まらないため、血行不良がおこり、女性ホルモンの分泌が減少してしまいます。

さらに、入浴中に女性ホルモンの分泌を促すアロマなどを取り入れると効果がアップします。ネロリ・クラリセージ・イランイラン・ゼラニウムなどは女性ホルモンのバランスを整える効果があるので、気になる方はぜひ取り入れてみましょう。

新陳代謝がよくなる

さらに、バストアップに欠かせないのが新陳代謝を活発にすることです。新陳代謝がよくなると、冷え性が改善されたり、基礎体温があがります。そうすることで、ホルモンバランスを整えることができます。

また、新陳代謝がよくなると、ダイエット効果や美肌効果も期待できるので、嬉しいことがいっぱいなんです。

あなたも素敵な美バストを手に入れましょう

バストアップについて、基礎知識やエクササイズをご紹介してきましたが、いかがでしょうか?誰でも簡単にできるエクササイズばかりでしたよね?

女性にとっては、やはり綺麗な美しいバストでいたいと誰もが思うものです。あきらめていたあなたも、ぜひ今日からエクササイズに取り組んで、みんなに注目される美バストを手に入れましょう。