ダイエットなのにビールOK!?今話題のビールダイエットの方法を解説♪

ビールを沢山飲んで何キロも減量?巷で流行のビールダイエット?今までは非常識だと思われていた、ダイエット中のビール。実は、ビールをはじめとするお酒はカロリーの割には太りにくく、メリットも沢山あるそうです。ビールが思い切り飲めるなら、楽しく今日からダイエットが始められそう!

ダイエットにビールが効果的なの?

「ビール腹」という言葉があるように、ビールはダイエットの敵だというイメージがありますよね。飲みすぎるとお腹がタプタプになってしまいそうなイメージがあると思います。

しかし、最近ではその常識を覆す、ビールダイエットというものが流行っていたり、ビールは太らないという説が飛び交っています。これが本当ならば、お酒好きなあなたは万々歳!今まで、ビールは止めたくないからとダイエットを諦めていたあなたも、これで今日からダイエットできるかもしれませんね。

しかし、ビールは太らない、というのは本当なんでしょうか?
結論から言うと、カロリーの割には脂肪になりにくい、つまり太りにくいというのは本当らしいのです!

アルコールというものは、カロリーはあるものの、その他の食べ物などのカロリーと違い、身体に溜まりにくく、熱となって体外に放出されやすいそう。

普通の食事であれば、不必要なカロリーは体内に蓄積され、結果、脂肪がついて太るのですが、アルコールのカロリーは体内で分解され、熱となり体外に出るという結果になります。そのため、ビールだけでなく、焼酎やワイン、その他のお酒も、お酒自体は太る原因にはなりにくいそうですよ。

気になるお腹の脂肪をどうにかしたい…ビール腹だから痩せたいけれど、大好きなビールは止めたくない!という方には朗報です。ビールを飲んで、しかも痩せれるのなら、今からすぐにでも始められそうですね。

ビールを飲むメリットは沢山

さて、ビールをはじめ、お酒には色々なメリットがあるようです。ここでは、ビールを飲むメリットを見ていきましょう。美容にも、健康にも、びっくりするほど良い点が沢山あるそう。ここでは、ビール好きには嬉しい、ビールを飲むメリットを沢山紹介していきます。

アロマ効果でリラックス

多くのアルコール類にはその香りからリラックスすることができるアロマ効果があります。例えばビールの原料の一つであるホップの独特の香りは、神経の興奮を抑える効果があり、さらに酵母の生み出す花のような香りと共にリラックス効果が生まれるという報告があります。

親しい友人と集まって飲むのは、とても楽しいもの。お酒には、脳の本能をつかさどる部分を活発にして、飲むだけで元気に、気分がよくなって、会話も弾みますよね。それに加えて、このアロマ効果。一日の終わりにビールをプシュッと飲んでリラックスするのは最高ですね。

ビールでアンチエイジング?

なんと、ビールの中にもポリフェノールは含まれているそう。ポリフェノールといえば、赤ワインで有名ですよね。ポリフェノールにはいろいろな種類がありますが、ポリフェノール自体は抗酸化物質で、アンチエイジングの効果があるそうです。

美肌になれる

アルコール類というと、なんとなく美容の大敵というイメージがあると思います。しかし、ビールには、なんと女性ホルモンと似た働きをする成分が含まれているそうです。この成分によって、女性ホルモンのアンバランスによって起こるといわれている更年期障害や生理不順に効果が期待できます。

さらに、ビールには美肌効果があると言われているビタミンB群やカリウム、葉酸といったビタミンやミネラルを含んでいるため、お肌に嬉しい効果が期待できそうですね。ビールを飲んで美肌が手に入るなら女性には嬉しいニュースですよね。

女性は胸が大きくなる?!

ヨーロッパ諸国では大昔からビールを飲むと胸が大きくなるという言い伝えがあるそうです。残念ながら、この説には科学的根拠があるかどうか定かではありません。

しかし、ビールには女性ホルモン様物質が含まれていることは確認されているので、ビールが女性のヨーロッパ諸国の女性の美しさをささえているのかもしれません。

ガン予防にもなるという結果が!

ホップに含まれるポリフェノールには、ガンを予防できる効果があるという研究結果がでています。また、アルコールは肝臓の機能を低下させますが、ビールの原料の一つである麦芽には、その肝臓の機能低下を抑えてくれる働きがあるとの報告があります。さすが、大昔から世界中で飲まれているビール。ただの嗜好品ではないのですね。

古代から作り続けられている、栄養価の高い「飲むパン」

ビールの発祥は、紀元前4世紀、メソポタミアのシューメール人が作ったものと言われています。彼らは、大麦からパンを作り、そのパンを水でふやかしてビールにしていたらしいのです。

つまり、ビールは食事と同様、飲むパンのような役割をしていたそう。そしてエジプト時代には、ピラミッド建設の際に、労働者にはビールが配給され、それで栄養、水分補給をしていたそう。その後、15世紀あたりになると、ドイツでホップを加える技術が広まり、それによってビールの殺菌抑制の効果が高まったということです。

その後から現在まで作り続けられている世界のさまざまなビール。今は嗜好物として考えられることが多いビールも、古代では、栄養価が高く、食事と同じように認識されていたなんてびっくりですね。これが、今のビールダイエットのアイディアになったのでしょうか?!

太らないようビールダイエットを進めるには

最近は、ビールダイエットという言葉をよくみかけますね。このビールダイエットは、ただビールを飲んで言えば楽に痩せることができるというものではありません。

一般的に、ビールは肥満の原因の様に言われていますよね。しかし、これはビールが直接太る原因になっているというわけではないと考えられています。では、なぜビールを飲むと太るというふうに言われていると思いますか?それは、ビールの食欲を増す作用に秘密があります。

ビールを飲むとリラックス効果と共に開放的な気持ちになり、さらに食欲が増大されるため、いつも以上にたくさんおつまみを食べたくなってしまいます。これによって、ビールを飲んだ時にはついつい食べ過ぎてしまう人が多い様です。

また、おつまみに適した食べ物は高カロリーなことが多く、自分の思っている以上にエネルギー量を過剰摂取してしまう傾向がある様です。そのため、ビールをダイエットに役立てるためには、食事量を注意してセーブする必要があります。

ビールのおつまみに注意!

ビールを飲みながらダイエットをするには、まず、太りやすいおつまみを準備しないことです。フライドポテトやラーメン、から揚げやピザなど、カロリーの高いものが手の届くところにあると、ついつい食べたくなってしまいますよね。

お酒のおつまみとしてよいのは、たんぱく質豊富な豆腐や枝豆、脂分の少ない部位の焼き鳥や酢の物など、居酒屋の和食メニューのようなものが最適です。夜にもたんぱく質を取ることが大事です。こういった和食メニューや、食物繊維の多い野菜類などと共にお酒を頂くと、糖の吸収が穏やかになり、太りにくくなるのだそう。

それと、ビールダイエットは夜に行うことが基本なので、このようなメニューで、炭水化物の摂取を出来るだけ控えることも痩せることにつながります。

ビールダイエットの方法

それでは、ビールダイエットの具体的な方法をご紹介しましょう。ビールダイエットといっても、色々とやり方はあるようですが、多くの人が成功して、5キロ、8キロという減量に成功したという方法をここでは紹介します。

まず、朝食は欠食せずにきちんと十分な量を摂取しましょう。朝食はそのあとの時間にエネルギーとして使われるための大事な補給源です。さらに朝食をきちんととると空腹になる時間も遅くなり、昼食の時間を遅くすることが可能になります。

すると、夕食の時間まで空腹感を感じにくくなるため、ダイエットに成功しやすくなります。また朝食の食事内容はパン食ではなくご飯食の方が空腹感を覚えにくいためダイエットに向いていると言われています。

昼食はよほど高カロリーなものを食べたり、過食気味にならなければ、炭水化物でもなんでも好きなものを普段通り食べましょう。

夕食はビールダイエットにとって非常に重要になってくる食事です。まずは食事前に350ml缶のビールを1本飲みます。ここはお酒に酔いやすい方は自分の体質に合わせた量に減らして飲みましょう。そしてそのあとはお腹がいっぱいに水を飲んでお腹を膨らませましょう。

そのあとは炭水化物抜きの夕食をビールと一緒にいただきます。夕食の食事内容はエネルギー量を抑えることができる和食がおすすめです。できれば野菜中心にしましょう。また、そのほかには炙りイカや貝ひも、ビーフジャーキー、おつまみ昆布のような、固くてよく噛んで楽しむ食べ物を少量、ゆっくりと味わって食べると脳の満腹中枢が刺激されて物足りなさを感じにくくなりますよ。

さらに、食事はじっくり、ゆっくりとった方が摂取エネルギー量の抑制に効果があります。早食いは脳の満腹中枢が刺激される前にどんどん食べて、結果的に過食気味に陥りやすいと言われていますので、気を付けましょう。

どんなビールを飲めばよいのか

最近は、ビールの各メーカーがいろいろな種類のビールを出していますよね。ビールダイエットといっても、皆さん普段のビールでダイエットを行っている方がほとんどのようなので、特別なものを用意する必要はない様です。

しかし、最近では各社様々な糖質オフのビールを発売しており、種類も豊富です。糖質オフのビールは糖質が少ないため、カロリーもかなり抑えられています。また、糖質以外の成分由来のエネルギー量は体にとどまらず排出され、脂肪として体につきにくいと言われています。

もちろん全ての糖質オフのビールがゼロカロリーな訳ではありませんが、通常のビールよりも圧倒的に太りにくいですし、最近ではゼロカロリーのビールまで発売されています。こういったビールの中から自分の好みのものを見つけて、うまく活用してよりダイエット効果を高めてみてはいかがでしょうか?

飲むビールの量

アルコールがどれだけ体に吸収されて、脂肪になるかというのはアルコール代謝によって違ってきます。このアルコール代謝は個人差があり一概には言えませんが、ビールダイエットを成功させた方の体験談では概ね350ml缶のビールを1日に1~2本程度で行なっている方が多いようです。

しかしこの量はあくまで目安です。お酒の強さは個人差がありますのでお酒に酔いやすい体質の方は体調が悪くならない程度の量を楽しむ程度に抑えて行う必要があります。ビールダイエットはあくまでビールを活用してダイエットを行う方法であるというだけなので、必ずこの量を毎日のままければ失敗するというわけではありません。自分の体調とも相談して毎日の量を決めましょう。飲みすぎは禁物です。

また、休肝日が必要なのもこのダイエット方法でも変わりません。アルコールを摂取すると解毒作用のある肝臓が分解します。毎日毎日アルコールを摂取し続けてはこの肝臓が働きすぎとなり、どんどん弱っていってしまい、肝臓ガンのリスクが上がってしまいます。必ず、週に1〜2日は全くアルコールを取らない日を作り肝臓を休ませましょう。

さらに、アルコール摂取を行う時に怖いのが脱水症状です。ビールのようなアルコール類は飲み物のため脱水になるという感覚はないかもしれません。しかし、アルコール類は強い利尿作用があり尿の排出を促進する効果があります。そのため、どんどん尿として体内の水分が排出されてしまいます。脱水症状を防ぐために水分補給は欠かさず行うようにしたいですね。

まとめ

いかがでしたか?ダイエット中でもビールが飲めるなんて、画期的なダイエット方法ですね!じつは、ビール以外のワインや、特に焼酎などの蒸留酒にも沢山メリットがあり、ビールよりもいい点などがあるのです。

しかし、そういったお酒はビールに比べてカロリーがかなり高めなので、ダイエットにはお勧めできません。もちろん、たまに少しだけ飲んだり、大好きな高カロリーのおつまみも少しだけなら食べても大丈夫との事。ストレスをためないためのビールダイエットですからね。

それでは、理想的なビールダイエットの方法を簡単にまとめてみましょう。
・朝食はしっかりめに必ず食べる
・昼食はいつも通りの内容で、できれば時間を遅くずらす
・夕食は、食事の前にビールを350ml缶を1本程度飲む
・水をお腹いっぱい飲む
・ビールを飲みながら、炭水化物抜きの食事をゆっくり食べる

以上です。夜の1杯のビールは、一日を締めくくるリラックスできる至福のとき。大好きなビールを飲んで、体重が減れば最高ですね!