【ニキビの芯】自分で押し出してもいいのはどんなニキビ?自分で出す時の方法や注意点は?正しい処置の方法を徹底解説!

ニキビを治すためには潰してはいけないというのはよく言われることですが、実は芯を出しても良いニキビというのがあるのをご存知でしょうか。皮膚科で処置してもらうこともできますが、実は自分で芯を押し出すことができる方法もあるのです。この記事では、自分で対処しても良いニキビや正しい方法をご紹介します。

ニキビの芯とは?

ニキビの芯の成分

ニキビの中にぽちっと触れる固いニキビの芯ですが、一体どんな成分でできているのでしょうか。実は、ニキビの芯には2種類あります。黒ニキビや白ニキビの場合には皮脂が芯の成分となっています。白ニキビと黒ニキビは基本的な構造としては同じもので、白ニキビのてっぺんの部分が酸化して黒くなったものが黒ニキビです。

これが、黄ニキビになると芯の成分は膿になります。正確に言えば、芯が膿んでしまうと黄ニキビになるのです。この状態になると、跡が残りやすくなりますから、慎重な扱いが必要になります。

ニキビと芯の関係

それでは、ニキビの芯はなぜできてしまうのでしょうか。ニキビの芯ができてしまう原因は古い角質です。皮脂がなんらかの理由で多く出てしまった場合や、肌の新陳代謝が正確に行われなかった場合に古い角質が固まって毛穴に詰まってしまうのです。

さらに、この古い角質は毛穴の上にどんどんとかぶさるように積み重なっていきます。そこに、大量に出た皮脂が絡むとニキビの芯となってしまうのです。

そして、そのニキビの芯を餌としてアクネ菌が繁殖することでニキビが発生します。アクネ菌は誰でも肌の上に持っている菌で、肌の酸性度を保つなどの役割をしているため完全に落としきるのは難しいものです。ニキビを予防するには、角質が溜まり過ぎない様にすることが一番の方法であると言えます。

ニキビの芯と膿の違い

皮脂を芯としてできているのが白ニキビと黒ニキビです。その芯が膿んでしまうと黄ニキビとなります。それでは、この2つはどのように見分ければ良いのでしょうか。

白ニキビや黒ニキビは、肌が盛り上がって中に何かあるというのはわかりますが、それほど目立つものではありません。毛穴少し大きくなって盛り上がって見えるのが白ニキビ、その先端が黒くなっているのが黒ニキビです。

黄ニキビの場合には、膨らみの中に何か液体が入っているように見えます。これが膿です。このニキビの場合、つぶしてしまうと中の液体がはじけて出てきます。膿の見た目が白っぽく見えるのでこれを白ニキビと勘違いする人も多いのですが、液体が入っているものは黄ニキビに分類されることを知っておくと正しく対処できるでしょう。

芯を出しても良いニキビ

白ニキビ

白ニキビは、正しい方法を用いれば芯を出しても良いニキビだとされています。白ニキビの芯は皮脂です。さらに、その芯が膿んでいない状態ですから、芯を押し出すときに皮膚に傷をつけなければ、芯を押し出すことそれ自体で跡が残ってしまう可能性は低いと考えられています。

白ニキビは、すべてのニキビのできはじめの部分で、これを放置すると黒ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビと進化していってしまいますので、白ニキビを見つけた時点で正しく対処しておくと、そのあとのトラブルを防ぐことができる可能性が高くなります。

黒ニキビ

黒ニキビも、白ニキビと性質自体はまったく変わらないため、芯を出しても良いとされているニキビです。黒ニキビになると、先端が黒くなって目立ちやすくなるため白ニキビよりも見つけやすくなるでしょう。多くの人がニキビが気になると感じだすのはこの時点からかもしれません。

赤ニキビになってしまうと皮膚科で専門的な対策をしてもらわなければいけなくなりますから、この時点は、自力で芯を押し出してニキビ対策をするための最後のチャンスであると言えます。

芯を出してはいけないニキビ

赤ニキビ

黒ニキビが進化して、赤ニキビになってしまった場合には、自分で芯を出してはいけません。赤ニキビは黒ニキビの周囲が炎症を起こしてしまっている状態ですので、芯を押し出すと跡が残ってしまう可能性が高くなります。

赤ニキビにまでなっている場合は、芯が固く大きくなっていることも多く、さらに、赤い部分は炎症を起こしているため触ると痛みを感じる場合がほとんどであるため、きちんと芯が取れなくて残ってしまうこともあるでしょう。触ったことによって余計に炎症をひどくしてしまうこともあります。

黄ニキビ

黄ニキビも芯を押し出してはいけないニキビです。膿によって肌が張りつめているため一番潰しやすく、また潰したくなってしまうニキビですが、この状態になったニキビには触れてはいけません。

黄ニキビの芯は膿むことによってかなりでかい状態に進化しています。すべては取れないことも多いですし、跡が残る可能性も高くなっているニキビの状態です。

自分でニキビの芯を出す

ニキビの状態を確認する

ニキビの芯を押し出す時にはまず、ニキビの状態を確認しましょう。炎症などが何も起きていない、白ニキビや黒ニキビの状態ならば自分で押し出しても問題ありません。押し出したいニキビそのものだけでなく、その周辺にも炎症や傷などがないか確認しておくことが重要です。

ニキビそのものに問題がなくても、その周囲の部分に炎症があったり傷があったりする場合には、芯を押し出す過程でそちらを傷つけてしまう場合がありますので、それらのトラブルが治まるまで芯の押し出しはしない方が良いでしょう。

周囲の肌がきれいな状態で保たれている、もしくは白ニキビや黒ニキビしかない場合に限って芯の押し出しをすることができます。

必要なアイテム

ニキビの芯を出す時には、爪や指、ピンセットなどを使って無理に押し出したり引っぱり出したりしてはいけません。それらの方法では、押し出したときに傷ができてしまい、それが跡となって残ってしまう可能性が高くなります。また、そこから他のトラブルが起きてしまうことも少なくありません。

ニキビの芯を自分で押し出す時には、専用のアイテムを使います。小さなニキビの芯ならば、薬局で販売されている鼻パックを使えば取り除くことができる場合もあります。詰まった角栓を取り除いてニキビ予防をすることにもつながりますので、気になる部分には定期的に使用しておくと良いでしょう。

少し大きくなったニキビの芯は鼻パックだけでは取り除くことができませんので、面ぽう圧出器やコメドプッシャーと呼ばれるアイテムを使用します。これらのアイテムは100円ショップなどで見つけられることもありますし、薬局に行けば300円程度で購入することが可能になっています。

芯を出す方法

鼻パックの場合には、基本的には使いたい部分をたっぷりの水で濡らしてからパックを貼り付けて乾くまで放置し、はがすだけでニキビの芯や詰まった角質などを取り除くことができます。きちんと乾かさないと上手に取り除くことができないのですが、乾かしすぎると肌の表面の必要な部分まではがしてしまうことがあります。

鼻パックを使用する際には、必ず添付されている説明書を読んでから正しい方法で使うようにしましょう。

コメドプッシャーは、ニキビの周囲の肌を押すことでニキビ本体に圧力が加わって芯を押し出すことができるアイテムです。少し力を入れて押すと、先端に詰まっている角質が押し出され、その後は一気に芯が出てきます。説明書などに写真がついていることがありますので、それらをよく見て使ってみてください。

押し出された芯はガーゼなどを使ってやさしく取り除きます。汚れた手で毛穴を触ってしまうと雑菌が入って炎症をおこしてしまうこともありますから、コメドプッシャーを使う時には手袋などを使うのが良いでしょう。

コメドプッシャーの使い方を紹介している動画もあります。下で紹介しているのは黒ニキビを次々と押し出している動画です。苦手な人には少し辛い動画になっているかもしれませんが、使い方はかなりわかりやすくなっていますので、興味があればぜひ見てみてください。

芯が取れた後のケア

芯が取れた後は毛穴がぱっかりと開いた状態になっています。この状態の毛穴を放置すると、再び角質が詰まってニキビになってしまったり、汚れが入って別のトラブルを引き起こすこともありますので、引き締めのケアをしてあげなければなりません。

引き締めをする際には、ビタミンC誘導体の入った化粧水か、引き締め効果のある化粧水を使用するのが良いとされています。ビタミンCは、肌の新陳代謝を高めて古い角質が取り除かれやすくなる効果があると言われています。冷蔵庫などで事前に冷やしておくとさらに引き締め効果が高くなります。

皮膚科でニキビの芯を出す

芯を出す治療方法

皮膚科でも、ニキビの芯を出す治療をしてもらえることがあります。面皰圧出と呼ばれる治療法で、ニキビを消毒して、先端に針やレーザーなどで小さな穴を開けてから面皰圧出器を使用してニキビの芯を押し出します。

皮膚科での治療の場合には、どんなニキビでも芯を出す治療を受けることができるのですが、可能であれば白ニキビの状態の時にこの治療を受けておくと肌へのダメージがより少なくて済むようです。

皮膚科で出すメリット

皮膚科で芯を出す治療を受ける際には多少の費用がかかりますが、その費用に見合うだけのたくさんのメリットがあります。

まずは、どんな状態のニキビでもこの治療を受けることができること。自宅で芯を押し出す場合には白ニキビや黒ニキビの状態でしか実行できませんが、皮膚科ならが赤ニキビや黄ニキビなどの状態でもこの治療を受けることが可能になります。

さらに、ニキビの治りが早くなるというメリットもあります。ニキビの中に溜まっている膿や皮脂を押し出すことで、炎症が早く治まるためと考えられています。自己流の方法では炎症を悪化させてしまう可能性もありますが、皮膚科で治療を受ければその点については安心できると言えます。

皮膚科での治療を受けた場合には、ニキビの再発の可能性が低くなるとも言われています。穴を開ける際にレーザーを使うと、その部分は熱で殺菌されることになります。それに加えて、レーザーの熱で皮脂腺がダメージを受けるため、その場所からは皮脂が出にくくなり、同じ場所にニキビが再発するのを防ぐことができるようです。

芯が取れない場合は?

正しい対処法

ニキビの芯が大きかったり、根が深かったりすると、コメドプッシャーを使ってもうまく芯が取れないことがあります。このような時は、まずはお風呂上りにコメドプッシャーを試してみてください。お風呂に入った時には毛穴が開いていますし、皮膚や角栓も柔らかくなっていますので、普段よりも押し出しやすくなります。

それでも押し出せない時には、無理やり押し出そうとしてはいけません。強い力で無理やり押し出そうとすると、いくらコメドプッシャーを使っているとは言っても周囲の皮膚を傷つけてしまう可能性があります。洗顔を丁寧に行うなど、芯を小さくする方法を試しながら、ときどきコメドプッシャーで芯を押し出せないか試してみましょう。

それでもどうしても芯が取り出せない場合には、皮膚科に行って対処してもらうことが一番です。再発予防という点でもメリットがありますので、時間が経って悪化させてしまうよりも、早めに皮膚科で対処してもらうのが良いでしょう。

効果的な薬

ニキビの芯を押し出すのに効果的な薬としては、オロナインが有名です。オロナインを塗って10分ほど放置すると、ニキビの芯やその周辺の肌が柔らかくなります。それによって、コメドプッシャーを使ったときにニキビの芯を押し出しやすくなるのです。

同じような効果があるものとしては、角栓取りジェルというものもあります。オロナインと同様に、ニキビに塗ってしばらく待っているとニキビの芯が柔らかくなるため、その状態を利用してコメドプッシャーでニキビの芯を押し出します。様々な香りのついたものならば、待っている間のリラックス効果も期待できます。

オロナインや角栓取りジェルなどを軽く洗い流してから毛穴用パックを使うと、パックの効果が大きくなるとも言われていますから、ニキビの予防のためにはぜひこちらも試してみてください。

ニキビの芯の出し方注意点

ニキビの種類とタイミングを間違わない

自分で芯を出すことのできるニキビは白ニキビと黒ニキビです。これ以外のニキビは自分で対処することはできませんのでまずは種類をよく確認しましょう。

一番間違えやすいのは白ニキビと黄ニキビです。白ニキビは、毛穴が詰まって肌が盛り上がっているだけの状態、黄ニキビは、中に膿が溜まっている状態です。液体が見えて触ったらはじけるようなニキビは見た目の色は白っぽくても黄ニキビですので注意してください。

ニキビの芯を押し出すのに最も適したタイミングはお風呂上りです。お風呂あがりには毛穴が広がっていますし、肌やニキビの芯も柔らかくなっているために、軽い力でもニキビの芯を押し出しやすくなります。当然、軽い力で済む方が肌を傷つけるリスクは低くなります。

表面に詰まっている角質部分が少ない場合には普段の状態でも簡単に押し出すことができる場合もありますが、それを見た目だけで判断するのは非常に困難であると言えます。特に、複数のニキビができている場合には、皮膚が柔らかくなっているときにまとめて対処すると良いでしょう。

ただし、肌が柔らかくなっている時には周囲の肌も敏感になっているため、いきなり強い力をかけずに少しずつ力をかけていくようにすると良いでしょう。

指や爪で出さない

芯を出す時についやってしまいがちなのが、指や爪で押し出すことですが、これは絶対にやってはいけません。爪や指を使ってニキビの芯を押し出すと、コメドプッシャーのように均等に力をかけられないため、場所によっては非常に大きな力がかかってしまいます。

これによって、ニキビの部分やその周辺に傷が残ってしまうことがあります。また、不要な圧力がかかることによって跡が残ってしまう可能性も高くなります。

さらに、人間の手というのは様々な細菌が付着しているものです。どんなに手を洗って清潔にしたとしても、その細菌を完全に落としきるのは不可能であると言えます。そんな手でニキビの芯を押し出してしまうと、毛穴や、押し出した際にできた傷から細菌が入り、様々な肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。さらにひどいニキビとなってしまうこともあります。

ふと気になったときに押し出すのはもちろん、どんなに手を清潔にしている自信があるときでも、爪や手でニキビの芯を押し出すことはしてはいけません。

出した後のケアが大事

ニキビの芯を押し出した後は、毛穴がぽっかりと開いた状態になっています。通常毛穴は目に見えないものですが、ニキビの芯を出したあとの毛穴は肉眼で見ても穴が開いているとわかるくらいに毛穴が開いてしまうものです。

その毛穴を放置したままにしておくと、毛穴が再度詰まる原因となってしまったり、毛穴にゴミや細菌が入って炎症を起こしてしまったりする原因ともなります。放っておいても自然に毛穴は閉じていきますが、それまでの間にゴミが入ってしまうこともありますから、毛穴の引き締め処理をしてあげることが必要になります。

毛穴を閉じる時には、化粧水などを使うことが効果的だと言われています。ビタミンC誘導体が配合されているものや、毛穴を引き締める効果のあるものを使うのが良いとされています。冷蔵庫で冷やしておくとさらに効果が高くなるようです。

ニキビの予防には保湿をすることも重要になりますから、芯を押し出した場所だけでなく顔全体に化粧水をまぶすようにつけておくと良いでしょう。そうすることによって、顔全体の毛穴を引き締め、角質が毛穴に詰まりにくくなるため新しいニキビができるのを予防することができます。

治るまでいじらない

コメドプッシャーは肌に力をかけてニキビの芯を押し出すものですから、使った後に少し肌にでこぼこが残ることがあります。少々気になるものですが、この状態が完全に治るまでニキビの周辺には触れない様にしましょう。

コメドプッシャーを使った後の肌は他の場所に比べてデリケートな状態になっています。見えない小さな傷が残っていることもありますし、今までニキビの芯が入っていた分毛穴も開いた状態になっています。

そのような状態になっている肌に触れてしまうと、手についている細菌などが入って新たなニキビの原因となってしまったり、他の炎症などの肌トラブルを起こすことにもなりかねません。気になるとは思いますが、肌がきれいに元の状態に戻るまで触らないのが得策です。

また、普段の状態の肌も、むやみに触ることでニキビをひきおこしてしまう可能性が高くなると言います。ニキビを気にしている人は、顔をむやみに触らないように普段からこころがけておくのが良いと思います。

リスクがある事を理解して自己責任で

自分でニキビの芯を押し出す方法は費用もほとんどかからず非常に手軽にニキビを治すことができる方法に見えるかもしれません。しかし、専門家ではない個人が行うものですから、もちろんリスクがあると言うことをふまえた上で実践する必要があります。

まずは、ニキビの状態を正しく判断できる力がなければいけません。自宅で比較的安全に芯を取り出すことができるのは白ニキビと黒ニキビだけです。赤ニキビや黄ニキビではないと間違いなく判断できるようにならなければ跡が残ってしまう可能性も出てきます。

コメドプッシャーなどを使っても、ニキビの大きさや根の深さによってはニキビの芯が取れないこともありますし、あまりに強い力を入れると血が出てきてしまうこともあります。血が出てきてしまうと傷が残ったり跡になってしまうこともありますので、そういったリスクがあることも念頭に置いた上で実践するようにしてください。

そのようなリスクが心配な場合には、皮膚科に行けば芯を押し出す治療をしてもらうことができますので、相談しに行ってみると良いでしょう。

ニキビの根本的な対処ではない

ニキビの芯を押し出すことで、その場は見た目も綺麗になりニキビも治ったように見えますが、ニキビの芯を押し出すことはニキビの根本的な対処法ではありません。根本的な対処をしなければ、いつまでたってもニキビができ続ける連鎖は終わりません。そのたびに芯を押し出すいたちごっこになってしまいます。

ニキビを根本的に治療するためには、生活習慣を改善したり、ホルモンバランスを整えたりといった方法で皮脂が出過ぎるのを抑えたり、新陳代謝を高めて余分な角質が毛穴に詰まらない様にしたりしてニキビができる原因をひとつひとつ断っていく必要があります。

ニキビの芯を押し出すと言うのは、あくまでもできてしまった後の対処法です。ニキビができないようにする方法ではありませんので、肌を本当にきれいにしたいのならば体の中から改善していく必要があります。体の中から改善していくことで、芯を押し出す作業からも解放されることになります。

自分で情報を集めて改善していくのも良いのですが、それでも改善しない場合には皮膚科に行くと生活のアドバイスをしてくれたり、場合によっては薬などを処方してくれることもあるかもしれません。ニキビはホルモンバランスの乱れが原因でできると言われていますが、病院によってはホルモン治療を実施してくれる場合もあります。

まとめ

白ニキビや黒ニキビなどは、コメドプッシャーというアイテムを使えば自分でニキビの芯を押し出すことができます。しかし、傷ができてしまったりするリスクもありますので、そのリスクを承知したうえで自己責任で行ってください。

自分で行うのが不安な場合には、皮膚科で同様の処置をしてもらうこともできます。その場合には、事前に針やレーザーなどで穴をあけてから行うため、傷口が最小限で済むと言われていますし、黄ニキビや赤ニキビの場合にも対処してもらうことができます。

ただし、ニキビの芯を出すというのはニキビ治療を行うための根本的な治療法ではありません。ニキビができないようにするためには、体の内側から改善を行っていく必要があります。