ニキビが治らない原因は偽ニキビだった!?ストレスと善玉菌のバランスが問題?皮脂の過剰分泌を抑える方法とは?

いつまでも治らないニキビは、実は扁平疣贅、マラセチア毛包炎、めんちょうといった偽ニキビが原因かも?ニキビの原因、メカニズム、偽ニキビとの違いをしり、きちんと正しいケアでお肌を健康できれいな肌にしていきましょう。

ニキビが治らない原因をニキビ発生メカニズムから考えよう

知らないうちにニキビができてしまって嫌な思いをした経験がある人は多いですよね。やっと治ったと思っても。また新しいニキビがでてしまったり・・・。

間違った対処法をしてしまうと、ますます悪化させてしまったり、ニキビの数を増やしてしまったり、ニキビ跡ができてしまったりと、肌をボロボロにしてしまう可能性があります。ニキビができるメカニズムを理解して原因を知り、その人に合った対処法をすることがとても大切です。

ニキビのできかた

1.皮脂が過剰に分泌する

皮脂は、肌にとってとても大切な役割をしてくれます。皮脂は肌の膜の代わりをしてくれ、この皮脂膜が、水分の蒸発を防ぎ、外部刺激などから肌を守ります。

皮脂が過剰に分泌される要因はいくつかあげられます。思春期には成長ホルモン、ストレスなどによって増加する男性ホルモン、生理前にでる黄体ホルモンなどの影響により、皮脂分泌が活発になり、ニキビが出やすい肌状態になります。

2.皮脂が毛穴に詰まる

新陳代謝の低下やホルモンの過剰に分泌により、肌のターンオーバーが乱れてしまうと、皮脂や角質によって毛穴がどんどん詰まってしまいます。

これがニキビの初期段階になります。肌の表面が白っぽくプツっと盛り上がり、毛穴がまだ開いていない状態を白ニキビと呼ぶことがあります。また白ニキビから少し症状が進み、毛穴が開き、皮脂に汚れが溜まり、酸化して黒ニキビに変わっていきます。

3.詰まった場所に肌の常在菌が増える

皮膚には、常在菌と呼ばれる体の健康維持に役立つ善玉菌がいると言われています。この常在菌が、皮脂を分解し、エネルギーを生成し、肌の表面を弱酸性にしています。

ニキビの原因になるアクネ菌も、常在菌なので肌の健康には欠かせない菌です。しかし、毛穴に皮脂が詰まった状態は、アクネ菌が過剰に増殖するのにとても適した環境になります。

4.炎症が起きる

白ニキビや黒ニキビをそのまま放置してしまうとアクネ菌が繁殖し、酸化した皮脂が悪化し、炎症を起こして赤くなってしまいます。アクネ菌の増殖により、さらに炎症をおこす働きがある他の物質を分泌し、ますます炎症はひどくなり、腫れ上がってしまいます。

5.ニキビができる

すでに赤くなり炎症が起き、腫れ上がった状態を赤ニキビと言います。この状態になってしまうと、とても治りづらいと言われています。炎症が起きた肌は、ニキビが治った後に色素沈着や、クレーターのような痕が残る可能性が高いので注意が必要です。

さらに、赤ニキビを放っておいてしまうと黄色い膿がでてきます。この状態を黄ニキビと言います。黄ニキビは、アクネ菌だけでなく、黄色ブドウ球菌も増殖してしまい、炎症がひろがり痛みもともないます。赤ニキビよりもさらに、確実にニキビが治った後も皮膚に痕が残ってしまいます。

ニキビ対策とは?

ニキビを発生させる要因として、ストレスなどから過剰分泌される男性ホルモンがあげられます。本当はストレスフリーな生活をおくれると最高ですが、現代社会では厳しい状況ではないでしょうか。ニキビが出来たら、生活習慣をきちんと見直すことが一番の対策になります。

1.バランスの良い食生活をおくれているか
ニキビ肌には、皮脂の分泌をコントロールするビタミンB2、タンパク質を生成するビタミンB6、シミを防ぐビタミンCが必須になります。

2.睡眠を十分取れているか
もしなかなか時間が取れないようなら、せめてPM10時からAM2時に睡眠をとれるようにしてみましょう。

3.メイク道具やタオル、枕、布団など日々肌に触れるものを清潔にしているか
できるだけこまめに洗うか、交換して清潔を保つようにしてください。

4.間違ったスキンケアで肌を痛めていないか
皮脂を取ろうとして、必死になって洗顔をしてしまうと逆効果になります。また、ニキビができるからと保湿ケアをしないのは、肌が乾燥してしまうので気を付けましょう。

5.ストレスが溜まっていないか
ストレスは誰でも受けますが、自分なりの解消法をみつけて少しでも発散できるようにしましょう。

ウオーキングやランニングなどの、適度なスポーツをするとストレス解消にもなりますし、新陳代謝もよくなり一石二鳥です。しかし、紫外線対策や汗をかいた後は清潔にすることが大事です。

ニキビ対策だけではなく、基本的な事なので生活習慣を見直すだけで、たくさんのメリットを得られます。薬を使用しての治療の前に、自分の身体をきちんと調整してニキビのできにくい肌を作っていきましょう。

皮脂の過剰分泌の原因とそれを抑えるには?

皮脂の過剰分泌は男性ホルモンの影響

ストレスの影響によって男性ホルモン増えると、過剰に皮脂を分泌し、さらに角栓を詰まらせる要因にもなり、ニキビができやすくなります。

ストレス以外にも、睡眠不足や急な温暖差など、男性ホルモンを増加させる要因はあります。睡眠不足、過労などによっても自律神経の働きが乱れ、交換神経と副交感神経のバランスが崩れてしまいます。その結果、男性ホルモンの分泌が高まり、皮脂の過剰分泌へとつながってしまいます。

テストステロンを抑えるには?

テストステロンは、医師や研究者の間でも、ニキビを引き起こす男性ホルモンであると明らかにしています。簡単に言えば、このテストステロンの分泌を抑えてしまえば、ニキビを防ぐことが出来るということになります。

そのためには、生活リズムを整える、ストレス解消をする、ホルモン治療を受けるなどがあげられます。生活リズムを整えるとストレス解消につながることは、すでに紹介済みですが、男性ホルモンへの対処法としてホルモン治療もおすすめです。

女性ホルモンを増やす

ホルモン治療とは、テストステロンの分泌を抑える働きがある、女性ホルモンを補給します。特に女性ホルモンの中でも、エストロゲンがその効果が高いと言われています。エストロゲンに似た成分としてあげられるのが、イソフラボンです。

大豆に豊富に含まれているイソフラボンは、エストロゲンと同じ効果が期待されており、食事によって手軽に摂取できますし、サプリメントも多く販売されています。

またエストロゲンの薬剤投与をしたり、避妊薬であるピルを服用するといった方法もあります。ピルには、エストロゲンが含まれているので効果が期待できます。局所に塗布する女性ホルモン成分とする軟膏を使用し、内服薬と併用することでニキビの改善につながります。

また日頃から、大豆製品を食べるようにし、ビタミンC誘導体配合の化粧品を使用することでニキビ予防に効果があると言われています。

毛穴の詰まりの正体と詰まりを取るには?

毛穴の詰まりの角栓の正体

健康な人の肌にも角質はあり、毎日剥がれ落ちて、ターンオーバーによってまた新しく生まれ変わります。ニキビができやすい人の肌との違いは、角質のはがれ方にあります。

健康な毛穴は、角質が粉々になって剥がれ肌の表面に押し出され、自然に排出されていきます。ニキビができやすい毛穴は、角質がきれいに粉々にならず、塊になってしまい、表面へ押し出されにくくなってしまいます。

皮脂も毛穴を通って外に排出されますが、その毛穴に塊となった毛穴がこびりつき、酸化し、ますます大きな塊になってしまいます。角栓の正体は、70%の角質(タンパク質)と30%の皮脂(油)の塊なのです。

除去法の正解2つ

角栓の間違った除去法をしている人も結構多いようです。角栓の正体は、タンパク質なので、石鹸で洗ったり、ピーリングやホットタオルなどで温めても取れません。取れるのは、皮脂だけになり、やりすぎると肌が乾燥してしまいます。

除去法の正解は2つあります。指の腹を使って軽く優しく押すように「にゅるっ」と出す分には、肌も傷みません。もう一つは、ピンセットで周りの皮膚を傷つけないように優しく押し出す方法です。

この2つの方法をするには、前もって角栓を柔らかくする必要があります。入浴後やホットタオルなどで、肌を温めて柔らかくしてから行う事をおすすめします。

以下は肌が傷つくダメな例になります。ピーリング、鼻パック、ブラシでこする、爪で押し出す、酵素洗顔などです。

酵素洗顔は、溜まって厚くなった角質を取り除き、ターンオーバーを促しますが、毎日使ったり、角質が溜まっていない場所に使ったりすると、肌が傷つき、敏感肌になってしまう可能性が高いと言われています。

大事なのは除去した後の保湿

角質を除去した後は、きちんと保湿をすることが大切です。角質を取るということは、皮脂膜も一緒に取れてしまうので、肌を保護できなくなってしまいます。

肌には、もともと水分を貯蓄する働きのあるセラミドという保湿成分があります。美容成分で有名なコラーゲンやヒアルロン酸は、皮膚の内部にまで浸透することは難しいですが、セラミドは浸透しやすいと言われています。

また肌に含まれている成分のため、敏感肌の人やアトピー性皮膚炎の人にも効果が高いようです。スキンケアを選ぶ際は、セラミド配合のものを選ぶ事をおすすめします。

またビタミンC誘導体もおすすめです。皮脂や炎症を抑え、肌の赤みやニキビ痕の色素沈着に効果があると言われています。要するにニキビ予防にもなり、できてしまった時にも使え、ニキビ痕にも使えるということです。ビタミンC誘導体配合の化粧品は、厚生労働省でも効果を認め、「医薬部外品」の扱いにもなっています。

菌の増加の原因と炎症を防ぐには?

肌の常在菌はいっぱいいる

皮膚には常在菌が約一兆個以上いると言われており、皮脂や汗を分解してエネルギー源にして生息しています。菌というと悪いイメージが浮かびますが、有名な乳酸菌やビフィズス菌も常在菌の1つです。

常在菌は、体の健康維持に役立つ善玉菌と、体に有害となる悪玉菌に分類されています。しかし、善玉菌であっても過剰に増加しすぎたり、存在する場所によっては有害になることもあり、バランスを保つことが大切です。

ニキビの原因になるアクネ菌・マラセチア菌

ニキビの原因として挙げられるのがアクネ菌です。悪者に思われがちですが、実はアクネ菌には悪玉菌だけではなく、善玉菌も含まれているとも言われています。外部刺激からの保護や保湿の役目をしたりなど、健康な肌を保つためには必要不可欠な存在です。

このアクネ菌を除去しようと顔を洗いすぎたりすると、肌のバリア機能が低下し、様々なトラブルを引き起こしやすくなります。しかし、ストレスなどの影響を受け、皮脂分泌のバランスが崩れてしまうと皮脂の排出がスムーズに行われなくなり、アクネ菌が増加し、結果ニキビになります。

またマラセチア菌も、ニキビを作る原因となる常在菌になります。このマラセチア菌は、健康な肌には影響はないのですが、もともとオイリー肌で皮脂の分泌が多い人は注意が必要なようです。

アクネ菌と同様に、皮脂を分解して生息するので、角質などが溜まったところで増殖し、ニキビを作ってしまいます。マラセチア菌によるニキビは、アクネ菌のニキビより、痒みや痛みの症状があまりでないのが特徴で、自然治癒するのは難しく医療機関での治療が必要になります。

マラセチア菌の一種である「マラセチア・ファーファー」は、汗などと一緒に毛穴に侵入すると異物と認識され、アレルギー反応が起きると言われており、アトピー性皮膚炎の要因にもなっています。

顔を触らない

ニキビ予防やすでにできてしまったニキビでも、顔は触らないようにすることが大切です。顔を触る摩擦によって角質が傷んでしまい、はがれやすくなってしまいます。

手には雑菌がたくさんついており、バリア機能が低下した肌に、直接触れることで菌が入りやすくなります。肌に負担をかけないようにすることが、ニキビ予防に限らず、肌荒れや敏感肌の予防にもなります。

前髪をおろさない

額にできるニキビには、色々な原因があげられますが、前髪おろすことによる刺激もその要因になります。もともと額はオイリー肌になりやすく、毛穴も詰まりやすいので、前髪を下ろすことによる刺激から角質が硬くなり、皮脂を毛穴に閉じ込めやすくなってしまいます。

また前髪自体の刺激に加え、整髪料やシャンプー・リンスなどの汚れも肌を痛めてしまいます。そもそも、それらが肌に合っていない可能性も考えられますので注意が必要です。

爪を短く切る

爪を短く切ることで、少しでも肌への摩擦をなくしましょう。もちろん、爪でニキビをつぶしてしまうと、爪についている雑菌が入っていき、ますます炎症をおこす可能性があります。さらに、ニキビ痕ができる原因ともなります。

爪は長くなればなるほど、爪の間に汚れや雑菌が溜まり、手を洗うだけでは簡単には取れません。長い爪は、肌を傷つける可能性があるので、爪は短く切って清潔にすることが大切です。

顔にあたる布を清潔に保つ

肌にできるだけ雑菌を触れさせないようにするには、身の回りの物をできるだけ清潔にすることが必要です。

特に、枕カバーやシーツ、タオルなどは、日々使うものなので毎日の洗濯をおすすめしますが、なかなかできない場合は、交換するようにしたり、コットンやシルクなどの通気性のよいものに替えるなどすると清潔を保てます。

女性は、メイク用品もきちんと清潔にしなければなりません。パフやブラシなどはファンデーションやメイクの成分がついています。雑菌が繁殖しやすくなっているので注意が必要です。

ニキビが治らない…それ本当にニキビ?

偽ニキビ!?ニキビに似ている皮膚の病気3つ

ニキビができてしまって、殺菌効果のある石鹸で洗顔したり、保湿をいつもより念入りにしたりと、いろいろやってもなかなか良くならず、逆にニキビを悪化させてしまうことがあります。

その正体は「偽ニキビ」のために、普通のニキビ対策では効かなかったのです。「偽ニキビ」には、扁平疣贅、マラセチア毛包炎、めんちょうの3つがあります。

ためしてガッテンでも取り上げられた3つの「偽ニキビ」の正体を知り、正しい対処法でニキビ改善に役立てましょう。

扁平疣贅

一つ目の偽ニキビは、扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)と呼ばれるウイルス性のイボになります。このウイルスは、HPV(ヒトパピローマウイルス)と呼ばれ、健康な皮膚には感染しないのですが、傷があったり免疫力が低下していると感染してイボができてしまいます。

このイボは、表面はあまりざらざらしておらず、先端が平らで盛り上がっているのが特徴になります。また扁平疣贅を触った手で、他の場所に触れるとどんどん広がっていき、増えてしまいます。

マラセチア毛包炎

ニキビの原因となる菌として紹介したマラセチア菌ですが、マラセチア毛包炎は、ニキビ対策では改善されません。カビの一種であるマラセチア菌が過剰に増殖してしまうことで、マラセチア毛包炎を発症してしまいます。

このマラセチア毛包炎が出来てしまった場合は、すぐに皮膚科を受診することをおすすめします。またこのマラセチアは、脂漏性脱毛症を引き起こす可能性も高いと言われているので注意が必要です。

めんちょう

めんちょうは、気をつけないと命にかかわると言われています。常在菌である黄色ブドウ球菌が、肌に感染し増加して、炎症を起こすと腫れ上がり、化膿してめんちょうになってしまいます。

そのままにしてしまうと黄色ブドウ球菌が、鼻の血管から脳へめぐり、脳炎や髄膜炎になってしまう可能性もあるのでめんちょうは危険なのです。早めの医療機関での治療をおすすめします。

見分け方

扁平疣贅は、色と形で見分けられるようです。形=楕円・線状、色=茶色といったように、ニキビとは少し異なります。できた当初は肌の色に近いのですが、だんだんと茶色になっていきます。比較的、若い人や女性に発症しやすいと言われています。

マラセチア毛包炎は、主に背中や胸、肩などにできやすく、一気に10個以上のニキビより小さい炎症が起きる症状が特徴です。ニキビケアを1カ月以上しても治らない場合は、マラセチア毛包炎の可能性を疑ってもいいかもしれません。

めんちょうは、命にかかわるものなので注意が必要です。主に鼻の頭にできやすいのですが、顔の中心や背中や体にも人によってはできるようです。めんちょうは、その大きさに関わらず、小さなものであっても痛みがあります。

できた周辺は腫れやすく、ひどく化膿するため、このような症状が重なったら早めに医療機関へ行くことをおすすめします。

まとめ

ニキビが治らない原因と対処法

ニキビが治らないのは、自分にできたニキビがどのようなものか分からないまま、ニキビケアをしている可能性が高いです。本当にニキビであっても、悪化させてしまう前に皮膚科へ行くことが大切です。また何よりも規則正しい生活でバランスのとれた食生活を送り、心も体も健康でいられるように努力することが、ニキビ予防にも改善にも一番の近道です。