ブロッコリーダイエットとは?オススメな「5つ」の理由とより効果を高める方法!お勧めのレシピ・口コミや注意点などご紹介!

ブロッコリーダイエットというのを聞いたことありますか?ブロッコリーは栄養満点でダイエットに最適な食材と言われています。なぜ、ブロッコリーがダイエットに最適なのか?その効果とは?これから紹介したいと思います。

ブロッコリーダイエットとは?

ブロッコリーダイエットとはブロッコリーを食べるだけの、いたってシンプルなダイエット方法です。

ブロッコリーを食べるだけといっても、毎食ブロッコリーだけ食べるわけではなく、いつもの食事にブロッコリーを取り入れる方法です。

ブロッコリーは栄養豊富でダイエット中にありがちな肌荒れ、貧血、便秘など様々な不調を補いながら、健康的に痩せることが期待できるすばらしい食材なのです!

ブロッコリーダイエットが効果的でおすすめな5つの理由

食物繊維で便秘解消

ダイエット中は食べる量を減らしたり、食事の回数を減らしたりで便秘になりやすくなります。特に女性はダイエットをしてなくても悩んでいる方も多いと思います。

ブロッコリーには便秘解消に良い、「食物繊維・ビタミンC・ビタミンB郡」が多く含まれています。

食物繊維は脂質を吸収して体外には排出する働きがあります。ビタミンCにはお腹の中の善玉菌を増やしてくれる働きがあり、ビタミンB郡は自律神経に作用し、便の排出を促します。

ブロッコリーはただ食物繊維が豊富だけではなく、それ以外にも便秘解消に良い成分を含んでいるので、便秘で困った時にはブロッコリーを摂取すると便秘解消が期待できると言えます。

ダイエット中の貧血予防

ダイエット中にありがちな貧血の防止にも効果があると言われています。ダイエット中は食事制限などで、貧血を経験され方も多いかと思います。

ブロッコリーには葉酸、ビタミンB12、鉄分など貧血を予防する働きのある成分が含まれています。

特に、ほかの野菜に比べると、鉄分が豊富に含まれていて、鉄分の吸収を助けるビタミンCと造血作用のある葉酸、ビタミンB12もたくさん含まれていることから貧血の予防にも効果的といえます。

日頃から貧血気味の人は特に食べておきたい食材と言えます。

脂肪肝の予防にも

ダイエットには肝臓の機能が重要とも言われています。肝臓の機能が低下すると、体の代謝が落ち、肥満や脂肪肝の原因になってしまう恐れがあるのです。

ブロッコリーには「スルフォラファン」という成分が含まれています。
「スルフォラファン」には肝機能をアップさせる働きがあると言われています。肝機能がアップすると、脂肪や糖質がどんどん分解され、体の代謝がよくなり肥満の防止になるのです。
他にも肝機能以外の効果もあるようなので、ご紹介しておきます。

「スルフォラファンの効果」
・解毒作用
・抗酸化作用
・花粉症抑制
・ピロリ菌除菌
・内蔵脂肪の蓄積を防止

このように「スルフォラファン」は様々な効果が期待できるようです。

ブロッコリーダイエットでは腹筋が効果的!

ブロッコリーは筋トレに相性の良い食材と言われています。

ブロッコリーには、筋肉を付けるために必要なタンパク質を、かなり豊富に含んでいます。低カロリーで高タンパクなので、筋トレの時やダイエットの時にとても心強い食材なのです。

そして、ブロッコリーには女性ホルモンの一つであるエストロゲンの働きを抑える効果があります。エストロゲンは、筋肉の発達を妨げ、体脂肪の貯蓄など筋トレにはマイナス要因になってしまいます。

エストロゲンの働きを抑えると逆に男性ホルモンの一つであるテストステロンの働きを高めることができます。テストステロンが活発になると、筋肉がつきやすくなるので、筋トレの効果をアップすることが期待できるのです。