噂の「おにぎりダイエット」って効果あるの?正しいやり方で効果的に痩せるコツ

ちまたでジワジワ流行中の「おにぎりダイエット」。おにぎりでダイエット?!と半信半疑のあなたもその効果を知れば興味を持つこと間違いなし!正しい「おにぎりダイエット」のやり方と注意事項など、まとめて紹介します!

みなさんは「おにぎりダイエット」なるものをご存知でしょうか?
実は今、巷でじわじわと人気急上昇中のダイエット方法なんです…!
なんだかとても気になる「おにぎりダイエット」ですが、おにぎりなんて一見ダイエットとは間逆の食べ物のような気がしませんか?
「おにぎり」を食べることがダイエットになるなんて、そんな嬉しいダイエットがあったら是非試してみたいですよね。
はじめて「おにぎりダイエット」を耳にした人も、聞いたことはあるけど正しいおにぎりダイエットのやり方を知らない人も、改めて、おにぎりダイエットとは何か、そしておにぎりダイエットの具体的なやり方や、その効果、ダイエットを行う際に気をつけるべきことをまとめましたので興味のある方は参考にしてみてください!

ところでおにぎりダイエットって何?

はじめに、「おにぎりダイエット」とは音楽プロデューサーのつんくさんが考案したダイエットのことです。つんくさん自身もこのダイエットを実践していて、着実に体重を落としていったそうです。

炭水化物を控えることが多い通常のダイエットと比べ、このダイエットではおにぎりを毎食のメインとし、(おにぎりではなく通常のお茶碗に盛ったご飯でももちろん構わないそうです。ただ、ご飯は冷えているものが良いと思います。理由はのちほど)おかずは野菜中心とするという(肉、魚はNG)、ご飯好きにはとても嬉しいダイエット方法です。芸能人ではEXILEのTAKAHIROさんがメンバーに紹介し、MATSUさんとUSAさんらが実践したそうです。そのほかには真鍋かをりさんも実践したのだとか。ますます気になる、「おにぎりダイエット」ですが、なぜ、おにぎりを食べることがダイエットになるのでしょうか?まずは、その具体的なメカニズムを調べてみました。

おにぎりダイエットが効果的な理由

「おにぎりダイエット」とは一体どういった仕組みのダイエットなのでしょうか。それはまず、おにぎりを主食とすることで腸相が整えられ、排便を良くし体の中がスムーズになります。そして、肉、魚類の摂取をやめ野菜中心のおかずにすることで普段取り過ぎている脂質や糖質を見直します。不必要な脂質や糖質の摂取が制限された分、体重が落ちるのでダイエットに繋がるということだそうです。

冷たいご飯がポイント

また、おにぎりを食べる際に「ご飯が冷たい」ということもポイントのようです。
通常おにぎりを食べるとき、おにぎりは冷えていることが多いと思いますが、おにぎり=炭水化物が冷えるとでんぷん質が「レジスタントスターチ」という成分に変わります。レジスタントスターチは別名、「難消化性でんぷん」または「耐性でんぷん」などと呼ばれ、通常のでんぷんに比べ小腸に消化されにくく血糖値の急な上昇を抑制します。また、レジスタントスターチを多く含んだ食品を摂ると、セカンドミールという効果により、空腹感や食欲が抑制され、食事量が普段より抑えられるため、ダイエットに向いているといわれています。

おにぎりのカロリーも成功の秘訣

そもそもおにぎり(ご飯)は炭水化物の代表格として、ダイエット中には敬遠されがちですが、具材を選べば1個200cal未満で腹持ちの良い優れた食べ物です。炭水化物を控えた分お腹が空き、普段よりもおかずを食べ過ぎてしまった、などとなってしまっては本末転倒ですが、このダイエットではしっかりおにぎりを食べることによって満足感が得られますので、お米が好きな人は炭水化物を減らすダイエットよりもストレスなく続けられるでしょう。
私たち日本人は普段からお米に慣れ親しんでおり、先祖代々食べてきた食材なので、私たちの体質に合った食べものと言えます。この「おにぎりダイエット」は極端な○○ダイエットのような一種類の食べ物ばかり食べるものではなく、日頃から食べているお米と野菜やお味噌汁などの和食の基本となるようなメニューで構成されているので、日本人には比較的向いているダイエットかもしれませんね。

おにぎりダイエットの仕組み、お分かり頂けましたでしょうか?では、続いて詳しい「おにぎりダイエット」の方法を紹介します。