脱毛ジェルって必要?無しだと意外なデメリットが!効率的に使うコツと市販のVeet(ヴィート)の特徴も紹介!

脱毛ジェルってあまりよく知られていないのですが、クリニックや脱毛サロンで施術を行う時に、肌ダメージを抑える為のジェル効果と、脱毛・除毛・抑毛効果のあるジェルがあります。効率的に使うコツと市販されているVeetの特徴について紹介しています。

脱毛ジェルって必要?

脱毛ジェル無しだとどんなデメリットが?

脱毛をする際に肌の摩擦からダメージを避ける為に、ジェルを使うのですが、サロンやクリニックによっては使うところとそうではないところに分かれます。ジェルを使わないと言うことは肌へのダメージを考えるとあまりより良い方法ではないと思ってしまいますが、具体的にはどんなデメリットがあるのでしょうか?

直接照射をすることで、熱による無駄毛の打破により毛根から燃える形なのですが、この燃えた臭いが直接鼻に届くので、とても臭く感じます。ジェルが間にあることで臭いが緩和されていたのですから、この臭いに不快感を持つ人は多くなります。又、ジェルの成分には保湿効果もあるので、施術後のダメージを受けた肌を優しくケアする為にも必要なのです。

乾燥肌の人は特に注意しなければならないでしょう。

効率的に脱毛ジェルを使うコツ

業務用ジェルを使う

自宅で手軽にできる家庭用脱毛器を利用する場合、肌へのダメージを抑える為に脱毛ジェルを使うことになります。市販された一般の脱毛ジェルも良いのですが、やはり出来るだけ肌トラブルを避けるために、プロが使っている業務用ジェルを使うと良いでしょう。

脱毛サロンやクリニックで使われているものですから安心安全で、そして高い効果が望めます。「HAジェル」は格安で購入できる業務用ジェルで、ヒアルロン酸をはじめとして様々な保湿成分や抗炎症作用に有効な成分が豊富に配合されています。自宅でフラッシュ脱毛をしている人は是非一度使ってみてください。

冷たいジェルが効果的!

脱毛ジェルは肌を守る為に必要と分かっていても、どうしてもあの塗った時のひやっとした感触がとても冷たくて苦手!と言う人も多いのです。しかし、このひやっとした冷たいジェルこそが効果を発揮します。脱毛サロンやクリニック等で初めて脱毛する人はあまりに冷たさにびっくりするほどです。

初めてで緊張しているところへ冷たいものは特に感じやすいので、体が震えるほどの人もいます。なぜ冷たいのかと言うと、冷蔵で保存されているからです。特にフラッシュ脱毛はレーザー脱毛よりも効果が弱いと言われており、ジェルを塗ることで肌を守りながら効率的に脱毛が出来るように工夫されているからです。

冷え性の人にはちょっときついのですが、我慢して回数を重ねていくと慣れてくるでしょう。