【ブラジリアンワックスの効果】そのメリットとデメリットとは?脱毛の仕方や手作りワックスのレシピまで徹底解説!

海外のTVドラマからブームが始まったブラジリアンワックス。今や日本の美容メーカーも「日本人向け」として様々なワックスを開発して、脱毛手段のスタンダードのひとつになりつつあります。では、実際にワックスの効果はどれくらいあるのでしょう?メリットやデメリット、そして手作りワックスの作り方まで大公開致します!

ブラジリアンワックスって?

ブームの火付け役は海外TV

ブラジリアンワックスは海外では非常にスタンダードな脱毛方法で、手軽に低コストで体毛のお手入れができることから、必要のない毛を常にきれいに処理しておきたいという女性に愛されているものです。

アメリカやヨーロッパなどはVIO部分のケアの意識がとても高く、男性でも気になる方はケアしているというくらいなので、脱毛がとても身近なものであると言えます。日本では海外ドラマで主人公の女性たちが美意識高く体毛のケアをワックスで処理していることから、使ってみたいという人が増えてきたようです。

もともとブラジリアンワックスは、特にカーニバルなどでより美しくTバックショーツやビキニを着るため、ブラジルで脱毛がとても重要視されたことから開発されたと言われています。そのような理由でブラジルの名称が付けられ、現在のようにブラジリアンワックスと呼ばれるようになったようです。

ハイジニーナとは

海外ドラマの中でもキーワードのように出てくる「ハイジニーナ」。最近では脱毛プランの中に「ハイジニーナ脱毛」というコースを設けている脱毛サロンも増えているようです。

ハイジニーナとは、VIOライン(デリケートゾーン)のアンダーヘアが全く無い状態のスタイルのことを言います。『hygiene(ハイジーン)』という英語から出来た言葉で、「衛生」「健康法」という意味。海外ではこうしたハイジニーナも意外と一般的なのだとか。

日本人では気質的な面からあまり公にされている方は多くないですが、叶姉妹や壇蜜さんなど露出度の高い服装をすることが多い人などはアンダーヘアのスタイルとして取り入れているようです。

どこに使うの?

元々はアンダーゾーン、VIOラインの処理用として開発されたのがブラジリアンワックス。デリケートな場所にかみそりなどの刃を当てずに済むので、安全性もあります。

近年ではそれ以外にも、手足や脇、男性では胸や腹のムダ毛処理に利用している方も多く、中には顔の口周りや眉下、さらには鼻毛までワックス脱毛する…という方も!

ただし、顔の毛や鼻毛はそれ専用のワックスを使うことが多いので、手足などと一緒のものでやるのはトラブルの元になるため注意して下さいね!

ブラジリアンワックスの効果とメリット

効果は2〜6週間

では実際、ブラジリアンワックスで脱毛するとその効果はどのくらい続くのでしょうか?
人の毛根には『毛周期』というものがあり、そのサイクルは部位によって異なります。また個人差もあるため、人によっては2〜3日で新しい毛が生えてくるという方もいます。

ブラジリアンワックスはワックス剤に毛を密着させて根元から抜き取るため、きれいに毛が無くなっている期間はだいたい14~20日くらいが目安です。

ただし、処理をしたタイミングで休眠していた毛などから徐々にまた生え始めるため、およそ4週間目あたりからまた処理をする方が多いようです。
だいたい5〜6週間ほどすると休眠していた毛も伸びてくるので、再処理の目安としても良いかもしれません。

超即効でつるつる美肌になれる

ブラジリアンワックスのメリットはまず、短時間で広い範囲をきれいにすることができるということです。

レーザー脱毛や光脱毛のように、毛周期を見ながら定期的に長期間かけて処理していくのとは違い、現在生えている毛を一気に抜き去ることで、急に大事な予定が入ってしまった時や、足や腕などの広範囲を急いで脱毛をしなくてはいけない、といったときなどに便利であるという点があります。

脱毛サロンでの施術を受けることもできますし、セルフ脱毛でも脱毛に慣れてくると、VIO部分などの細かいところも自分の好きな形に整えることが可能です。

また、カミソリで処理した後のように黒い点のような剃り跡が目立つということも無く、生えてくるときには新しい毛として生えてくることで、生えはじめがチクチク痛い、かゆいなどといったことが起こりにくくなるという面も、ブラジリアンワックスの良いところでしょう。

好きなときに出来る

ワックス脱毛は大きな器具などを使わないので、「自宅で手軽に行う」という人も多く、1日の終わりのお風呂あがりや他の部位の脱毛と一緒に…と好きな時に出来るというのも魅力です。