入浴剤の効果が進化!炭酸ガスや水素バス?症状別おすすめ3選とギフトも!

入浴剤を手軽に自宅で利用している人は、多くいるのではないでしょうか?実は、ただ使うだけでは意外と引き出せていない入浴剤の効果を、最大限に活かすための方法や、おすすめの入浴剤を効果別に紹介しています。是非普段の入浴をちょっとリメイクして、美肌&冷え解消を実現しちゃいましょう!

入浴剤にはどんな効果があるの?

入浴剤と言っても様々なタイプがありますが、血行促進や美肌効果といったものを思い浮かべるのではないでしょうか?体への効果だけでなく、リラクゼーションや肌質、肩こりなどの改善まで、目的別に入浴剤を入れ替えて、色々なものを楽しんでみましょう。

また、入浴剤の効果を引き出すためのポイントや、目的に合うおすすめの入浴剤まで多数紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

入浴剤の種類を目的別に選ぶには?

冷え性の人には温泉成分配合の入浴剤

冷え性の人におすすめの入浴剤は、数多くある入浴剤の中でも「無機塩素系」や「薬用植物系」と呼ばれる種類の成分が、含有されているものになります。その名称だけ聞くと分かりにくいですが、無機塩素系は、いわゆる温泉成分が配合されたものです。

温泉地名が表記されているものの多くがこのタイプで、炭酸ナトリウム、塩化ナトリウムなどが成分として配合されている事が多くあります。そして、薬用植物系は、その名の通り植物由来の成分が含有されているものです。

医薬品や化粧品などに含有されているものも多くあります。センキュウやハッカの葉など、植物名表記があるものが該当します。これらのタイプは、保温効果や血行促進効果が高いため、冷え性の人におすすめのタイプとなっています。

気分のリフレッシュ・肩こり腰痛の人に炭酸タイプの入浴剤

気分をリフレッシュさせたい人や、肩こり、腰痛に悩まされている人におすすめは、「清涼系」や「炭酸ガス系」と呼ばれるタイプのものです。清涼系は、湯上がりにさっぱり感をプラスしてくれるもので、成分にはメントールなどが含まれています。

また、炭酸ガス系ですが、分類上は無機塩素系の仲間ではありますが、細かい泡(炭酸)が発生する、という点が大きな特徴になっています。温泉の中でも二酸化炭酸泉に近い効能が期待できるもので、非常に細かな炭酸ガスが皮膚から浸透して、

血管を広げてくれる事で血行を促進させてくれるため、肩こり腰痛などの緩和をさせたい人や、高血圧の人にもおすすめの成分となっています。

美肌や乾燥肌、敏感肌の人に酵素系の入浴剤

乾燥肌や敏感肌の人も含め、スキンケア目的での入浴剤の場合は、「酵素類系」や「スキンケア系」と呼ばれる種類がおすすめです。酵素類系は、入浴剤に酵素(パンクレアチン、パパインなど)が配合されているものの事です。

酵素が、体の余分な皮脂や毛穴の汚れなどを優しく洗浄してくれる効果が期待できます。ボディソープなどで洗うと、界面活性剤や摩擦の影響で肌が荒れてしまう人などは、この入浴方法もおすすめです。

そして、スキンケア系と呼ばれるものは、入浴剤にスキンケア成分を配合したもので、ホホバオイルなどオイル系が入っているタイプもあります。基本的にこのタイプは、入浴後に洗い流す必要がなく、そのままタオルで拭く事が出来るため、スキンケア成分が肌に残りやすくなっています。

入浴剤の効果で選ぶには?

温浴効果で血行促進、疲労回復

入浴剤の効果として、最もポピュラーとも言えるのが温浴効果でしょう。ただ温めるのではなく、血行や新陳代謝の促進をさせることで、お風呂上がりにも体がぽかぽかとするような、持続性があることも特徴です。

血行が促進されることで、疲労物質などの代謝もスムーズになり、疲労回復効果も期待できるため、快眠を促してくれるなどの連鎖作用が現れる事もあります。

もちろん、入浴剤によって効果は様々ありますが、基本的にはどの入浴剤であっても、普段通りお湯で入浴するよりは、温浴効果自体は得られる可能性が高くなります。是非入浴時には入浴剤を併用してみましょう。

清潔、清浄効果は発泡タイプ

入浴剤の種類によっては、酵素類系だけでなく、洗浄や清浄効果の期待ができる成分が配合されているものも多くあります。汗や汚れを落とす作用だけでなく、アトピーの人向け製品などでは、原因菌である黄色ブドウ球菌の増殖を抑えて、皮膚を清潔にすることなどを目的としたものもあります。

また、泡風呂などに使われるような発泡タイプのものには、ボディソープの様に洗浄を同時に行うことが出来るものもおすすめです。

美容成分配合で保湿、スキンケア効果

保湿、スキンケア効果のある製品には、普段フェイシャルケアなどに使うような、美容成分が配合されていたりして、顔だけでなくボディケアでも、入浴するだけで保湿を行うことが出来るため、入浴後にボディケアをする時間が取れない人におすすめの製品になっています。

また、このスキンケア系の入浴剤の特徴は、表記にも違いがあります。一般的な入浴剤は、薬事法で定められている通り「医薬部外品」との記載がありますが、このタイプの場合には医薬部外品ではなく、浴用化粧品と表記されているようです。

こういった違いからも分かるように、入浴剤も種類によっては、化粧品と同じような効果をもたらしてくれる物があることが分かるはずです。