牛乳ダイエットは飲むだけでやせられる!その効果と失敗しないためのコツを大公開!

牛乳は優秀な飲み物ですよね。そのまま飲んでも美味しいですし料理にも使えます。でも沢山飲んでも太らないの?と疑問に思っている方も多いのでは?実はダイエット効果はあります。しかもダイエットだけではありません。栄養の豊富さからダイエット中にありがちな肌荒れやイライラもカバーしてくれて、体質改善もしてくれる力強いサポーターです。

飲むだけ!牛乳ダイエットの効果とやり方とは?

牛乳ダイエットは、食前にコップ1杯の牛乳を飲んで満腹感を得て食事の量を減らすダイエット方法です。牛乳に含まれる豊富な栄養素によって、ダイエットによる栄養不足を補ってくれます。

牛乳に含まれるたんぱく質は、ダイエットによる食事制限による筋力低下を予防し、ビタミンは脂質や糖質を分解・排出、カルシウムはダイエットを続けることのストレスを軽減してくれます。

牛乳ダイエットの効果

代謝があがる

簡単にダイエットしたいと考えた時、思いつくのは食事量を減らす事ではないでしょうか。確かに即効性はあるかもしれませんがリバウンドに繋がりやすいものです。根本的な方法として体内の代謝を上げて筋肉量を増やし脂肪がつきにくい身体作りをするという事が大切であると思われます。

牛乳にはその筋肉を作る為に必要なたんぱく質を豊富に含んでいます。筋肉をつけるために運動も行いつつ牛乳を取り入れるとより一層効果があるのではないでしょうか。

脂肪と糖質分解

ビタミンB群は脂肪や糖質をエネルギーとして燃焼する働きがあると言われています。このビタミンB群が牛乳に含まれています。せっかく運動をしても脂肪を燃焼せず筋肉が燃焼してしまったら意味がありません。運動と牛乳をうまく組み合わせると脂肪と糖質が燃焼されてダイエットに効果があるのです。そしてカリウムが脂肪の吸収を抑える働きもあるのです。

ストレス抑制

ダイエットがうまくいっている時は良いのですが、いまいち効果がないとイライラしたり不安定になってしまう時があります。カルシウムには興奮状態の脳神経を静める効果があります。しかし、そのカルシウムが不足していると骨や歯からカルシウムを補い脳神経へと使われてしまいます。ダイエットして骨や歯がもろくなってしまっては困ります。
牛乳からカルシウムを摂取してイライラ解消と骨や歯の強化を心掛けましょう。

牛乳ダイエットのやり方

ホットミルクに

胃腸の弱い人は、冷たい牛乳を飲むとお腹が痛くなるケースもあります。牛乳をホットミルクにすることでお腹に優しくなります。特にホットミルクは寝る前に飲むと血中のカルシウムの濃度が低下するのを防いで、興奮状態を押さえてくれるので、質の良い睡眠を促す効果が期待でるので、牛乳ダイエットではおススメのタイミングです。

質の良い睡眠は成長ホルモンの分泌を活性化するので、脂肪の燃焼を促進する効果、肌を修復する効果、新陳代謝を促す効果が期待できます。

1ヶ月以上行う

牛乳ダイエットには即効性はありません。しかし続けることでしっかりとした効果が実感できます。どんなダイエットもそうですが、最低でも1ヶ月以上は続けるようにしましょう。平均して2~3㎏の減量が期待でき、太りにくい体質改善にも効果が期待できます。

牛乳は噛むように飲む

ダイエットの方法として食事の際に30回噛んで食べましょうと言われることがあります。これは沢山噛む事により唾液の分泌量が増えて満腹中枢が働きます。食べていないけれども胃に食べたと勘違いさせる効果があるのです。

食事前にまず牛乳を飲みます。飲むだけでも満腹感を少し得ることが出来るかと思われますが、これに沢山噛むという動作を加えるだけでさらに満腹感が出ます。そうすることにより食事量を少なくする事が出来るのです。