葉酸の副作用にはどんなものが?過剰摂取による症状と葉酸を多く含む「4つ」の食材をご紹介!

妊娠中や妊活中に摂取量を増やすことを推奨されている葉酸。けれども、そんな敏感な時期だからこそ、副作用が心配になるものです。葉酸の摂取量を増やすことで副作用の心配はないのか、どんな食べ物に葉酸が多く含まれているのか。この記事では、そんな葉酸に関する情報についてご紹介しています。

葉酸の副作用について

妊娠中や妊活中には葉酸の摂取が必要不可欠だという話を聞いたことがありますか?その話を聞いて、葉酸のサプリメントを購入してみた人も多いかもしれません。しかし、葉酸には副作用はないのでしょうか?この記事では、一日に必要な葉酸の摂取量や、過剰摂取による副作用についてご紹介しています。

葉酸の効果って?

そもそも葉酸とは

葉酸とは、水に溶ける水溶性ビタミンの一種で、ビタミンB群の仲間に含まれる栄養素です。ほうれん草などの葉に多く含まれることから、この名前がつけられたと言われています。葉酸は、赤ちゃんの健全な発育や、血液を作ることに関わる働きをしていると言われています。

葉酸が足りなくなった場合には、心臓病や大腸がん、子宮頸がんの可能性が高まると言われています。また、貧血を引き起こすこともあるようです。

胎児の成長を助ける

葉酸には、胎児の成長を助ける役割もあると言われています。妊娠中に葉酸が不足すると、胎児が神経管閉鎖障害を引き起こす可能性が高まり、ひどい場合には赤ちゃんが亡くなってしまうこともあるようです。また、無脳症の赤ちゃんが生まれる可能性が高くなるとも言われています。

特に、この神経管閉鎖障害については妊娠初期が重要で、最も必要とされるのは、多くの人がまだ妊娠に気づいていない時期だとされています。そのため、妊活中の方はいつ妊娠しても良いように、常に葉酸をサプリメントで補充しておくのが良いとされています。

また、妊婦さんは赤ちゃんに血液を回すために貧血になりやすい状態となっています。その状態を改善するためにも、妊娠中には葉酸を積極的に摂取することを推奨されています。

貧血防止

葉酸には貧血防止の役割もあると言われています。貧血予防のためにもっとも有名な栄養素は鉄分ですが、鉄分だけでは貧血の予防は完全ではないと言われています。葉酸には赤血球を作る働きがあるとされているため、貧血予防には葉酸もきちんと摂取しておくことが重要になるのです。

特に、妊婦さんの場合には赤ちゃんに血液を送っているため貧血になりやすく、また貧血になると赤ちゃんに十分に栄養を与えられなくなってしまいますから、貧血防止に葉酸と鉄分を摂取することは重要に鳴ります。もちろん、妊婦以外の人や男性も、貧血に悩んでいる時には鉄分とともに葉酸を摂取してみると良いでしょう。

葉酸の副作用って?