【手羽元の栄養】美容にも健康にも良い栄養素がたっぷり!その効果と効果的に摂取するための3つのコツをご紹介!

手羽元は、「コラーゲン」がまず大きく栄養・美容にいいということを物語ります。コラーゲンというと、お肌によいというイメージですが、他にも体によい効果がたくさんあります。今回は、そのコラーゲンの効果や、手羽元の効果的な食べ方をご紹介していきます。

手羽元と手羽先の栄養とは?またその違いとは?おさらいしてみましょう。

手羽の部分は、腕から羽先の部分です。そして上部が手羽元、その先が手羽先です。手羽元は、やわらかい肉が多く付いている部分です。そして、コクがある味わいと言われています。煮込み料理なんかにもいいとのことです。ダシが良く出て、うまみがあると言われています。

手羽先は肉の量は少なめですが、その分、ゼラチンや脂肪が多く、コクがあって美味しいです。そして両方に言えることは、皮膚の老化を防ぎ、美容にいいとのこと。そして、骨粗鬆症にも効果があるとのことです。

手羽元の軟骨の栄養ってどんなの?

ここでちょっとした雑学です。なんかカルシウムが足りないなぁ…という人は、手羽元の軟骨を食べましょう。コリコリっとした歯ごたえが、食べたいなぁという食欲をそそる、そんな音なのです。そして、歯にもいいし、顎が強化されると思われます。コラーゲンも含んでるから、美容にもいいですね。ぜひ試してみてください。

鶏肉の手羽元に含まれる栄養成分とは?

手羽元の栄養素 コラーゲン

鶏手羽肉には、コラーゲンが一番多く含まれています。細胞と細胞の潤滑油の役割りもしており、肌のツヤが出る、美容効果が期待されているとのことです。特に冬になると、手羽肉の方を中心に食べるといいと言われています。それは、鶏手羽肉にはコラーゲンとビタミンAがたくさん含まれているからといえます。

コラーゲンを摂取するのに一番いい方法は、スープにし、コラーゲンを逃がさない方法を取ることと言われています。

手羽元の栄養素 たんぱく質

必須栄養素のひとつです。良質なたんぱく質には必須アミノ酸が含まれています。必須アミノ酸とは、私たちの体内ではたんぱく質から合成できないため、食品から摂る必要があるものをいいます。そして、アミノ酸スコア※とは、動物性タンパク質と、植物性たんぱく質に分かれています。動物性タンパク質には、たとえば、肉・魚などで、植物性たんぱく質には、たとえば豆類などが含まれています。

※アミノ酸スコア…食品の中の必須アミノ酸が含まれている比率をいいます。必須アミノ酸は9種類あり、この中でもっとも不足しているものを数値化したことをいいます。

手羽元の栄養素 ビタミンK

ビタミンKは、ニワトリの実験をしていた時に発見された脂溶性ビタミンのひとつです。骨を維持するのに活躍します。骨の中のたんぱく質を活性させ、骨の形成に働きかけることから、骨粗鬆症の治療薬としても使用されています。また、動脈の強化にも働きかけます。

そして、ビタミンKの天然にはビタミンK1(緑黄野菜に多く含まれる)、ビタミンK2(納豆や乳製品、肉、野菜など)の2種類が存在するとのことです。