腕のシミができる3つの原因とは?自分でできる3つの対策もご紹介。

腕や手の甲などは、意外とシミができてしまいやすい部分です。半袖を着る季節になると、とくに腕のシミが気になりますよね。自信を持って外に出るためにも、お肌のお手入れは重要です。そこで今回は、どうやって腕のシミに対処すればいいのかご紹介していきたいと思います。

気になる腕のシミ。でもあきらめないで

腕のシミに悩んでいる人は多いと思います。シミがあると、外に出るのも憂うつになってしまいますよね。でも大丈夫。シミを消すための方法はいろいろあるのです。病院での治療から、自宅でできるシミ対策まで、知っておきたいポイントをご紹介します。

どうしてシミができちゃうの?

シミができてしまう原因には、紫外線や、食生活などさまざまなものがあります。何が原因でできるのかをくわしく知って、シミができにくい生活習慣になれるようになりましょう。

紫外線にはご注意

シミのできる原因でもっとも多いのが、太陽からの紫外線だと言われています。紫外線からお肌を守るために、体はメラニン色素を作っています。

ふつうの状態なら、メラニン色素はお肌のターンオーバーでうまく消えていってくれます。しかしメラニン色素が増えすぎると、色素沈着がおきてしまいメラニン色素うまく消えず、シミとして体に残ってしまうのです。

紫外線でシミになるのは、顔も腕も同じです。けれど腕の場合は、お手入れ不足によりシミになってしまうケースが多いようです。

日差しが強い日など、顔にはきちんと日焼け止めを塗りますよね。しかし、腕にまで気を回して、しっかりとケアしている人は意外と少ないのが実情です。

食生活の乱れはお肌にもよくありません

食生活の乱れも、腕にシミができる原因の一つです。お肌は体の中でも、生活習慣の悪影響がまっさきにあらわれてくるところです。食べ過ぎや飲み過ぎ、あるいはダイエットをした後などは、肌がくすんだりむくんだりといろいろな症状があらわれてしまいます。

シミもまた、そうした症状の一つだといえます。食生活が乱れて十分な栄養を補給できないと、お肌にも栄養がいきわたりません。そうなるとお肌のターンオーバーも乱れてしまい、シミができやすい体になってしまいます。

タバコはお肌の大敵です

タバコにはニコチンが含まれています。このニコチンはお肌に悪影響を与え、シミができる原因にもなってしまいます。まずニコチンには、血管を収縮させる働きがあります。

血管が縮むのですから、流れる血液も減ってしまいます。こうなると、お肌にいく栄養少なくなってしまいますので、食生活の乱れと同じくお肌のターンオーバーに悪影響があらわれてしまいます。またタバコを吸うと、美白効果があるとされていビタミンCも減少してしまいます。

そのため、よけいにお肌の調子が悪くなってしまいます。お肌のことを考えるなら、なるべくタバコは控えるようにしましょう。