【体のニキビ】できてしまう原因を部位ごとに教えます!簡単にできるケア方法や予防法もご紹介!

ニキビは顔に出来るものはケア製品も豊富にありますが、一方で体にできるニキビに悩まされている方も多くいるでしょう。では、体にできるニキビを改善するにはどうすればいいのか?また、部位ごとのニキビが出来る原因についての違いなどを詳しく紹介していますので、是非参考にしてみてください。

体にもニキビが出来ることがある?

ニキビとは、そもそも毛穴にある皮脂腺から分泌された皮脂が暴飲暴食、ストレス、睡眠不足という様な生活習慣の乱れなどの要因によって、過剰分泌や菌の繁殖が起こることで、詰まりを引き起こして出来るものです。つまり毛穴(皮脂腺)のある部位であればどこでも出来る可能性があり、ニキビ=顔に出来るものだけという訳ではありません。

ですが、基本的には体よりも顔(特に額や鼻筋、顎などのいわゆるTゾーン)に皮脂腺が多く集中しているため、顔に出来やすい印象があるのです。では、体のニキビは皮脂腺が少ないにも関わらずどうして出来てしまうのか、それぞれの部位によって要因に違いが有りますので、まずはそれらをチェックしてみましょう。

体のニキビには部位ごとに原因がある!

顔周りに出来るニキビ

基本的に顔は、手で触れる機会が多くあるため雑菌などが付着しやすい上に、皮脂腺もTゾーンを中心に多く集中しているためニキビが出来やすい傾向にあります。原因としてはメイクや皮脂汚れなどがきちんと落ちていない場合や、顔を手でよく触る、スキンケアが正しく行えていないなどが挙げられます。特に額の髪の生え際であれば、シャンプーのすすぎ残しも要因として挙げられますし、普段の日常生活で頬杖をよくつく方の場合、触れている部分によく出来てしまう傾向にあります。

頭に出来るニキビ

頭皮ニキビと呼ばれるような、頭にできるニキビもあります。頭皮は、皮脂腺も多い上に毛穴同士の距離が近いことなど、皮脂分泌が多いとされる顔よりもさらに分泌量が多いとも言われています。加えて頭皮の場合、シャンプーのすすぎ残しやシャンプーそのものの界面活性剤が肌に合わない事、朝シャンをして紫外線対策(帽子など)をすることなく外出して、もろに紫外線を浴びてしまう事なども要因として挙げられます。

また、頭皮ニキビの場合見落としがちなのが「枕」です。枕カバーを頻繁に洗い替えしていなかったり、枕本体も天日干しするなどの対策を指定なかった場合、雑菌が大量に繁殖していたり、アレルギー物質でもあるダニなどのハウスダストの影響を受けている可能性もあります。このような場合には、頭皮ニキビだけでなく、アレルギー反応による湿疹などが現れる事もありますので、注意が必要です。

背中ニキビ

背中のニキビは、生活習慣の乱れが要因の場合も多くありますが、意外なところにも発生要因が潜んでいる事もあります。まずは女性に多いロングヘアの場合、髪が背中に触れている事で雑菌が付着したり、シャンプーなどが背中を伝って流れた際に、落ちきらずに残ってしまうといった原因もあります。そういった要因が考えられる時には、お風呂での洗う順番に気をつけてみましょう。

先に体を洗ってから頭を洗うよりも、逆に頭を先に洗ってから体を洗うことで、出来る限りすすぎ残しを減らすことを意識します。また、背中ニキビは仰向けで寝る事が多い人にも現れやすくなる傾向にあります。これは、寝ている間に背中に汗をかくことで、そこに皮脂がつまってしまったり、雑菌が繁殖してしまうからです。思い当たる場合は、出来る限り汗が速乾しやすいものや、吸湿性に優れた素材の衣服(綿など)を身につけることをおすすめします。

胸に出来るニキビ

胸に出来るニキビも、シャンプーなどの洗い流しが要因となる事もありますが、特に多いのが「胸が大きい女性」です。胸の谷間の部分に汗が溜まりやすく、また締め付けの強い下着などを身に着けていた場合など、通気性が悪くなることで同じく皮脂に雑菌が繁殖しやすくなります。この場合も、下着の素材に通気性の良い物を選び、紫外線の影響でもニキビは出来やすくなりますので、露出する時にはしっかりと日焼け止めなどの対策を取るようにしていきましょう。

毛穴のつまりを招きやすいラメが入ったボディクリームなどを胸元へ塗るのは控えるようにすることをおすすめします。皮膚に過剰な刺激が加わると、ニキビが出来る要因になってしまいます。

腕に出来るニキビ