ニキビに絆創膏を貼ると治りが早いって本当!?ウワサの真相を徹底解明!正しい効果的な貼り方と注意点をご紹介!

明日は大事な人とのデート!そんな時に限ってニキビができてしまったこと、ありませんでしょうか?どうしても明日までに治したい。そう思い、ニキビが早く治る方法を検索してみると、どうやら絆創膏を貼ると治りが早いのだとか。この方法は本当に効果があるのでしょうか?正しい貼り方や軟膏との併用方法について調べてみました。

ニキビに絆創膏はあり?なし?

ニキビに絆創膏を貼るのは、あり?なし?でしょうか。ニキビに絆創膏を貼ると治りが早くなるという情報がある一方で、ニキビを絆創膏で隠すと炎症をおこすという怖い噂も耳にしたことがあります。

皮膚の専門家いわく、どうやらニキビにはいくつかの種類があり、絆創膏を貼って効果のあるニキビと、そうでないニキビがあるのだそうです。それでは、効果があるニキビとはどのような状態のニキビなのでしょうか?

ニキビの種類と、その特徴をそれぞれ調べて、どのニキビに絆創膏が効くのかをまとめました。今現在、ニキビができてしまっている方、治す方法はありますのでどうか安心してください。まずは、自分のニキビが現在どのような状態なのかを把握してみましょう。

効果のあるニキビ、効果のないニキビ

ニキビの種類

まず、ニキビには4つの段階があります。赤ニキビ・白ニキビ・黒ニキビ・黄ニキビです。状態・症状によって種類分けがなされています。

赤ニキビ

ニキビの原因としてよく知られているアクネ菌。これが炎症を起こすことで赤ニキビはできます。ひどい人は、顔の大半に赤ニキビが出来てしまい、外に出るのも恥ずかしい思いをすることに。しかも、治ったと思ったらまた他の場所に出るなど、とても厄介なニキビです。

そんな赤ニキビは、唯一絆創膏を貼ってもOKなニキビと言われています。絆創膏の貼り方によってはアクネ菌を増殖させてしまうそうなので、あまり肌に密着させないように貼るのがコツです。

白ニキビ

ニキビの中でも初期段階といえるのが白ニキビです。これは、赤ニキビとは違って毛穴汚れが原因で起きているだけなので、症状はさほど酷いものではありません。白ニキビには、残念ながら絆創膏では効果がありません。白ニキビは、きちんとした日常の肌の手入れで治すことができます。洗顔とピーリングで肌状態を整えて、詰まっている汚れを洗い流しましょう。特に女性は毎日メイクでファンデーションなどを使うと思いますが、メイクを毎日きちんと落とすこともお忘れなく。

黒ニキビ

白ニキビの次の段階と言われるのが黒ニキビです。これは赤ニキビほど深刻な状況ではなく、毛穴汚れによって起こる皮脂の酸化です。ただ、鼻などの目立つ部分に出来るニキビなので、気になるという人は多いでしょう。黒ニキビは、絆創膏で治すという方法は効きません。黒ニキビはスクラブ洗顔と、洗顔ブラシを使ったケアで、毛穴をスッキリさせると効果的と言われています。

ただ、日ごろのスキンケアだけではどうしても嫌という場合は、皮膚科に行くと専用の器具を使ってニキビを押し出してくれるみたいなので、行かれてみてはいかがでしょうか?

黄ニキビ

そして最後に、赤ニキビよりもさらに症状が悪化してしまった状態を黄ニキビと言います。膿が溜まっているので、別名を膿ニキビとも言います。この黄ニキビに関しては、絆創膏で治すことは出来ません。

黄ニキビが潰れると、ニキビ跡が残りやすくなってしまいます。赤ニキビができたら絆創膏を貼って治す方法を実行して、黄ニキビになるのを防ぐようにしましょう。

絆創膏の使用で得られる効果とは?

ニキビ部分の保護・保湿

ニキビは1度触ると、治りが3日遅くなると言われています。しかし「触ってはいけない」とわかっていても、つい無意識に触ってしまうものです。そこで絆創膏が役に立つのです。