デキストロメトルファンとは咳止めの薬?!妊娠中や授乳中でも飲むことができるの?コデインとの違いや3つの副作用など解説!

デキストロメトルファンは商品名:メジコンで、いわゆる「咳止め」で、専門的には「鎮咳薬」にあたる薬です。デキストロメトルファンは、どのような作用機序をもっており、他の鎮咳薬と比較してどのような特徴のある薬なのか、どのような時に処方される薬なのか、作用、副作用はなんなのか、詳しく解説していきたいと思います。

デキストロメトルファンとは?

デキストロメトルファンとは鎮咳薬

風邪を引くと、やはり症状として現れやすいものに「咳」があります。咳は身体に侵入した病原体を外に出す役割がある反面、咳が原因となり気道の炎症が長引いてしまったり、夜間の咳によって睡眠時間が十分とれないと言った問題点も多くあります。風邪によって身体のだるさを感じるだけでなく、咳は一回咳こむことに約2kcal消費しているといわれており、病気に打ち勝つための体力を奪い、日々の生活にも支障を出してしまいます。

そこで、咳を鎮めることで風邪症状を和らげる薬として、デキストロメトルファン(先発品商品名:メジコン)があります。デキストロメトルファンは、一般名はデキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物といわれ、鎮咳薬(ちんがいやく)と呼ばれる薬の種類に分類されます。

[blogcard url=”http://kusuri-jouhou.com/medi/obesity/dextromethorphan.html”] [/blogcard]

デキストロメトルファンの作用と特徴

デキストロメトルファンの作用機序

病原菌である細菌やウイルス、異物であるホコリなど、たえず私たちの体の中に侵入してきています。これらが、気道に溜まらないように、私たちの体は咳をしてこれらを外へ追い出そうとします。咳は、風邪をひいたときなどの厄介な症状の一つなのですが、咳によってのどに溜まった異物を排出しようとしているのです。

咳は、私たちをしんどくさせるためにウイルスや細菌が起こらせているのではなく、身体を守るため、意味があって身体が反応して起こらせているのです。そのため、咳こむのは嫌だからと思い、安易に咳止めを服用する方もいらっしゃいますが、むやみやたらに咳を止めるべきではないそうです。ただ、咳によって炎症が収まりがつかないなど、咳によるデメリットの方が大きいと判断される場合には咳の鎮静化を行う方が良いと考えられています。

咳が出る仕組みですが、脳の働きが大きく関与しています。のどに異物が溜まってくると、脳が察知します。そして、異物をすみやかに排泄するために咳を出せ!という信号を脳に伝え、咳を出して異物を排除するというシステムになっています。

もうちょっと詳しくお話しすると、脳の延髄といわれる部分に、咳中枢があります。咳中枢が「咳を引き起こす信号」が到達すると、咳が出る仕組みになっています。この時、ある一定の強さを持つ信号が送られなければ、咳中枢は反応しません。言い換えると、ある一定の刺激があると咳を生じるというラインがあります。咳が起こるためには、このラインを超えないと、咳は出ないのです。

そこで、咳を止めるためには、咳中枢に働きかけ、咳がでるある一定のラインをちょっと甘めに設定し直すと、咳を鎮めることができます。この咳中枢の一定ラインを甘めに咳中枢に働きかける薬が、鎮咳薬であるデキストロメトルファンなのです。

デキストロメトルファンの先発品の商品名はメジコンといいます。では、このデキストロメトルファンは他の鎮咳薬と何が違うのでしょうか?次に特徴をみていきたいと思います。

[blogcard url=”http://kusuri-jouhou.com/medi/obesity/dextromethorphan.html”] [/blogcard]

デキストロメトルファンの特徴

鎮咳薬には、麻薬性と非麻薬性の薬の二種類があります。鎮咳薬にはコデイン、デキストロメトルファン、ノスカピンなど様々な種類があります。

コデインは麻薬性の鎮咳薬であり、咳中枢を抑制し、咳を抑える作用があるとのことです。また痛みを鎮めたり、気道に分泌物がでるのを抑えたり、呼吸を抑制する作用もあります。ただし、麻薬性であるので依存性があるといわれています。(麻薬性といっても医療用なので過度な心配はしなくていいそうです)

対して、デキストロメトルファン、ノスカピンは非麻薬性の鎮咳薬で、デキストロメトルファンは咳中枢を抑制し、前述のコデインと同等の効果があるといわれています。ただし、気道の分泌物の抑制作用はないため、痰は出やすいそうです。

ノスカピンは即効性が期待される鎮咳薬ですが、その効果はコデインよりも弱いといわれています。また、痛みを鎮める作用や、気道の分泌物を抑制する作用はないそうです。

デキストロメトルファンやノスカピンは非麻薬性の鎮咳薬であるため、依存性や便秘などの副作用をあまり心配する必要はないといわれています。

また、デキストロメトルファンは、動物実験によって、気道の粘液の分泌をコデインのように抑制するのではなく、反対に促進させる効果があることが検証されています。気道の分泌物を促進させることは、ドロドロの痰をサラサラに変えて、排泄を促すことができるようになります。そのため、デキストロメトルファンは去痰作用も有しているといえるそうです。

デキストロメトルファンは、錠剤や散剤、シロップなどの様々な剤形をもつ薬であり、小児科や内科でも多く処方されています。風邪の他にも、肺炎や肺結核などの呼吸器疾患による咳止めに使われることも多いそうです。

これらの特徴により、咳を鎮めたり痰の排泄を促したりする効果が期待されており、その結果、風邪症状を緩和できる薬として、デキストロメトルファンがあるのです。

[blogcard url=”http://kusuri-jouhou.com/pharmacology/asthma.html”] [/blogcard] [blogcard url=”http://kusuri-jouhou.com/medi/obesity/dextromethorphan.html”] [/blogcard]