女性のアイコンコスメ、”RMK”。悩み別おすすめ化粧水まとめ

RMKといえば、女子達に大人気のブランドの一つ。メイクアップ用品はあまりにも有名ですね。でも実は、スキンケアの一つ、化粧水もとても優秀なのはご存知でしたか?スキンケア商品にも興味はあるけど使ったことない…どんなものなんだろう…という方必見です!

RMKの化粧水とは?

デパートの化粧品売り場に行くと、さわやかでかわいらしいパッケージが並ぶRMK。一度は、足を止めたことがあるのではないでしょうか?RMKは、いつも口コミや人気ランキングに上位に入っているほどよく目にする、女性に大人気のブランドです。

RMKは、NYでトップメイクアップアーティストとして活躍していたRUMIKOさんが97年に立ち上げたブランド。商品開発には妥協を許さず、研究者泣かせとの異名をもつほどです。納得できないものは発表しないほど、一つ一つの商品にこだわりを持っています。

スキンケア商品に関しては、使う人が手にとったとき、そして使ったとき、ふわりとハッピーになれるように。というところから出発しています。

RMKの商品は天然の素材を用いて作られます。RMKのスキンケア製品からふとした瞬間に立ち上る香りが本当にさりげないのも、一日のスタートと終わりにふわりとハッピーになってほしい、そんな想いからのようです。

また、化粧水の使用感に応じて香りが違います。これも、RUMIKOさんのきめ細やかな心遣いからでしょう。今回は、そんなRMKの化粧水ってどんなの?という疑問にお答えしつつ、その種類や特徴をご紹介したいと思います。

RMK化粧水のスキンチューナーとは?

今回ご紹介する化粧水は<スキンチューナー><保湿液>といいます。そして、私たち一人一人の悩みや目的に合わせて、様々なラインナップの中から自分の好みのものを選ぶことができます。いったいどんなものなのでしょうか?

1本で化粧水と乳液の効果がある

スキンチューナーは、肌本来のうるおいの力をサポートしながら、プラス、スキンチューナー1本で乳液の役割を持つように肌を整えてくれる保湿液です。肌をひきしめ、やわらかく透明感のある肌に導いてくれたり、はずむようなハリ感をあたえてくれたりします。

まさに<うるおいをあたえるだけだけでなく、保湿までしてくれる液>です。そして、私たち一人一人の悩みや目的に合わせて、様々なラインナップの中から自分の好みのものを選ぶことができます。“自分の悩みに合わせ、重点的にケアしよう”というスタイルの保湿液です。

これだととてもわかりやすく、選ぶ方は目的に合わせてどれがいいかチョイスしやすいですね。また、なにかと忙しい女性にとっては、1つのアイテムで乳液の役割まで果たしてくれるので、スキンケアの時間が短縮されて嬉しい限りです。

RMK化粧水こだわりの美容成分

RMKは、<delicious skin care>として、<シンプル×ポジティブ>、<ナチュラル×パワフル>、<香り×テクスチャー>の3つのこだわりをもっています。<食べ物のチカラを、自分のチカラに変えてゆく>、カラダにいいものは肌にもいい、という発想のもと、スキンケア商品をかたちにしています。

スキンチューナー共通の美容成分として、「トウヒエキス」(ダイダイの果皮から抽出したエキス)「ビルベリーエキス」(ビルベリーの葉から抽出したエキス)があります。トウヒエキスは、うるおいを角質層のすみずみまであたえることで、健やかな肌に導きます。ビルベリーは角質層を柔らかくし、うるおいで肌を守り、肌のバリア機能を助けます。

その他、各スキンチューナーによって入っているデリシャス成分は変わりますが(後ほどご紹介します)すべて食物と植物の自然のチカラの成分を中心としています。

RMK化粧水の口コミ

やはり話題のRMK。スキンチューナーについても多くの口コミが書かれています。いろいろと読んでみましたが、なかなかの高評価が多かったように思います。(もちろん個人の肌質に合うか合わないかかの個人差はあります)高評価の中でも、特に多く見られたコメントをまとめてみました。

・毛穴が目立たなくなってきた
・乾燥感が減った
・肌がやわらかくなった
・朝も夜もスキンケアがかなり楽になった
・香りがいい(柑橘系とローズ系があるようです)
・保湿重視の方はトロミのあるテクスチャー 少しペタペタするが保湿力は強い

RMK化粧水の値段

さて、実際にRMKのスキンチューナーの気になる値段はおいくらなのでしょう?

・スキンチューナー各150ml 3,400円(税抜)
・スキンチューナーコンディショニング薬用保湿液 150ml 3,800円(税抜)