アトピーは脱毛出来ない?諦めないで!?敏感肌でも使える家庭用脱毛器とサロンをご紹介!

アトピーは敏感肌なので、脱毛処理は出来ないと思っていませんか?しかし諦めてはいけません。敏感肌でも使える家庭用脱毛器や通える脱毛サロンを紹介しています。普通の肌でも刺激が多い脱毛をいかに肌ダメージを与えずに脱毛するのか、それが選ぶポイントでしょう。

アトピーは脱毛出来ないのか?

アトピーは、皮膚の炎症を伴う病気であり、元々アレルギー症状が出やすい体質の人や体のバリア機能が弱い人に見られる皮膚の炎症を伴う病気です。かゆみや湿疹が出て、良くなったり悪くなったりと繰り返し、それが長年続くとなれば心身ともに苦痛を感じるものです。

そんな状態で脱毛をするとなると、それ相当の肌への負担が考えられます。では脱毛が出来ないのかと言うと、脱毛技術も進化しており、最近では敏感肌の人でも適応できるサロンやクリニック等もあります。そこでここでは、アトピーでも出来る脱毛方法と、オススメの家庭用脱毛器、脱毛サロンを紹介します。

アトピーと脱毛について

脱毛でアトピーが悪化する?

肌を綺麗にしたい、無駄毛を処理したいと願うのは誰もが同じ気持ちです。しかしアトピー性皮膚炎の人が脱毛をしてしまうと余計悪化してしまう、これは本当なのでしょうか?もし本当であれば、アトピーの人は脱毛を諦めなければいけないのか、結論から言うと、そうとは言い切れません。

カミソリやシェーバーは肌との密着度が高く、どうしても肌を傷つけてしまいます。普通の肌の人でも、アフターケアを徹底しなければ肌荒れを起こしやすくなるのですから、アトピーの人はそれ以上のケアが必要になってきます。しかし、専門知識を持ったプロの施術を受けることで、適した処理とケアを行ってくれるので安心して任せられるのです。

勿論、しっかりとカウンセリングの際にアトピーの事について相談をし、出来れば医師監修の元で行う医療レーザーがオススメです。施術によって悪化するかどうかは実際に施術を受けてみないと分からない点も多いので、それでも脱毛したいと言う気持ちが強ければ、まずは医師と相談をしてみてください。

脱毛クリームは大丈夫?

アトピー肌にカミソリやシェーバーは×と言うのであれば、脱毛クリームは大丈夫かと言うと、こちらもNGです。元々アトピー肌の人は肌が過敏に反応してしまうので、脱毛クリームに含まれる薬剤が肌に染みてしまい、余計悪化してしまうリスクがあります。

アトピー治療ではステロイド系の薬を処方されている人が多いのですが、この薬は皮膚の角層を薄くしてしまう為、益々バリア機能が低下していますから、そこにより刺激が加わってしまっては、想像するだけでもとても苦痛を伴いそうです。

カミソリやシェーバーとともに、脱毛クリームも使わないようにしてください。

脱毛器は大丈夫?

それでは家庭用脱毛器は大丈夫なのか?と思う人もいます。基本的にはアトピーの人が家庭用脱毛器で処理することは問題ありません。照射することで肌への負担が増えるのではないかと不安になるものですが、実際に刺激を与えているのは毛細細胞であって、肌の表面ではないので、特に刺激を感じることなく脱毛することが出来ます。