ひげは病気のサイン?考えられる病気は?!原因4つと自宅での脱毛のメリットやデメリット6つ!脱毛器の選び方など徹底解説!

ある日鏡を見てみたら、女なのに口の周りにうっすらひげが生えていた!こんな経験がある女性はあなただけではないのです。どうして女なのにひげができるのでしょう?またどうやったら誰にも知られずにうまく処理できるのでしょうか。そんな女性のひげについて調べてみました。口周りのひげに一人で悩んでいる方も、これを参考に自分で処理する方法やサロンや病院に行って対策をとる手段を見つけてみてはいかがでしょうか。

女の私にひげ?脱・髭ガール

毎日鏡を見ているはずなのに、ふと気が付いたらある日私の顔にひげが!こんなショッキングな経験をした女性は以外にも多いといわれています。若いころには口周りや顎のラインに産毛が生えていたけど、今となってはどうみてもひげにしか見えなくなっている人もいるでしょう。

どうして女の私にひげ?と思われるかもしれませんが、女性であっても日頃の生活によってはひげが生えると言われているのです。どのような生活をしていればひげが生えてしまうのでしょうか?またどうやったら悩ましいひげとさよならできるのでしょうか。脱・髭ガールに向けた取り組みをスタートさせましょう。

おしゃれの邪魔!ひげの原因

ストレス

女性のひげの原因の一つと言われているのがストレスです。現代では人間関係、仕事や勉強での悩みなどからストレスを多く抱えるようになりました。女性がストレスを抱えるとホルモンバランスが崩れると言われています。人間の体の中には女性ホルモンと男性ホルモンと呼ばれる物質があります。

このホルモンのバランスは健康状態や精神状態に大きく影響を受けて、どちらかが減少してどちらかが増大すると言われています。これをホルモンバランスが崩れるといい、精神面や体にいろいろな影響が出ると言われています。

女性は人間関係や仕事だけではなく、子育てなどの悩みなどストレスを抱えやすい環境にあります。この結果女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが増大してしまいます。男性ホルモンが増大すれば、ホルモンの作用である体毛の増大によりひげができてしまうのです。

睡眠不足

仕事の関係で寝る時間が遅くなったり、テレビを見たりネットをしたりして遅くまで起きている人も注意しなければなりません。ホルモンの分泌には脳からの指示が必要で、脳は起きている間ずっと活動しています。睡眠しなければ脳は休まることができず、睡眠不足になれば正しい指示ができなくなると言われています。

このためホルモンバランスが崩れてしまい、女性であるにも関わらずひげができてしまうのです。脳がしっかりと休息をとるために必要な睡眠時間は最低でも6時間と言われています。また例え6時間睡眠をとっていたとしても体がだるく、なんだか寝た気がしないという人もいるかと思います。

これは睡眠時間が確保できていても質の良い睡眠がとれていない可能性があります。副交感神経は睡眠中やリラックスなど落ち着いている時に働き、昼間の活動による疲労回復や体の修復を行うことができます。明るい場所で眠ったり、寝る前にスマホや本などを読んでいると副交感神経がうまく働かなくなり、しっかり寝ていても疲労を感じたりするのです。

これでは十分な睡眠が取れていないのと同じですので、睡眠不足と同じようにホルモンバランスが崩れてしまい、ある日自分にひげができていて驚くということになってしまうのです。

食生活の乱れ

ホルモンバランスの崩れは食生活にも影響されます。外食やデリバリーで食事を済ませていたり、カップラーメンやパンばかり食べるような生活をしていると野菜不足になってしまいます。野菜を食べなければ人間に必要なビタミンやミネラルが不足してしまい、ホルモンバランスを崩してしまうのです。

また女性に多いのはダイエットを目的とした偏った食生活です。断食や食事の回数を減らすなど体に栄養を摂取する機会を遮断したり、ばっかり食べといった食事生活はビタミンやミネラルを摂ることができません。このためホルモンバランスの乱れにつながり、体に様々な影響が出てきます。

ダイエットによって便秘や肌荒れなどを気にする人も多いかと思いますが、ホルモンバランスが崩れることで男性ホルモンが増大してしまうこともあります。これが原因でダイエット前に比べてひげが生えたと感じる人も多くいるのだそうです。

喫煙

ストレス社会において、女性の喫煙率が上がっていると言われています。若い女性であっても喫煙スペースでたばこを吸っている姿を見かけるようになりました。しかし女性の喫煙は体に多きな影響があるということをご存知でしょうか?たばこを吸うことにより女性ホルモンが大きく減少してしまうのだそうです。

たばこやたばこの煙を吸ったりすると、女性ホルモンが分解されてしまうということが分かっているのだそうです。女性ホルモンは女性らしい体作りや妊娠、出産にかかわる女性にとってとても重要なものです。女性ホルモンが減少すれば生理不順や不妊症、更年期が来てしまうなどあらゆる問題が生じてしまうのです。

妊娠中の喫煙はダメということは知っていても、妊娠していなくても女性の体に影響があるということを知らなかったという人は多いのではないでしょうか?女性ホルモンが減少すれば比例するように男性ホルモンが増大してしまうので、結果的に女性なのにひげができてしまうことになります。

どうする?濃いひげの悩み

カミソリで剃る

ホルモンバランスの乱れによって、できてしまったひげはどのように対処すればいいのでしょうか?ひげの対処法として一般的なのはカミソリで剃ることです。女性のフェイシャル用のカミソリや電動カミソリなど、顔の産毛を処理するカミソリはひげを剃るのにも使用できます。

女性のひげは男性のものと違い、色が濃いだけでやわらかいものが多いと思います。このため男性と同じような電気シェーバーでなくても十分にひげを剃ることができるのです。最近ではカミソリで皮膚が切れないように保護してあるものや、化粧ポーチに入れられる折りたためるものなど様々な商品が販売されています。

こういったものを利用して、ひげが伸びていたらカミソリで剃るという習慣をつけている人は多いと言われています。あるカミソリの会社の調べによると女性のほぼ半数がカミソリによってひげの処理をしているという結果も出ているようです。ひげ全体を処理するという場合にはカミソリが一番手っ取り早い手段なのかもしれませんね。

毛抜きで抜く

中には濃いひげが口のまわりや顎のラインにぽつぽつあるという人もいるようです。またカミソリで処理してもまたすぐに生えてきてしまうと思っている人や、カミソリで剃ると濃くなると思う人はひげを毛抜きで抜いているそうです。一本一本抜く作業は手間ではありますが、全部抜いてしまえばしばらくはひげに悩まされることはありません。

女性のフェイシャル用品として毛抜きを販売している場所も多く、商品も毛をしっかりとつまめるものや、女性らしい色でコーティングされたものなどを手に入れることができます。鏡の前で眉毛の形を整えるタイミングで一緒にひげも毛抜きで抜くという人は多いようです。

またお出かけした先でうっかり処理し忘れたひげを見つけても、毛抜きは手のひらサイズで化粧ポーチにしのばせることができるのでトイレに立った時にでも抜いてしまえるのも人気の理由です。カミソリでは化粧が落ちてしまうと思う人が毛抜きを採用することもあるのだそうです。

脱毛クリームを使用する

腕や足のムダ毛処理に脱毛クリームを使った経験のある人は多いかと思いますが、最近は顔回りにも使える刺激の少ない脱毛クリームが販売されています。これを使用して顔回りの産毛だけでなくひげも処理するという人もいるのだそうです。

脱毛クリームの利点はカミソリや毛抜きにありがちな、剃り残しや抜き残しを防ぐことができることです。フェイシャル用の脱毛クリームには口髭などにスポットを当てた商品もあり、カミソリ負けしてしまう人や毛抜きが苦手な人にはオススメです。

お風呂に入っているときや、家で時間があるときにちょっと抜いて放置するだけで綺麗にひげが無くなります。鏡に向けって格闘する時間がない人や、口周りのひげが多い方にはうってつけの処理方法だと思います。

家庭用脱毛器を利用する

家庭用脱毛器を利用してひげを処理する方法もあります。家電量販店に行けば女性用の美容家電が沢山並んでいます。その中にフェイシャルケアの美容家電が数多くあることをご存知でしょうか。回転式のプラグによって力を使わず脱毛できる機械や、エステなどで使われているレーザーを取り入れたものまで幅広く取り揃えられています。

レーザーを使った脱毛器はエステに比べると出力が抑えられているものの、使い続けることでひげが生えてくるのを徐々に遅らせることができます。また高周波によって脱毛する機械などもあり、インターネットでも手軽に手に入れることができます。

家庭用脱毛器はこれまでのアナログな手段とは違い、毛根にアプローチすることができます。これによってコンスタントに処理しなければならなかったひげも、徐々に少なくなっていくというのが大きな魅力です。美容に敏感な女性は家庭用脱毛器を使うという人も多いのではないでしょうか。

エステや医療機関で脱毛

自分でひげの処理をするのは面倒くさい、お肌のケアも考えたらプロに任せるのが一番という人はエステや医療機関を利用して脱毛しているようです。エステサロンにはレーザーや高周波による脱毛のプランがあり、自分の肌のコンディションにあったものをエステティシャンと相談しながら決められるというメリットがあります。

また医療機関でも脱毛後のケアや消毒などをできるので、脱毛後に皮膚がかぶれてしまったり毛穴が目立つという心配もありません。特に自分は寝ているだけでいいというのも、大きなメリットだと考えられます。多少費用は掛かりますが、社会人の女性などはエステで定期的にケアしているという人も多いのだそうですよ。

ひげ剃りした方がいいの?

カミソリで剃ると濃くなる

口周りのひげが気になるけど、カミソリで剃ったら余計濃くなるという話を聞いて処理に困っているという人は多いかと思います。腕や足のムダ毛の処理でも、カミソリを使うと濃くなるという話はよく聞きます。しかし一般的に言えばカミソリを使って剃ったからと言って濃くなる原因にはならないのだそうです。

自然に生えた毛は先端が細くなっています。しかしこれをカミソリで剃ってしまうと毛の途中が切れることで断面が大きくなってしまうのです。これによって剃る前よりも太く見えてしまうことから、剃った後生えてきた毛が太く見えるのだそうです。毛はその後伸びるときに細くなっていき、剃る前と同じ状態に戻るのだそうです。

また正しい使い方をしなければ、カミソリで剃った後の毛が太くなる可能性もあるのだそうです。毛は皮膚を守るために生えているので、カミソリで皮膚を傷つけるように剃ってしまえば、皮膚を守ろうとして毛が濃くなっていくのだそうです。毛の流れに逆らうように剃ったり、肌を削るようにすれば結果的にひげが前よりも濃くなってしまう原因になります。

肌にダメージを与える

カミソリでひげを剃るときに皮膚の角質を削ってしまうのではないかと考えている人も多いと思います。確かにカミソリで皮膚を削るように剃ってしまえば肌は傷つき、剃った後に赤くなってしまうこともあります。またカミソリ負けしてしまう人はひげの処理にカミソリを使うだけで肌にダメージを与えてしまいます。