ブラジリアンワックスはデメリットが多いって本当?特徴と注意点

海外では一般的なブラジリアンワックスは、肌の弱い日本人には若干デメリットも多いようです。一体どんなリスクがあるのか、サロンやクリニックでの5つの注意点、手軽に出来るセルフ・ブラジリアンワックスのメリット・デメリット、基本的な使い方について紹介しています。

ブラジリアンワックスって?

脱毛で検索すると、「ブラジリアンワックス」と言う言葉が出てくることがありますが、これが何のことであるのか分かる人はそう多くないでしょう。ワックスと付くのですから液体の物といったイメージですが、そもそもワックス脱毛を先に知っておくべきです。

これはドロッとした、まるでワックスのような液を無駄毛の気になる箇所に塗って、しばらくすると固まってくるので、一気に剥がすことで無駄毛も一緒について来ると言う、原始的な方法でしょう。ブラジリアンワックスはこの液体を、VIOというデリケートゾーンの周りに塗って脱毛することを言います。

しかし、デリケートな部分だけに塗って大丈夫なのか?と言った不安もありますが、実際のところ、デメリットもあるようです。そこでここではブラジリアンワックスの注意点やデメリットについて、セルフで使う時の正しい使い方について紹介しましょう。

ブラジリアンワックスの特徴について

なぜ人気が高いのか?

モデルたちの間ではブラジリアンワックスはとても人気が高く、知らない人はいない程です。一般女性の場合は、一年を通して水着になる時期も限られており、デリケートゾーンを人に見せる機会もそう無いかもしれません。しかし、モデルたちは何度も撮影の為に洋服を着替え、水着や下着で撮影することも多いはずです。

そうなるとどうしてもはみ出してしまうリスクがありますから、処理することを余儀なくされるわけです。最近ではサロンやクリニックでもブラジリアンワックスを行っている所もあるので、利用するモデルたちも多いようです。

最近ではモデルのような美を目指したいと言う女性が増えてきていて、ブラジリアンワックスをする人も多いのです。美を目指す女性にとっては、普段あまり人に見せることがない箇所も綺麗にしておきたいと思っているのかもしれません。

メリットについて

人気が高いのは分かっても実際使うとなると、どれほどまでの効果があるのか、メリットについて気になるものです。一番のメリットと言えば、やはり自由に形を作ることが出来ることです。医療レーザー脱毛や光脱毛は、まず初めにカウンセリングでやりたい形をイメージして決定していきます。一度決めたらそのままその形で脱毛をしなければいけません。

一方、ブラジリアンワックスは、色々な形にすることが出来ますし、一度脱毛をしても、しばらくすると元に戻すことが出来るといった魅力があります。実際にレーザー脱毛や光脱毛で施術を受けて、形が失敗してしまったと後悔している人は意外と多いようです。形について何度もやり直しが効くというのは、脱毛をする上で最大のメリットと言えるでしょう。

海外では常識!?

正直なところ、日本ではブラジリアンワックスを知らないといった人が多いようです。ワックスという名が付いているので、「ブラジルで使われているワックス脱毛」なんて言った認識を持ってしまっている人もいます。しかし海外では、この脱毛法が当たり前のように日常生活の中で取り入れられているようです。

日本では主流であるレーザー脱毛よりも一般的なのです。又、サロンの施術メニューの中にごくごく自然に入っています。それは女性だけが行う施術ではなく、男性の間でも浸透しており、男性専用のワックスサロンが存在していたりします。

日本人女性を彼女に持つ海外の男性の多くが驚くことが、デリケートゾーンの処理についてです。きちんと処理していないとびっくりする人が多く、やはり日本は海外に比べると、ブラジリアンワックスの浸透度が薄くて、知識も海外から遅れを取っているわけです。

遅れているとは言っても、最近では海外女性に憧れる人も増えていて、ブラジリアンワックスをしたいと願う女性も増加していますので、いつの日か日本でも常識になる日が来るのかもしれません。