鶏胸肉のダイエットで痩せやすい身体づくりができる!?効果的な5つの方法から気になる口コミまでを大公開!

鶏胸肉ダイエットならダイエット中に不足しがちなたんぱく質やビタミンを摂取しながらきれいにやせることができます。間違ったダイエットだと、筋肉量が落ちてしまい、太りやすい身体を作っているだけです。低カロリーの鶏胸肉ならきちんと食べても痩せやすい身体づくりができます。効果的な鶏胸肉ダイエットの方法やレシピなどをご紹介します。

鶏胸肉ダイエットとは?

鶏胸肉ダイエットとは「健康的ダイエットの代表格」である

鶏胸肉ダイエットでは、文字通り鶏胸肉を食べてダイエットしようというダイエット方法です。ダイエットの基本は低カロリー、低糖質でバランスの取れた食事をきちんと3食食べるということです。鶏胸肉は糖質ゼロ、低脂質で低カロリーとダイエットの基本が抑えられているのです。

その上、高タンパクでビタミンB群やビタミンAが含まれていて、筋肉量を減らさずに代謝も上がるという嬉しい食材なのです。また、イミダゾールジペプチドという物質も多く含まれていることがわかり、これがダイエットのサポートもしてくれるのです。では、鶏胸肉に含まれる成分がそれぞれどのようにダイエットに効果的なのかご紹介していきます。

鶏胸肉ダイエットで効果的に痩せられるといわれる5つの理由

1.低糖質、低脂肪、高タンパクで低カロリー

冒頭で触れたように、鶏胸肉は糖質ゼロ、皮や脂肪の部分を取り除いてしまえば脂質もごく少量なので、低カロリーです。ダイエットをしているとどうしても「低カロリー」にばかり気をとられがちで、タンパク質の摂取を怠りがちです。タンパク質をしっかり摂ることはダイエットによる貧血も防ぐために必要なのですが、筋肉を減らさないという意味でも重要な栄養素なのです。

2.燃焼系ビタミンが豊富

鶏胸肉に含まれるビタミンAやB群がダイエットをサポートしてくれています。ビタミンB群の中でも、特にビタミンB6やナイアシン、パントテン酸が多く含まれていて、これらはタンパク質や脂質の代謝促進のサポートをしてくれるのです。代謝が上がると消費カロリーが増大することにつながるので、鶏胸肉に含まれるビタミンはダイエットのサポートをすると言えると思います。

3.イミダゾールジペプチドで疲れ知らず

イミダゾールジペプチドという成分、聞き慣れないかもしれませんがね。でもこのイミダゾールジペプチドはダイエッターを支えてくれる存在なのです。

ダイエット中は摂取カロリーを抑えているので、普段より疲れやすく感じる方がいます。そんな時、イミダゾールジペプチドは疲労回復に役立ってくれるのです。身体の疲労だけでなく脳疲労にも役立つようなので、仕事が立て込んだ時にも鶏胸肉の摂取をおすすめしたいですね。また、ダイエット中のイライラもこのイミダゾールジペプチドが落ち着かせてくれます。

1日に鶏胸肉60~100グラムを摂取すればイミダゾールジペプチドの1日量は摂取できてしまうので、しっかり鶏胸肉を食べてイミダゾールジペプチドにダイエットのサポートをしてもらいましょう。鶏胸肉ダイエット中の方はもちろんのこと、ダイエット中でない方も意識して取り入れたいですね。

4.消化が良いから胃腸への負担が少ない

意外なことに鶏胸肉には水分が約75パーセントも含まれています。それに皮や脂肪の部分が取り除かれた鶏胸肉では脂質がゼロなので、消化されやすく胃腸への負担も少なくなります。ダイエットのサポートをしてくれる栄養もしっかり吸収できるのです。鶏胸肉ダイエットは健康な胃腸あってこそ効果が期待できるのです。

5.経済的負担が少ないから続けられる

過度の食事制限とツライ運動で一気に痩せると、体重は落ちますが体力も落ちてしまったり、リバウンドしやすかったりするので、ダイエットはじっくり行っていった方がより健康的に痩せられるのです。しかし高価な食材では経済的負担が多くなってしまうとダイエットを継続することができなくなってしまいます。

鶏胸肉なら他の肉に比べて非常に安価で経済的負担になりにくい上、良質なタンパク質と豊富なビタミンが含まれているのです。鶏胸肉はダイエットに最適な食材と言えるでしょう。また、ダイエット中は1人だけ別メニューとなりがちですが、良質なタンパク質を摂取してほしい成長期のお子さんにも良い食材なので家族みんなで同じメニューにすることができますね。

鶏胸肉ダイエットのやり方

①1食だけでOK!鶏胸肉置き換えダイエット

鶏胸肉ダイエットで最も有名なのが置き換えによる方法です。1日3食のうち、1食を鶏胸肉に置き換えるのです。3食のうちどの食事を置き換えるかは自由なのですが、朝食を置き換えるのはあまりおすすめできません。朝食は脳や身体を目覚めさせる役目もあるので、バランスの良い食事をしっかり摂った方が良いからです。

置き換える1食の食事は、鶏胸肉は200グラム前後を食べれば良いとされるのですが、なんだか物足りない、ひたすら鶏胸肉ばかりでは飽きてしまう…という方は野菜をプラスしてみてはいかがでしょう。野菜の種類は葉物がおすすめです。野菜はたくさん食べても大丈夫ですが、糖質に分類されるとうもろこしやイモ類は控えましょう。

また、ドレッシングは脂質が多いので摂り過ぎると鶏胸肉ダイエットの効果が現れないので注意しましょう。