黄ニキビの跡を残したくない!自宅でできる3つのケア方法で改善♪

黄ニキビとは、ニキビが悪化して膿を持つほどになったものです。黄ニキビは潰したりすると、目立つニキビ跡が残る危険があります。黄ニキビになるほど悪化してしまったら、すぐに正しい治し方で治療する必要があります。黄ニキビの正しい治療の仕方をわかりやすく説明いたします。

跡の残らない黄ニキビの治し方は?

ストレスや偏った食生活、睡眠不足などにより、皮膚のターンオーバーが乱れると、厚くなった角質が毛穴の出口をふさぎ、皮脂が排出されずに中に詰まってしまいます。詰まった皮脂をそのまま放っておくと、毛穴の中で皮脂を栄養にするアクネ菌が過剰に繁殖し、炎症が起きてニキビができてしまいます。

中でも、ニキビが悪化して化膿し、黄色い膿が出た状態を黄ニキビといいます。この状態になると、ニキビが治ってもニキビ跡が残ってしまう危険性があります。ニキビ跡を残さないためにも、自分で潰したりせず、早めに正しい方法で処置することが大切です。

黄ニキビってとうゆうもの?

ニキビの症状には、4つの段階があります。それぞれ白ニキビ(皮脂が毛穴に詰まった状態)、黒ニキビ(中に詰まった皮脂が酸化で黒ずんだ状態)、赤ニキビ(炎症している状態)、黄色ニキビ(菌の死骸などが膿として溜まった状態)となります。

黄ニキビは、ニキビが重症化してしまった状態です。毛穴に溜まった膿が皮膚から透けて、黄色っぽく見えるため黄色ニキビといいます。

炎症を起こしたニキビが悪化したもの

炎症を起こした赤ニキビを放置すると悪化して、膿をもった黄ニキビになります。この段階まで悪化すると、痛みを伴います。さらに、黄ニキビになると、皮膚の真皮層にまで影響が及んでいるので、自分で潰してしまうと、跡が残ってしまうことがあります。

黄ニキビは跡が残りやすい

ニキビができた毛穴の中では、ニキビの原因菌アクネ菌と体内の白血球が戦っています。ニキビが進行するとこの戦いが激しくなり、炎症も大きくなります。毛穴の中に膿を持つ段階になると、アクネ菌だけでなく、膿を出させている黄色ブドウ球菌も毛穴の中で増殖しています。

この時、ニキビのできている毛穴の周囲の皮膚組織も、かなり破壊されています。この影響が、皮膚の一番下の真皮層にまで至ると、ニキビが治癒した後も皮膚が陥没し、クレータのような跡が残ったり、色素沈着が起こる可能性が高くなります。

毛穴の中でアクネ菌と黄色ブドウ球菌が増殖

毛穴の中で、アクネ菌が増殖するとアクネ菌の出す脂肪酸が、毛穴を傷つけて炎症を起こします。そうすると、その傷の部分に黄色ブドウ球菌が増殖し、黄色い膿を持ちます。

この様に、化膿して炎症が拡大してしまったニキビは、お肌の奥にまで影響を及ぼします。そうすると、跡にボコッとクレーターのような穴があいてしまうことがあります。

黄ニキビの3つのケア方法

ニキビを作らないためには、日頃から睡眠をしっかり取ったり、皮脂の分泌を増やす男性ホルモンの分泌を抑えるため、ストレスを溜めないようにすることなどが役立ちます。