ニキビの種類はこんなにあった!徹底解説!5段階別の原因や症状別のケア方法をご紹介!素早く治して素肌美を手に入れよう!

男女も年齢も問わないイヤなニキビ。誰もが一度は悩んでしまったことがあると思います。見た目の問題はもちろんですが、痛みや腫れ、また治ってもしっかりとニキビの跡、更に再発…と、コンプレックスになってしまっていませんか?ニキビには種類があり、適切で素早い処置が繰り返さない鍵なんです!ここでしっかりと自分のニキビに向き合って、早く治すための方法を考えましょう!

ニキビの種類を知って適切なケアを!

ニキビに悩まされる方はとても多く、日本人の80%がニキビトラブルで悩んだことがあるという統計もあります。特に日本人は肌トラブルにはとても敏感で、ニキビケアの為の化粧品やケア用品は日々CMやドラッグストアで見かけますよね。

しかし、ニキビには段階別に症状が違い、異なったタイミングや間違ったケアを行うことで余計に悪化させてしまったり、治りを遅くしてしまうことがあります。自分のニキビはどんな状態なのか、それに合うケア方法はなんなのかを見つめ直して、出来る限り早い治療を心がけていきましょう!

ニキビの種類

ニキビの種類は5種類あった!

ニキビの原因は様々です。年齢、ホルモンバランス、環境、ストレス、体質変化…それらの原因で起こる「皮脂の過剰分泌」や「乾燥による毛穴詰まり」などが、ニキビの原因菌であるアクネ菌を増やしてしまう結果に繋がっています。

ニキビの種類を段階順に分けてみると、「白ニキビ」→「黒ニキビ」→「赤ニキビ」→「黄ニキビ」→「紫ニキビ」となり、段階によっては自己ケアではより悪化させる状態になってしまうものや、将来的に跡に残りやすいもの、シミの原因になりやすいものなどがあります。なるべく初期のうちに解決出来るよう、適切なケア方法や予防方法をきちんと行えるようにしておきたいものですね。

思春期ニキビと大人ニキビの違いとは

ニキビは思春期の頃に出る「思春期ニキビ」と、大人になってから出る「大人ニキビ」と呼ばれるものがあり、実はこれも原因が少し違います。

思春期ニキビは、主に男性ホルモンが活発化する10代始め〜後半にかけて起こるもので、男女問わずTゾーン(おでこや鼻、頬)に出やすいニキビです。皮脂が活発に分泌され、それらが毛穴に詰まるとアクネ菌が増殖して起きるもので、夏になるとひどくなってしまう傾向があります。

大人ニキビは、皮脂分泌が落ち着きをみせる20代前半以降に、主にUゾーン(耳下から顎にかけて)や口周りに起きやすくなります。これは主にホルモンバランスの乱れが原因で、肌代謝が悪くなったり血流が阻害されたりして皮膚が乾燥し、乾燥した皮膚が角質を作り、その角質が毛穴を塞いで起こるというサイクル。

思春期ニキビの初期の場合は肌を清潔にし、必要な段階であればアクネ菌の増殖を抑える薬を使うといった基本ケアで充分な場合が多いですが、大人ニキビは古く固くなった角質をソフトピーリング剤などで取り除いたり、肌代謝を正常に戻す、ホルモンバランスを整えるなどの「体の中からのケア」が必要になる場合があります。

どちらも悪化させればニキビ跡や色素沈着、シミやそばかすの原因になりますので、早期治療を心がけるようにしましょう。また、普段からビタミン剤や規則正しい食生活などを心がけるようにすれば、ニキビの悪化を食い止めることにも繋がります。

写真でチェック!種類別原因と治療法

では、次からニキビの症状を写真別でご紹介します。自分の悩んでいるニキビと見比べてみて、今、自分のニキビがどの程度のものなのか是非確認してみてください。見分け方は、ニキビそのもの(患部)や周囲の皮膚の炎症の度合い、色味がポイント。ニキビの種類は色で分けて考えられることが多く、赤みが強くなっているものほど炎症度合いも進行している状態です。

炎症が起きていないのに抗炎症剤の薬を使ったり、炎症がひどくなっているのに悪化させるようなケアをしてしまっている場合がないか、もしも使っている薬などがあったら、それも一緒に良く見直してみるとより効果のあるケア方法を見つけ出せるかもしれません。

ニキビ初期・白ニキビ

症状・写真

「ニキビ」と呼ばれる症状の、最も初期段階がこの白ニキビの状態です。腫れや赤みはなく、痛みもほとんどないという場合が多いです。毛穴やその周囲の皮膚がポコンと小さく盛り上がっているような状態で、触るとザラッとしたような感触があります。

稀に軽い痒みを感じ、ポリポリとかいてしまう場合もあり、その際に芯のような白い小さな皮脂の塊が取れることがあります。これは皮脂が毛穴の中で固まったものなのですが、これが取れてしまい治る方と、悪化してしまう方もいます。

原因