ニキビを潰すとどうなる?やめたい5つの理由!やめられないのは依存症かも!?後悔しないための依存症脱却方法もご紹介!

ニキビは潰してはいけないと知りつつも、潰してしまう人はたくさんいるのではないでしょうか。しかし、そのニキビを潰す行為は、後悔を引き起こすことにもなりかねません。潰すことがやめられないという人は、依存症になっているのかも…。潰す行為の悪影響と、依存症から脱却するための方法をご紹介します。

「ニキビ潰す」で検索したあなたへ

どうしても潰したくなってしまうニキビ。治りが早いような気もするし、潰してもいい状態のニキビもあるかも…。そんな風に考える気持ちもよくわかります。この記事では、ニキビを潰すことによる影響や、ニキビを潰したくなってしまう理由、そしてその対処法についてご紹介します。

結論から先に言えばニキビは潰すべきではない

真皮が傷つく

ニキビを潰してはいけない第一の理由は真皮が傷つくことです。真皮とは、肌の内側の部分。肌の組織の大半を占めていて、肌の本体であると言うこともできます。

普段表に見えている肌は表皮と言います。傷が治るのはこの表皮のみに傷がついている場合。その下の真皮があることによって表皮が再生するのです。ところが、真皮を傷つけてしまうと、その部分は表皮も含めて再生することはありません。

ニキビは非常に根が深いところまで入り込んでいることがあるので、ニキビをつぶしてしまうと真皮を傷つけてしまうことがあります。すると、その部分は再生できなくなってしまうのです。

跡が残る

真皮を傷つけてしまったとき、そこに残るのはニキビの跡です。きちんと治療をすれば、真皮を傷つけてしまうことはまず考えられず、従って跡が残ることもほとんどありません。

しみになる

ニキビをつぶしてしまうと、その部分がしみになってしまうこともあります。肌に刺激を与えると、メラニンという物質を生成して肌を守ろうとする働きがあります。そして、このメラニンというのはしみの原因となる物質でもあります。

つまり、ニキビをつぶしてしまうとその刺激によってメラニンが生成され、その部分にしみができてしまうことになるのです。

クレーター状の穴があく

ニキビを潰したときにその周辺部分を大きく傷つけてしまった場合には、クレーター状の穴が開いてしまうこともあります。このような状態になってしまうと、化粧などを用いても隠すことは困難になります。この状態になってしまってから治療を行おうとすると、大きな負担がかかることになります。

今大丈夫でも加齢とともに現れる

これらの症状の恐ろしいところは潰してすぐは大丈夫だったり、しばらくしても症状がでなかったりすることです。

しかし、それで油断してはいけません。今肌の状態が良いとしても、加齢によって肌のコンディションが悪くなってきたときに突然これらが現れてくることもあるのです。特にしみなどは他の条件と相まって現れやすい症状であると言えるでしょう。

肌へのダメージの蓄積を避けるためにも、ニキビは潰さずに治療をすることが大切です。

ニキビには5種類ある

1.白ニキビ

白ニキビはニキビの一番初期の段階です。毛穴に皮脂が詰まった状態のことを言い、その下に皮脂や角栓などの汚れが溜まって白く盛り上がって見えることから、白ニキビと呼ばれています。

白と言っても、肌とほとんど変わらない色だと思ってください。白い液体が溜まっている場合には白ニキビではなく、黄ニキビに分類されます。

この段階では炎症も起こっていませんし、痛みを感じることはほとんどありません。しかし、一度にたくさんできてしまったり、治ったと思ったらまた出てきたりと、意外と厄介な部分もあります。

2.黒ニキビ

黒ニキビは、白ニキビの皮脂が酸化して黒くなった状態です。この状態になると、見た目としては少し目立つようになりますが、まだ炎症は起こしていないので、痛みを感じることはほとんどありません。

上手にケアをすれば、洗顔だけで改善できる場合もあります。

3.赤ニキビ