99%ケミカルでもオーガニッククレンジング?!正しい選び方とは

オーガニッククレンジングは巷でもたくさん溢れていますが、種類が多すぎて何を基準に選べば良いのか分からない!という方のために、正しいオーガニッククレンジングの選び方や肌質別のおすすめクレンジングについてご紹介します。

オーガニッククレンジングの魅力


Pinned from timeless-edition.com

日本でもここ数年でオーガニックブームになって、食品やスキンケアなど少しずつ成分を気にするようになってきた方も多いのではないかと思います。でもオーガニックのクレンジングと聞くと肌に優しい代わりに全然落ちないんじゃないか?と少し不安だったり、そもそもオーガニックコスメってどれを選んだらいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

ここではそもそもオーガニックコスメとはどんなもの何を基準で選べば良いのか。そしてオーガニックコスメとして販売されていてる中で肌質別のおすすめクレンジングをご紹介させていただきます。

安心なオーガニッククレンジングの選び方

オーガニッククレンジングも今、世界中から色々販売されていて一体どれが安心できるブランドなのか分からないという方の為に、オーガニックについての基準やご自身でクレンジングを選ぶためのポイントをご紹介させていただきます。

偽オーガニックコスメに注意!


Pinned from locari.jp

巷では様々なオーガニックと謳う製品が溢れていますが、じつは日本にはまだ、「オーガニック」に関する表示規制がないそうです。そのため国産の製品の場合、たとえ植物成分が1%であとはケミカルでも、堂々とオーガニックコスメといって販売できてしまうのそうなのです。

日本でもナチュラル志向になりつつありますが、オーガニックという言葉に惑わされやすい私たち消費者目線に着目して、99%ケミカルな成分を使った「偽オーガニックコスメ」も堂々と販売されています。

特に一日の始まりと終りに使うクレンジングには、しっかりとした、安心できる成分で使いたい物ですよね。まだ法律で守られていない以上、私たちが見極める眼をしっかりと持って自分の肌をトラブルから守っていきましょう。

オーガニック認証を受けたものを選ぶ

日本では残念ながら明確なオーガニックの判定基準がありませんが、オーガニックコスメの市場が幅広く占めているとされるヨーロッパでは認証期間によってしっかりとしたオーガニック基準があるそうです。また時々、オーガニック認証を取得した原料だけを使い製品自体ははオーガニックの承認をされていないものもあるので見極めは必要です。

国によっても多少内容は異なるものの、オーガニックコスメで重要なのは「地球環境を尊重する」企業であり、「消費者に対して明確な成分表示を行っている」事が大前提となります。そしてこれ以外にも下記の5つの基準を、ほとんどのオーガニック認証機関が設けている所が多いそうです。

1、95%以上の成分が天然由来
2、オーガニック認定を受けた原料を10%以上使用
3、石油由来成分をエキス抽出の溶剤及び製品中に使用しない
4、保存剤、防腐剤は認可された安全なもののみを使用
5、動物実験を行わない