下の毛の処理どうしてる?家庭用脱毛器なら全身使える!?今どきの理想の毛量や形!やり方と注意点を詳しく紹介

下の毛で悩んでいる女性はとても多いのです。どうやって処理をしたら良いのかとか、毛を薄くしたいとか、形を変えたいとか、下の毛には意外とみんな悩まされています。 恥ずかしくて人に相談出来ない、という人もいると思います。そこで、今回は下の毛の処理方法や、処理をする際の注意点、人気の下の毛の形や理想の量についてもまとめていますので参考にして下さい。

下の毛の処理について

みなさん、下の毛ってどうされていますか?場所が場所なだけに、人に聞けなかったりする事もありますよね。自分では濃いような気がしてきになるけど、どんな処理方法ですれば良いのか、わからない場所でもありますよね。

日本人は、下の毛は処理をしないという人もまだまだ多いですが、欧米では、下の毛は処理をするのが当たり前のようです。女性だけでなく、男性も処理をしているくらいです。日本人でも気になって仕方ないという人は、自分で処理をしている人もいると思います。

しかし、間違った処理は、デリケートな場所なので黒ずみや肌荒れの原因にもなってしまい、毛が皮膚の下に埋まってしまう、埋没毛になってしまったりすることもあります。肌が敏感な場所ですので、自己処理があらゆる肌トラブルのを招いてしまいます。

下の毛の正しい処理方法を知って、毛の悩みを解消すると共に、肌トラブルを未然に防いでいきましょう。下の毛の理想の毛の量や形をまとめていますので是非参考にして下さい。

どんなやり方があるの?

はさみやカミソリ

下の毛の処理で、はさみやカミソリを使うという人は多いでしょう。はさみで処理する方法は、カットのみで気軽に出来るので、誰にでも出来る処理方法です。思い立った時などに、素早く気になるところを処理できるのが大きなメリットです。

しかし、はさみで処理するのは、毛先が鋭角にカットされるので、下着から毛が突き出てしまうこともあるので注意が必要です。そして、毛先が肌を刺激してチクチクしたりすることがあるようです。慣れるまでカットが上手くいかずに、毛の長さがバラバラになってしまうこともあるので、慎重に行いましょう。

カミソリは、毛の処理には良く使われますね。カミソリもそんなにコストもかかりませんし、気になったときにすぐに剃ることができるので、愛用している人は多いようです。しかし、カミソリは、肌への負担がとても大きいのです。

手足でも剃り続けていると、肌トラブルが起きたりするので、下の毛に使うのはあまりおすすめはしません。たまに、応急処置で使用するくらいであればいいかもしれませんが、デリケートゾーンに続けて使うのは、確実に肌トラブルを招いてしまうので注意しましょう。

毛抜き

下の毛の処理に、毛抜きを使うという人も多いようです。部分的に気になるところだけを処理できて、手軽に行えるので使っている人は多いのですが、毛抜きは最も悪い自己処理方法です。

剃るよりも抜いたほうが、すぐに毛が生えてこなくていいと思うかもしれませんが、痛みもあるし、埋没毛などのトラブルが発生やすくなってしまいます。下の毛に限らず、毛抜きは最も肌にダメージがかかる処理方法なので、あまりオススメできません。

ヒートカッター

下の毛の処理に、ヒートカッターというものを用いている人もいるのではないでしょうか。このヒートカッターは、電動のシェーバーのような形状をしていますが、実際は電熱線が発熱して、毛を手入れが出来るというアイテムなのです。

ですので、はさみでカットした時のように、カットした毛が鋭角にならずに、先が丸まった状態になるようです。その為、処理後のチクチクした痒みをなくすことができ、下着から毛が突き出してしまうことも少ないようです。

ヒートカッターは、一般的にコームに発熱する熱線がついたものが多いようです。このヒートカッターは、毛の量や長さを調節したい時にはおすすめです。ただ、一度にたくさんの毛を処理できないことが、デメリットではあるようです。

少量の毛を、少しずつ熱線にあてて、熱が伝わりやすいようにしてカットしていくのがポイントです。ヒートカッターを使って、全体の毛を1~2cm程度の長さに揃えるようにするといいですね。一気にせずに少しずつコームでとかして、全体の雰囲気を見ながらカットしていきましょう。

除毛クリーム

下の毛の処理は、デリケートゾーンなど肌が敏感な場所にも使える、除毛クリームもオススメです。除毛クリームは毛を溶かしていくので、基本的には毛の先がとがらないので、チクチクする事はありません。