高校生の脱毛が急増中!?抱える裏事情とは?ミュゼがオススメのワケと親が心がける「2つ」のポイントを紹介!

高校生にオススメの3つの脱毛方法

1.脱毛クリーム

脱毛クリームは脱毛と言うよりも除毛、抑毛と言った意味で使うクリームです。市販されているので、手軽に購入することが出来ますし、その費用も高校生のお小遣い程度で買えるので、利用者も多いのです。勿論しっかりとした脱毛ではないので再び生えてきてしまう頻度が高くなりますから、こまめな処理が必要になります。

ただ、手軽さから購入する高校生が多いのですが、中に含まれる薬剤によっては、元々肌が弱い人にとっては強い刺激となって肌荒れを起こしてしまうリスクがあるので、十分注意が必要です。

2.脱毛器

最近は家庭用脱毛器が多く登場していて、機能性も高く、サロンとそう大差が無いような脱毛器も存在します。何よりもメリットとなるのが、自宅で誰に会うことなく手軽に脱毛が出来ると言うことです。思春期なので、無駄毛に対するコンプレックスも多く、他の子よりも綺麗になりたいと願う気持ちが強くなっています。

とは言っても、サロンやクリニックに通う為のお金も無い、そこでお年玉やアルバイトの収入程度で購入することが出来る脱毛器がオススメなのです。肌の状態は十人十色なので、自分の肌に出来るだけ近い出力になるように、切り替え段階が10程あるような脱毛器を選ぶと良いでしょう。

3.サロン・クリニック

脱毛クリームや家庭用脱毛器は自宅で手軽に出来ますし、コストも割安なのですが、効果を考えると、何度も頻繁に処理しなければいけないと言うことで、肌へのダメージも大きくなってきます。知識も少ない素人が下手に処理しようとしては、逆に肌が悲鳴を上げることになりかねません。

そこで思い切ってサロンやクリニックに通うのです。技術の高いスタッフ・医師と共に、高機能マシンによる施術は1回でも効果が高く、その後のアフターケアも徹底しているので、肌トラブルを起こしにくいと言うことで注目されています。無駄毛に悩む高校生にとっても憧れの場と思っている人が多いのです。

勿論1度で終了することが無いので、何度か通うことになればそれに比例して費用もかかってきます。しかしそれ以上に無駄毛についてコンプレックスを持ち、深刻に考えているので、アルバイトの収入を捻出しながら施術を受ける学生も意外と多いのです。

ただし、未成年の場合は、契約の際に親権者の同意が必要であると言うことを理解しておきましょう。

親が心がける2つのポイント

1.子供任せにしない

脱毛の価格が安くなったことで、未成年でもお小遣い程度で脱毛が出来る時代になりました。その為、大人だけが受ける施術と言ったイメージですが、最近では客層が低年齢化するのも自然な流れと言えるでしょう。こう高校生だから自分のことは自分で決めるでしょう、なんて親もいますが、これは間違いです。

10代は未成年であり、高校生であれば当然、色々な事に対して親権者としての義務が生じてきます。子供が決めたことだからと子供任せにしないことが大事な要素です。まだ考え方が未熟な部分もあり、本当に脱毛が必要なのかどうかもしっかりと判断出来ない年頃ですから、きちんと親としての意見も交えることが大事です。

子供の言い分を聞いて、脱毛すべきかどうかを判断し、決して子供任せにしてはいけません。どうしてもそのことでコンプレックスに感じてしまって学校へも行けなくなってしまったと言った理由があれば、親子で考えてサロンやクリニックに通うことも一つの方法だと思います。まずは親子でしっかりと話し合う必要があるのです。