除毛クリームの仕組みは簡単!脱毛クリームとの違いやveetがオススメの理由とデリケートゾーンOK?など徹底解説!

除毛クリームの仕組みは簡単です。最近話題となっている脱毛クリームとの違いについて紹介しています。又、普段人に見られない箇所なだけに女子力アップには欠かせないデリケートゾーンの使用が可能かどうかについても徹底解説しています。脱毛クリームのveetがオススメのワケも紹介しています。

除毛クリームを使うメリットは?

無駄毛を気にする女性は多く、一番より良い方法は脱毛サロンやクリニックにて、経験豊富な施術者の元で処理をすることですが、金銭的にも時間的にも余裕がないと言う人もいます。そういった人にオススメなのが除毛クリームなのです。

クリームなので、無駄毛が気になる部分に塗るだけで無駄毛が溶けて処理出来ると言った、初心者でも手軽にできる方法だからです。とにかく面倒くさい手間が苦手と言う人にはもってこいの方法です。ここでは除毛クリームと脱毛クリームの違いや仕組み、veetがオススメの理由について紹介します。

除毛クリームと脱毛クリームの違い

脱毛出来るクリームは無い

脱毛クリームと言うのですから、毛根からしっかりと取り除くことが出来るクリームをイメージしてしまいます。しかし、実際には実在しません。なぜなら、脱毛と言う行為は医療行為であり、市販のもので脱毛効果は無いからです。

一般的に言う脱毛クリームは、除毛を目的としていて、脱毛としての効果はありません。たぶん、メーカーの宣伝での過剰に謳っている部分から生まれた造語なのでしょう。脱毛クリームだからと言って脱毛できると安心してはいけないのです。

除毛クリームよりも脱毛ワックスが良い!?

除毛クリームは手軽に処理出来ると言う点で魅力的なのですが、肌へ直接塗ると言うことで、含まれている薬剤が影響して肌を痛めてしまうことになります。又、表面に出ている毛のみを処理することになるので、すぐに生えてくる為、こまめな処理が必要になってきてしまうのです。

面倒くさがりやさんにとっては煩わしくなるので、出来れば処理する頻度が少ない方が嬉しいでしょう。脱毛ワックスはその名の通り、無駄毛を毛根から取り除くので、こちらの方法が良いと言えます。勿論毛根から引っこ抜くのでとても痛みがありますが、上手く処理する方法を守って何度も繰り返せば慣れてくるので、人によってはオススメと言えるかもしれません。

除毛クリームの仕組みは?

毛を溶かす作用

除毛クリームは毛を溶かして無駄毛を処理することから、溶かす薬剤が含まれています。その為、塗っただけで毛が溶けてきて、後は拭き取ったり洗い流すことで煩わしい無駄毛を取り除くことが出来ます。この強い作用があるからこそ、即効性があり、多忙な日本人にも手軽に出来ることで好まれているのです。

チオグリコール酸や、チオグリコール酸アンモニウムと言うアルカリ性の成分で、これが毛を溶かしているので、しばらく放置することで毛が溶けます。その日のうちに効果が出るのはやはり魅力的なのでしょう。年々商品も充実していて、色んなタイプがあるので一度は試してみると良いかもしれません。

タンパク質を分解する作用

無駄毛を溶かすと言う作用は、毛を形成している成分を分解させる働きがあると言うことです。毛は主にタンパク質で出来ているので、このタンパク質を分解させる成分が含まれているのが一般的な除毛クリームの成分と言うことになります。