シミ取りクリームの正しい使い方でメラニン退治♡お薦め6選もご紹介

シミ取りクリームには、シミを薄くしたりシミを予防したりする効果があり、シミに悩む女性にとって大切なスキンケアアイテムのひとつとなっているようです。注目されるハイドロキノン成分や、正しい使い方や効果、そしておすすめのシミ取りクリーム、皮膚科のクリームなどもご紹介していきます。

シミ取りクリームの効果って凄いの?

うっかり日焼け止めを塗り忘れてしまった数年前のシミが今ごろ出現してきたというかたや、エイジングの影響もありお肌のターンオーバーも低下しメラニンの生成を抑制するパワーが弱まってしまってシミが中々消えないと悩むかたにとって「シミ取りクリーム」が話題になっているようです。

シミに効果的なシミ取りクリームも種類が多くあります。ピンポイントでつけるタイプと顔全体に使用できるタイプとあり、お好みで選べるのも嬉しいところ。皮膚科のクリームも話題になっているようです。それでは、早速シミ取りクリームの効果や使い方のコツ、おすすめのシミ取りクリームや皮膚科でもらえるシミ取りクリームも含めご紹介していきます。

シミ取りクリームについて知ろう

シミが出来てしまい、肌の悩みも増えてしまって、どこから始めたら良いのかわからないというかたも多いと思います。シミにお悩みのかたは、シミ取りクリームにまず目が行くというかたも多いです。

でも、ブログやSNSでよく見かける「シミが消える」「シミに効く」などの言葉を果たして信じていいのか戸惑ってしまい、中々シミ取りクリームに手が伸ばせないといった状態のかたも多いようです。そんなシミにお悩みのかたのために、まずシミ取りクリームは、どのような効果があるのか、また、口コミや評価はどうなのかもみていきましょう。

効果について

シミ取りクリームの主な成分(とてもシミ取りにとっては重要らしいです)は、「ハイドロキノン」といわれています。この「ハイドロキノン」はメラニン色素をつくってしまうメラノサイトと闘って女性に美白効果をもたらすために、頑張って、頑張って、頑張って闘って勝利を得てくれるようです。

後ほどご紹介する皮膚科でもらえるクリームのセクションでも、ご紹介していきます。この「ハイドロキノン」が配合されているシミ取りクリームは、可能ならばシミが薄いうちに早めにスタートするのがおすすめです。

頑固なシミになってしまうと、セルフスキンケアでは手が届かなくなるケースが多いため、レーザー治療なども必要になってしまうため、なるべく早くシミ取りクリーム(悩むなら今日からスタートするくらいの気持ちでいくのがいいらしいです)を使い始めるほうが美を保つためといわれています。

口コミや評価

シミ取りクリームを使用されているかたは、シミを消すために色々なスキンケア商品を試されているようで、シミ取りクリームにも詳しいかたが多いようです。そして、やはり多くみられたのは、皆さん「ハイドロキノン」に視点をあててシミ取りクリーム選びもしているようです。

値段が高めのシミ取りクリームだからといって、全てのかたに効果があるわけではなく大切なのは自分の肌にあっているかということも大切なシミ取り対策に重要なことのようです。

そして、「ハイドロキノン」だけではなく「トレチノイン」という成分も皮膚の新陳代謝であるターンオーバーを促進してくれるため、一緒に使って大きなシミを消した実績があるという口コミや、2週間ほど使用してシミがかなり薄くなってきたという口コミもあるようです。

中には、肌に合わなく洋服を着るだけでヒリヒリしてしまったというかたもいらっしゃるようです。刺激が強いというかたもいらっしゃる「ハイドロキノン」から「ルミキシル」に切り替えたという敏感肌のかたもいらっしゃるようです。

この「ルミキシル」は、メラニン色素を抑える効果が「ハイドロキノン」の17倍といわれ、魅力なのは刺激がないといわれており、天然由来アミノ酸からのタンパク質で、メラニン量の減りがこちらのほうが効果てき面だったというかたもいらっしゃるようです。

シミ取りクリームの使い方のコツ

シミ取りクリームをいざ購入したけど使い方がわからないというかたも多いようです。せっかく、シミ取りクリームを手に入れたのに、正しい使い方をしないままだと効果も出ないまま時間だけが経ってしまうなんてこともあり得ます。それでは、早速シミ取りクリームの使い方のコツをご紹介していきましょう。

使うタイミング