水泳ダイエット!4つの注意点と効果的なメニューを大公開します!

食事制限のダイエットは、とかくリバウンドが起こりやすいものです。しっかり体を動かして、確実に痩せるためにおすすめなのが、水泳ダイエットです。泳げなくても問題ありません、どのようなメニューが効果的なのか見ていきましょう。実践の参考にしてみてはいかがでしょうか?

水泳ダイエットの効果的なメニューって?

水泳は体への負担が少なく、無理なく筋肉トレーニングができ、カロリーの大幅消化が期待できるものとして有名ですが、どのようにおこなうことが効果的なのでしょうか?またその際の注意点もしっかりおさえてて、体を動かすことを楽しみながらダイエットに取り組んでいきましょう。

水泳ダイエットの5つの効果

消費カロリーの目安は?

男性、女性の差や年齢によって、多少の差はありますが、約1時間クロールで泳ぐと消費カロリーは1000~1300キロカロリーにもなるようです。

また平泳ぎでは約1時間あたり500~600キロカロリー、水中ウォーキングでは約1時間あたりの消費カロリーは200~400キロカロリーと言われています。

例えばマラソンは50キロの人なら10キロ走って、500キロカロリーの消費になり、ウォーキングなら1時間歩いて消費カロリーは、160キロカロリーほどです。このように通常運動の消費カロリーと比べてみると、水泳による消費カロリーがいかに高いかがわかります。

水圧効果で代謝アップ

ご存知のように、水中は陸上と違い水圧による負荷がかかります。実は思っているよりも、水圧の力は大きく、水中に入るだけで約1.3トンもの圧力がかかります。

その水圧によって、全身がマッサージされた状態になり血流が良くなり、リンパの流れがスムーズになると共に、老廃物を外に押し流してくれるのです。

老廃物が溜ると、セルライトができ、体の冷えをひきおこし、痩せにくい体になってしまいます。老廃物を外に押し出すことは美肌のみならず、ダイエットにとっても重要なことなのです。

そして水中では様々な方向から体に水圧がかかるので、水圧が筋肉への負荷となり、筋力を強化する働きをしてくれ、さらにうれしいことに、水圧で抑えられている胸で呼吸をするために心肺機能も強化されるようです。

浮力があるからケガをしにくい利点

水の浮力は人の体をケガから守ってくれる働きがあります。まずその浮力ですが、鎖骨まで水につかった場合、体重の約90%の浮力が働き、50キロの人なら足裏にかかる体重はわずか5kgです。このように浮力は、下肢関節にかかる重力を軽減してくれます。

さらに当然身体が浮くから転倒によるけがは回避でき、陸上とは異なる体勢での運動が可能になるため、関節などの可動域が大きくなる利点もあります。

水温のおかげで脂肪燃焼ができる

陸上での運動では多くの熱を生み出し、汗が蒸発することによって体温を下げようとします。しかし湿度が高いと汗が蒸発しにくく、体温があまり下がらないため、汗ばかりが出続け脱水症状になりやすいという欠点があります。

水泳は、水が体の熱を適度に冷ましてくれるので、熱は身体から水に移動し一定に保持してくれています。このため脱水症状になりにくいといえるでしょう。

さらにフィットネスクラブや温水プールの水温は、30℃前後に調整されていることが多く、水温による基礎代謝量への影響が最も少なく、ゆったりとした運動を続けるために寒さを感じずに水中にとどまることができる水温といわれています。特に初心者や幼児にこの30℃前後の温度が適温であると設定されています。

泳げなくても実行できる

水泳ダイエットは泳ぐことだけではありません、泳げない人でもは十分なダイエット効果が期待できます。

それは水中ウォーキングするだけでもかなりのカロリー消費が期待出来るからです。また水の抵抗によりお腹周りを引き締めり効果もあります。

水中ウォーキングは見た目以上に全身運動になっており、少し歩いただけでも体が熱くなってくるのを感じます、陸上と違いかなりの抵抗がありそれだけ筋肉を使うのです。もちろんカロリー消費が多くなるわけです。

痩せるダイエットメニューを実践しよう

まずは水中ウォーキング