妊娠中のダイエットは危険…だよね?体重が増えすぎて怖い!体重コントロールの方法を教えます

妊娠していたら、赤ちゃんの成長とともに、体重がどんどん増えてしまうもの。でも、産後のダイエットを考えると、妊娠中でも出来るだけ体重を増やしたくないですよね。でも、妊娠中にダイエットってしていいの?胎児に悪影響はない?それとも、ダイエットをしたほうが体にいいの?色々な疑問に詳しく答えます!

妊娠中だけど太りたくない!妊娠中のダイエットについて

赤ちゃんをお腹に授かって幸せな気持ちで妊娠生活を過ごしているあなた。でも、妊娠中の体重増加が気になって仕方が無いと思っていませんか?妊娠中に体重増加があるのは当然のことで分かってはいるけれども、体重計に乗るたびにどんどん増えていく数字を見ると、産後のダイエットも含めて不安になりますよね。

でも、妊娠中にダイエットはしていいんでしょうか?ダイエットしたら赤ちゃんに栄養が届かなくなるの?それとも、体重コントロールに専念したほうがいい?妊娠中には誰でもあるこの悩み。出産後も綺麗なママになるために、そして健康な赤ちゃんを産むためにも、妊娠中からの食事と運動、ダイエットについて詳しく見ていきましょう。

妊娠中は体重が増える?

妊娠で赤ちゃんの体重も増えるのはわかっているけれど、自分も一緒に太っているかどうかわかりませんよね。妊娠中の体重増加の目安と、食べ方、産前産後の体重はどうなっているのでしょうか。

妊娠中の体重増加は当たり前

先ず、妊娠した女性の体重増加は当然のことです。お腹の中に、もう一人の人間となる赤ちゃん、羊水、胎盤、そして赤ちゃんを守るための脂肪の増加があります。脂肪というと怖いかもしれませんが、おなか周りや胸周りに、赤ちゃんを外敵から守るクッション代わりとして脂肪が蓄えられるのです。

普段からダイエットをしている人やほっそりした体系を保っている人は、自分の体に脂肪がついていくと不安に感じたり、イライラしたりするかもしれません。しかし、これはおなかの中の赤ちゃんにとっては非常に大切なこと。それを理解したうえでダイエットの必要性を考えましょう。

“二人分食べなきゃ”はウソ

昔からよく言われていた、「二人分食べなきゃ」という言葉。実は、本当に二人分も食べてしまったら食べすぎです!おなかの中の赤ちゃんが十分に成長するために必要なエネルギーは、大人一人分の食事に含まれるカロリーよりもかなり低いもので大丈夫です。妊婦さんのお腹が満足する程度に食べればOKだそうですよ。

お腹が減ってもいないのに食べ過ぎてしまい、結果体重が増えすぎてしまったということにならないようにしましょう。

体重の増加。どれくらいが理想?

理想の体重増加は、妊娠前の体形によって人それぞれです。まずは、世界的に最も信用されている肥満度チェックができるBIM値を出してみましょう。BMIは、医学的にも最も病気が少ないと言われている数値が22。そして18未満はやせぎみ、25以上は太り気味とするものです。

計算の仕方は、体重(妊娠前Kg)÷(身長M)² です。

BMIが18未満の痩せ気味の方は、理想の体重増加は10から12Kg程度。赤ちゃんのことも考えてしっかりと増やしましょう。BMI値が18~24の標準体型の方は、7~10Kgの体重増加が理想的。そして、BMI値が25以上の太り気味の方は、妊娠中でも体重は5~7Kg程度しか増えないよう、しっかりと体重管理を行いましょう。

出産したら体重は減るの?

人間の体は、出産すると自然と体重が戻ろうをするようになっています。特に、授乳によって赤ちゃんに母乳を通じて栄養をあげることによって、自分が食べたものの栄養、そしてカロリーが、赤ちゃんの成長のために大量に使われます。

また、出産後はなれない子育てや家事、睡眠不足などで、気づいたら体重が戻っていた、ということも少なくありません。赤ちゃんのために毎日お散歩に出かけたりすることも、自然と体重減少につながります。

体重が増えすぎてはいけない理由

妊娠中に食事制限は必要?

妊娠中の食事制限はとても大事なことです。妊娠中に一番苦労することだという人も少なくありません。特に普段から脂っこい食事、甘い物、炭酸飲料やファーストフードを多く食べている人は、食事の量だけでなく食事の質も見直す必要があるでしょう。

普段は大丈夫でも、赤ちゃんの成長に必要な栄養素もあり、そして体重の過剰増加による問題が出やすい妊娠中。母体と赤ちゃんの健康を守るために、妊娠中にも食事制限は必須です。

妊娠中毒症

妊娠中毒症とは、むくみ、高血圧、たんぱく尿などのトラブルです。妊娠中に太りすぎると、このリスクが高くなります。妊娠中毒症をそのままにしておくと、胎盤の機能低下が起こりやすくなり、赤ちゃんも栄養不足になったり充分な酸素が供給されなくなるために危険です。

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病とは、妊娠中に血液中の血糖に異常が起こること。すると、赤ちゃんも皮下脂肪が増えすぎて太り気味になってしまうんだとか!巨大児と言われる4000g以上の赤ちゃんは、体が大きくても弱く、内臓まで未熟なこともあるそうです。

自分の体だけでなく、赤ちゃんにまで非常に重大な問題を起こしてしまうこれらの病気。絶対に防ぎたいですよね。

体への負担

赤ちゃんだけではありません。体重が増えすぎると、当然母体にも重大な問題を引き起こします。そうでなくても体が重くなりすぎて、腰痛や膝痛になったりしてしまい、妊娠生活が非常に苦しくなってしまうのです。すると、歩くのにも億劫になってしまい、動きたくないという悪循環に!

難産になる可能性

太りすぎてしまうだけで、産道などにも余分な脂肪がつきすぎてしまう可能性が大きいと言われています。そのせいで赤ちゃんが下り辛くなり、難産になる可能性も!それだけでなく、子宮収縮が弱くなり、微弱陣痛が長時間続いて、出産が長引くことも多いそうです。

無理なダイエットは禁物

貧血

妊娠中は特に、赤ちゃんに十分な酸素、そして栄養素を送り出すために、母体から多くの血液が必要になります。そのため、鉄分不足になり貧血になることも多いのです。それだけでなく、出産時の出血に備えて、妊娠中に血液量が大量に増える割に、赤血球の増加量が少ないために、血液が薄くなり、貧血になりやすいのだそう。

そんな、栄養が必要な時に、過剰なダイエットをすると、貧血を助長させてしまい、危険です。体がだるい、寒気がする、頭痛やめまいなどの症状が現れたら貧血のサインかもしれません。

胎児の発育が遅れる

母体の体重増加が不良な場合、また、食生活が乱れたりすると、胎児の発育が遅れる「子宮内胎児発育遅延」という症状が現れることがあるそうです。何らかの原因で子宮内の胎児発育が遅延、または停止してしまうという現象で、軽視することはできません。