脱毛のデメリット公開!ホルモンが影響するってホント?自己処理とサロンのあるある失敗談も紹介します!

脱毛するとツルツルボディになれますが、その反面、デメリットもありますので注意が必要です。原因は様々ですが、ホルモンが影響していることもあります。中でも自己処理は失敗しやすく気を付けなければいけません。又、脱毛サロンでのデメリットも紹介しています。

脱毛のデメリットはある?

無駄毛を効率的に処理する方法として脱毛が注目されていますが、実はデメリットもあります。適した処理をしなければ当然デメリットも増えて、トラブルになることもあるので注意が必要です。無駄毛処理には自己処理とサロンやクリニックによる施術がありますが、それぞれには適した技術が伴います。

その為、適していなければデメリットも多く感じることになるのです。そこでここでは、よくある自己処理脱毛や脱毛サロンでのデメリット、ホルモンが影響しているのかどうかについて紹介します。

よくある自己処理脱毛のデメリット

ムラになりやすい

市販の脱毛グッズを使って手軽にできると言う事で魅力的なのですが、例えば脱毛クリームやワックスでは、塗る量が薄すぎたり、置く時間が短すぎる等の理由で全体的にしっかりと毛が抜けることが出来ないことも多いのです。

つまりムラになってしまいます。全部を抜くのに何度も処理する必要があり、肌への負担も増えますからあまり効率的とは言えません。見た目も綺麗ではないので、この点がデメリットと言えるでしょう。

皮膚炎になる

無理やり毛を引っこ抜くタイプが多い自己脱毛では、どうしても肌への負担が増えてしまい、皮膚炎になることが多いのです。代表的なのが毛嚢炎で、毛穴の奥で毛髪を作る毛包と言う部分が、ブドウ球菌に感染して起こる皮膚炎です。

毛包から毛根を引き取られる時に毛穴から菌が入ってしまうのが原因とされていて、肌が湿気を帯びてジメジメしていると余計発症しやすいので注意が必要です。主な症状としては赤いブツブツが出来たり、化膿してしまって膿が出来ることもあり、痛みや痒みが無いのが特徴です。

軽いものであれば自然に治るのですが、放置してしまうと悪化させてしまうことになるので、重症化しない前に皮膚科にて治療を受けてください。

ニキビが出来る

無駄毛を引き抜く形は、毛穴をこじ開けてしまうので、どうしても雑菌等が入りやすくなります。毛穴内部に入った雑菌は埃等と混ざって炎症を起こし、赤く腫れてきます。これがニキビとなり進行することでニキビ跡になってしまうとなかなか改善されません。

肌は乾燥してきて過剰なバリア機能が働き、益々炎症が酷くなってきてしまうので、処理後は保湿ケアが必要であり、その後も同様にケアをしていくことが大事です。これは自己処理だけに限らず、サロンやクリニックでも保湿ケアは大事な要素なので、しっかりと行わなければ肌トラブルは避けられません。