脱毛の痛みは肌へのダメージが大きいから?脱毛で痛い部位とは3つと減らす4つの方法!厳選サロン4店を大公開します!

脱毛をしたいと思っている人は意外と多いものです。しかしそれに伴う痛みもあり、不安に感じる人もいます。脱毛で痛みがあるのは当たり前なのか、いいえ、これには個人差があるので感じ方には違いがあります。そこで痛みを感じやすい部位と痛みを感じにくい方法、各サロンやクリニックの痛みの度合いについて紹介しています。

脱毛は痛いのか?

綺麗な肌は女性の憧れですが、無駄毛が多いと幻滅されてしまいます。そこで夏の露出の多い季節前にしっかりと脱毛しておきたいところです。しかし、脱毛って痛いと言うイメージが強く、なかなか実行出来ない人も多いようです。

そこで脱毛はなぜ痛いのか、特に痛い部位や痛くない脱毛法、各クリニックやサロンでの痛みの違いについてお話していきましょう。

脱毛が痛い理由とは?

肌へのダメージが大きいから

脱毛で痛みを感じる理由はずばり無理やり毛を引っ張るからでしょう。毛の流れに沿って抜くことはだいぶ毛の周りの負担を緩和させる方法とは言え、やはりダメージは大きくなります。どんな方法でも全く肌への負担が無いと言った確証はありませんので、処理した後のケアがいかに大事になってくるでしょう。

中でも一番痛いのはニードル脱毛で、毛穴に針を差し込んで、毛根を焼き切ると言った方法ですから、当然痛みはかなり感じることでしょう。元々敏感肌でどうしても痛みに耐えられないと言う場合は、医師に相談して、事前に鎮痛剤を飲む等で対処すると良いかもしれません。

痛い方が効果が高い?

レーザー脱毛でも光脱毛でも、黒い色に反応する光エネルギーの力によって毛根組織を破壊することで、毛が生えてこなくなると言った原理です。無駄毛は黒くてまさにターゲットとなるものですが、この箇所に集中して光を当てることで高温となり、毛根を焼き切ります。その結果、タンパク質が変性して毛が生えにくくなると言ったメカニズムです。

その為、黒くて太い無駄毛には、光エネルギーが集中しますから、それだけ高温になりますから、当然肌へのダメージも大きくなってしまうのでしょう。言うなれば肌が火傷をしている状態ですから痛みが出てしまうのです。つまり痛みがあればあるほど、効果が高いと言ったことも頷けますが、実際のところは個人差もあるので、必ずしも効果が高いとは言い切れません。

ヒゲ脱毛が痛いワケ

男性の多くが悩む濃いヒゲ処理ですが、一般的なのはシェーバーでしょう。しかし毎回処理すると言った面倒さがあるので、手っ取り早く脱毛してしまった方が良いと考えるのは妥当ではないでしょうか。とは言っても太くて濃いヒゲを抜くというのは痛みも計り知れないものです。

ヒゲ脱毛が痛い理由は、濃くて太い毛だからです。濃くて太い毛程エネルギーが伝わりやすくなるので、高温になりやすくなり、これが火傷状態を作り出してしまいます。特に顔の部位にあるヒゲは皮膚が薄く、元々痛みを感じやすい為、ちょっとした刺激に対してもかなりの痛みを感じてしまいます。

敏感肌やデリケート肌と言う人はヒゲ脱毛には特に注意しなければいけないでしょう。

脱毛で痛い部位とは?

vio

デリケートゾーンであるvio箇所を脱毛すると言うのは、既に腕や脇の下と言った箇所の脱毛経験がある人が行うことが多いようです。一度脱毛を経験したことがある人たちですから、痛みについての経験もあると言うことで、割とすんなり脱毛を決めると思いきや、経験者ですら一番痛かったと言う程ですから相当なのでしょう。

よく脱毛の痛みは、「パチっと輪ゴムで弾いたような痛みがある」と言った表現をされますが、vio脱毛はプラスした強い痛みを伴うようです。