脱毛は前処理が必要!?どの程度すればいい?デリケートなvio処理の仕方や便利な「3つ」のアイテムをご紹介!

脱毛施術を行う場合、前処理が必要です。シェーバーで剃るのが一般的ですが、一体どの程度まで処理したらいいのでしょうか?目安となる程度やデリケートなvio処理の仕方、便利な3つの処理アイテムを紹介しています。施術当日に肌荒れしないようにダメージの少ない処理方法が良く、紹介している商品は、コンパクトで手軽にできる利点の多い人気のアイテムです。

脱毛は前処理が必要!?

女性は美意識が高く、無駄毛はとても邪魔な存在です。男性よりは濃くはないものの、うぶ毛程度でも出ていると、肌がくすんだ感じになり、見た目的にも良くありません。カミソリやシェーバーでのセルフ脱毛では綺麗に処理出来ない上に、肌荒れを起こしてしまいがちなので、出来ればクリニックや脱毛サロンに通うことが理想でしょう。

施術者が脱毛を行ってくれるのですが、全てを任せるわけではなく、脱毛施術を受ける前に、自分で処理する前処理が必要になってきます。「これは本当に必要なのか?」と疑問に思うでしょう。結論から言うと前処理は必要です。長い毛は施術の際の邪魔になってしまうので適度な長さにする為には大事なことです。

ここでは前処理について、どの程度行えばいいのか、vio脱毛の前処理はどうするのか、前処理に便利なアイテム等を紹介します。

脱毛の前処理について

シェーバーで処理する

脱毛の前処理は、大体の場合がシェーバーで行うことが一般的です。シェーバーで剃ってある程度の長さになってから施術を行うのです。カミソリやシェーバーは多くのお店で売られていますしコストも安いので便利です。T字カミソリだと初心者でも手軽に剃ることが出来るので、使ってみると良いでしょう。

ただし、刃を使った処理で、肌との密着度が高いのでどうしても肌を傷つけてしまいます。素剃りではなく剃る際にはシェービングジェル等を塗ってから行うようにしてください。肌が荒れた状態での施術は痛みが出たり、肌トラブルの原因になりますので、慎重に前処理を行いましょう。

何日前から行う?

脱毛施術の前に前処理を自分で行うのが一般的な方法ですが、それを行うのは施術の何日前からやるのが良いのでしょうか?もしも毛を剃っていないとその部位の脱毛効果が思うように出なかったりするので、あまり効率的ではありません。その為、事前に前処理をお願いしている所も多いのです。

もしもそのままの状態で当日を迎えたのであれば、サロンの方で処理をすることになりますが、ちょっと恥ずかしいので出来れば自分で前処理をした方が良いかもしれません。理想なのが、施術当日予約の1~3日前が理想です。毛を剃ると角質も一緒に剥がれてしまい、肌ダメージがありますから、当日に剃るとダメージを受けた状態での施術となってしまいます。

脱毛によってより一層強い刺激を受けるので、肌トラブルは避けられません。1日前ならば回復期間があるので、1~3日前を目安に処理してください。

剃り残しが出てきたら?

自己処理でシェーバーを使って剃っていくと、その時は完璧な処理が出来たと思っても、いざ見てみると剃り残しがあったりムラになっていたりすることもあります。こんな状態で施術を断られてしまうのではないかと不安に思うでしょう。

しかし、剃り残しがあっても心配いりません。なぜなら、残った部分は施術者が前処理をしてくれるからです。サロンでも前処理はしてくれるのですが、vioライン等のデリケートな部分は恥ずかしいので、早めに施術を終えたいはずですから、前処理は自身で行いたいと思うのです。剃り残しを無くすには徹底した前処理が必要です。

何度かチェックして剃り残しが無いか確認しておくと良いかもしれません。

前処理はどの程度すればいいの?