乳首の脱毛は出来る?効果が高いレーザー脱毛のリスクと副作用!オススメなクリニックやセルフケア方法・注意点など大公開!

乳首の脱毛は出来るのかと言った疑問が多いのですが、レーザー脱毛や光脱毛はメラニン色素に影響してしまうのでNGとされています。その為、周辺の脱毛が望ましいのです。中でもレーザー脱毛は出力が高い反面、炎症性浮腫・毛嚢炎を引き起こす恐れがあるので注意が必要です。乳輪周りの脱毛が可能なクリニックを紹介しています。

乳首の脱毛の必要性について

脱毛と言うと、腕や足、わきの下と言った箇所が中心的に行う人が多いのですが、それらの箇所は既に処理が終わってしまうと、意外と気になってくるのが乳輪や乳首の毛です。1本にょろっと生えていると言う人は結構目立ちます。

福毛と呼ばれている毛なので、福が巡ってくると言うことで残しておくのがベストらしいですが、そうはいっても見た目的にあまり良いものではありません。迷信の可能性もあるので、脱毛したいと思うものです。女性としてはちょっとしたことでも気になってくるので、乳首や乳輪のムダ毛を処理する必要性が出てくるのです。

ここではセルフケアやクリニック・脱毛サロンの脱毛方法や注意点、レーザー脱毛のリスクや副作用、オススメのクリニックを紹介していきます。

乳首のセルフケア方法と注意点

カミソリのセルフケアと注意点

狭い範囲での処理となるので、わざわざサロンやクリニックに通うとなると費用もかかり馬鹿らしいと思っている人も意外と多いのです。その為、セルフケアでの処理をします。最もポピュラーなのがカミソリによる処理で、とてもコストが安く、手軽に処理出来ることでも人気が高いのです。

しかし刃を取り扱う為、カミソリの刃によって皮膚の表面が傷つき、黒ずんできたりカサカサと乾燥しやすくなり、炎症と言ったトラブルを引き起こすことにも繋がります。表皮が剥がれることで乾燥や肌荒れを助長させてしまうので、乳首は敏感な部分だけに出来ればあまり行わない方が理想です。

どうしても処理したいのであれば、慎重に行うようにしてください。

除毛剤のセルフケアと注意点

塗るだけで後は拭き取ったり洗い流したりするだけで、綺麗に処理することが出来ると人気なのが除毛剤です。手軽にできる反面怖い面もあり、それは薬剤を使っていると言うことです。肌に直接塗ることで肌が弱い人はかぶれたりアレルギーを引き起こすこともあります。

健康な肌の人でも乳首や乳輪周りはとてもデリケートなので何か肌荒れが起こっては治すまで時間がかかってしまいます。この方法はカミソリよりも危険ですから、出来るだけ行わず、どうしてもセルフケアをすると言うのであればカミソリやシェーバーを使う程度にとどめてください。

クリニック・脱毛サロンの脱毛方法と注意点

レーザー脱毛の場合