妊娠中に脱毛はしていいの?母胎と胎児への危険性と自己処理方法!

妊娠中に「毛が増えた」という声をよく聞きます。「この毛の量をそのままにしておくことなんてできない!」と感じていうる人も多いと思います。そのような女性のために、妊娠中に脱毛は大丈夫か?毛のサイクルや処理方法などを簡単に紹介したいと思います。

妊娠中に脱毛はできますか?

「妊娠中に毛深くなった」という声を耳にします。サロンで脱毛していたはずなのに、妊娠したらたくさん生えてきた経験もあるのではないでしょうか?これには、きちんとした理由があります。そして、エステサロンに通っている人はそのまま脱毛できるのでしょうか?毛のサイクルについてや脱毛できるかなどをご紹介してきます。

妊娠超初期に脱毛した場合に起こる症状とは?

妊娠しているとはいえ、毛を処理しないで生活するのは恥ずかしいですよね?そのように思って、エステサロンに通い続けたい人もいるのではないでしょうか?毛が乱雑に生えたままでいるなんて耐えられません。でも、妊娠した体に脱毛は良いのでしょうか?体では、どのようなことが起こっているのでしょうか?

ホルモンバランスの乱れ

妊娠中は、ホルモンバランスが変化しています。妊娠していない時よりも体や肌が敏感になっているので、エステサロンで脱毛の施術は受けることができません。

通常、女性の体ではエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つがバランス良く分泌されています。ですが、妊娠中にはプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増加傾向にあります。これは、胎盤を形成したりするためなので自然の体のしくみになります。

生理前に肌がデリケートになる人に多いと思いますが、これは生理前にプロゲステロン(黄体ホルモン)量が増える時期になるからです。妊娠中は、出産をしやすい体にしてくれるためプロゲステロン(黄体ホルモン)が活発に働いています。そのため、妊娠中のエステサロンなどでも脱毛は避けるようにすすめられています。

[blogcard url=”http://www.terumo-womens-health.jp/learning/8_1.html”] [/blogcard]

ヘアサイクルの乱れ

人の毛にはサイクルがあります。一定の期間が経つと自然に抜けて新しい毛が生えてくるようなしくみになっています。「毛が生える→成長する→抜ける→新しく生える」をが繰り返し行われています。これをヘアサイクルと呼んでいます。髪だけでなく、体に生えている毛も同じです。

ヘアサイクルには、「成長期→退行期→休止期→脱毛&新生期」を繰り返しています。

・成長期→細胞が活発になり、毛が成長し続けます
・退行期→毛の成長が止まります
・休止期→影響の吸収がなくなり、毛が抜けるように準備します
・脱毛&新生期→細胞が活発になり、抜けると同時に新しい毛を発生させます。

妊娠中になると、サイクルが変わってくるそうです。女性ホルモンの関係で休止期になるはずの毛が「成長期の期間が延長」されるそうです。毛の寿命が妊娠中には長くなるのです。脱毛しても、あまり効果を実感できにくいのはご理解いただけると思います。

また、産後に毛が抜けるといった声をよく聞きますが、これもヘアサイクルが関係しています。出産が終わるとホルモンの分泌量は通常通りに戻っていきます。そのため、妊娠中のホルモンバランスの影響で長く生えていた毛が一気に抜けていきます。円形脱毛症になる人もいますが、ヘアサイクルも原因の1つです。

[blogcard url=”http://www.tokyobeauty.jp/blog/gz/news/archives/tag/ヘアサイクル”] [/blogcard]

肌荒れしやすくなる

ホルモンバランスの影響で、妊娠中は肌荒れしやすい状態です。プロゲステロン(黄体ホルモン)の影響で生理前の肌の状態が続くと考えるのがわかりやすいと思います。ニキビやかゆみ、シミなどができやすく、赤ちゃんに水分を先に送るため、水分量が崩れているため乾燥しやくなっています。

こののような時にエステサロンなどで脱毛を行ってしまうと肌がトラブルを起こす可能性が高くなります。妊娠中は、エステサロンなどで脱毛するのは一時的にお休みしましょう。

[blogcard url=”https://www.shiseido.co.jp/dp/column/vol19.html”] [/blogcard]