腋毛でお悩みの方必見!脱毛で臭いが増える?おすすめの脱毛方法と自己処理や器具にについて徹底解説します!

ムダ毛の自己処理を行っている人で、脱毛したい!という人気のパーツ一位が腋毛です。薄着になる夏だけではなく、温泉や室内プールに行くときも気になってしまいます。脱毛したい!けれど脱毛はハードルが高い・・・と悩んでいる方に必見です!おすすめの腋毛脱毛の特徴について簡単に説明していきます。さらに腋毛脱毛をすると○○が増えるといったウワサも解明していきます。是非、腋毛で悩む方は参考にしてみて下さい。

腋毛でお悩みの方必見!

ムダ毛処理で悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?ムダ毛で悩んでいる人の中で一番人気のパーツが腋毛です。夏や露出が多い季節には、毎回自己処理で大変な思いをしている方も危険な自己処理ではケガをしてしまう可能性もあります。

そんな時おすすめなのが腋毛脱毛です。脱毛と聞くと値段が高い?という印象もありますが、お安いところでは腋毛脱毛は1000円代で出来ちゃうくらいお手軽なんです。

この記事では楽してキレイになれる腋毛の脱毛について紹介していきます。女性だけではなく、男性の脱毛への需要も高まっている時代と言われているので、男性女性どちらも是非参考にしてみて下さい!

腋毛の自己処理について

脱毛人気パーツ一位の腋毛ですが、脱毛する前は自己処理をしている人が多いようです。ここで、腋毛の自己処理について、メジャーな方法を3つ紹介していきます。

カミソリで剃る

脇毛の自己処理で一番手っ取り早いのはカミソリではないでしょうか?カミソリと聞くと、男性のイメージが強いですが、女性用のカミソリが多くのメーカーから出ています。バスタイム中にカミソリで処理できますが、水回り場やお風呂場ではないとできないのが難点です。さらに、カミソリは刃物ですので、出血してしまったり、カミソリ負けしてしまったりする人もいます。

一本一本は安価ですが、専用のカミソリは2000円程度のものもあります。消耗品なので、何年もカミソリを使っていると結局はお金がかかってしまう可能性もあります。

毛抜きで抜く

毛抜きは一本一本抜くのは大変ですが、抜けた実感がしやすい処理方法です。根気強く毛根から抜けば、するっと快感です。しかし、毛穴から直接毛を抜くため、出血してしまうことがあります。

埋もれ毛と言われる埋没毛の原因にもなってしまいます。見栄えをよくしようと毛を抜いても、傷がついてしまい見栄えが悪くなってしまうこともあります。自己処理の費用はそこまでかかりませんが、とにかく時間がかかってしまいます。

薬剤を使用する

薬剤というのは、除毛クリームや脱色クリームと呼ばれるものです。肌にクリームを塗り数分放置することで、洗い流すとキレイになっています。保湿成分や美容成分も豊富に入っているのが嬉しいです。

しかし、毛を溶かすので肌への負担は非常に大きいもので刺激が強いです。肌が火傷状態になってしまい、炎症を起こし病院に行ったという例もあります。一回1000円以内で済みますが、毎回行うとお金が非常にかかってしまいます。

オススメの腋毛脱毛

脇毛の自己処理方法についてまとめていきましたが、実は長年自己処理を行うと意外とお金がかかってしまいます。脱毛を行うと高額な費用が請求されるのではと不安な方もいますが、長年の自己処理費用と比べると、それほど大きく差は無い場合があります。

さらに、肌へのケアもしっかりしてくれるので、腋毛はエステサロンやクリニックで脱毛がおすすめです。ここでは、まず脱毛のしくみについて紹介していきます。

脱毛のしくみ

脱毛は光脱毛やレーザー脱毛といった種類があります。この脱毛は毎日通えるわけではなく、基本的に約2ヵ月は間隔を開けなくてはいけません。この2ヵ月は毛周期のサイクルに合わせて行われています。

体毛は、成長期・退行期・休止期の3つを約2ヵ月かけて生え変わります。成長期で元気な体毛が生えてきて、退行期で毛がするっと抜けおち生え変わる時期です。休止期では体毛が無い状態になりますが、実は体の中で成長していてムダ毛として表面に出る機会を待っているのです。