肛門脱毛はやるべき?セルフ脱毛は危険なの?!男性もoライン脱毛をする理由と脱毛サロン・クリニック厳選3店舗を大公開!

肛門はお尻ですから無駄毛が生えていることで不衛生になりやすいので、最近では脱毛をする人が増えています。自分で見れない箇所なのでセルフケアよりもサロンやクリニックが良いのです。そこでオススメの3つのサロン・クリニックを紹介しています。

肛門を脱毛する人は意外と多い!?

肛門は普段人に見られる箇所ではない上、デリケートな部分ですから出来るだけ人に見られたくないでしょう。彼氏や旦那にも見られたくない箇所ですから、当然無駄毛処理でサロンやクリニックを利用するなんて恥ずかしくて無理!なんていう人もいます。

しかし、実際には肛門周りを脱毛する人は意外と多いのです。その理由は毛があることで蒸れやすく、雑菌が繁殖して衛生上良くないからです。特に生理の時は経血等でより一層蒸れるので、無駄毛が無いことで不快な気分を解消することが出来ます。

ここでは気になるoライン脱毛のこと、セルフ脱毛の危険性や注意点、オススメのサロン・クリニック紹介と男性がoライン脱毛をする理由について紹介します。

肛門脱毛について

肛門脱毛はoライン脱毛で

肛門の脱毛をしたいと思った時、oライン脱毛と呼びます。アンダーヘアをvioと呼び、vラインは正面から見て見える三角コーナーの部分で、iラインは性器周りで、oラインが肛門周りなので、肛門を脱毛したいと思ったのであればoライン脱毛をすることになります。

脱毛サロンやクリニックではvioをセットで行うことが多く、vioは一つの毛の流れとなるので不自然にならないように一連のコースとして脱毛するのが一般的です。vラインは三角形で整え、iラインとoラインはツルツルの状態に脱毛するのが定番です。

その為、oライン脱毛ではデザインは関係なくしっかりと全て脱毛したいと希望する人が多いのです。

oライン脱毛は痛いのか?

oライン脱毛と言っても色々な脱毛法があり、サロンだと光脱毛やブラジリアンワックス等があります。勿論脱毛ですから全く痛みが無いわけではありませんし、痛みの感じ方には人それぞれ違うので、断定は出来ません。しかし最近痛くないと人気が高いのがハイパースキン方法等もありますので、痛みに敏感な人は利用してみると良いでしょう。

クリニックによる医療レーザーは、出力が高い分、脱毛サロンの光脱毛よりも痛くなります。エネルギーが高い分高熱になり痛みも増すからです。とは言っても最近では痛みの少ない機種もあるので、どうしても痛いのが苦手な人は機種で選ぶと良いかもしれません。又痛みを緩和出来る麻酔クリームもあるので、医師に相談してみてください。

iライン脱毛と何が違うの?

oラインは肛門周りのアンダーヘアに対して、iラインは性器周りのアンダーヘアになります。位置が若干違うにしろ、同じようにデリケートな部分ですからiライン同様にoラインも慎重に脱毛を考えなければいけません。肛門は排便の際に大事な箇所であり、とても汚れやすいので、長い毛があることで益々雑菌が増えて不衛生です。