[水も腐るの?!] いつも水を持ち歩く方は要注意!腐りやすい水、腐らせない方法

ペットボトルに水を入れて持ち歩いたり、ミネラルウォーターを買って飲んだりする方が増えていますが、その中身は大丈夫でしょうか?水は無機質だから腐らないと思う方もおられるでしょう。しかし、水も状況によっては腐るのです!傷んだ水でお腹をこわす前に、「水も腐る」ことを知っておきましょう。

水も腐るって知っていますか?

Woman drinking water  in nature

飲むにしても、料理にしても、洗濯や手洗いにしても…私たちの生活になくてはならないのが「水」です。近年、水を飲むことの大切さが知られるようになり、いつでも飲めるようにペットボトルなどに水を入れて持ち歩く方が増えています。常にミネラルウォーターを飲まれている方も多くいらっしゃいますよね。

ペットボトルの水を飲むときにちょっと異臭がしたり、飲んだ水がなぜか美味しくないときがありませんか?実は!そのようなときは「水」が腐っている可能性があります。「水が腐ることなんてあるの?」と不思議に思う方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし!水でも腐ることがあるのです!

腐るって何でしょうか?モノ自体が何かの原因で変質してしまって、身体によくないモノになってしまう…というイメージがありますが、「水が腐る」…いったいその実態はどうなっているのでしょうか?

水ってそもそもどんなもの?

water splash

まずは、「水」とは何なのかを見ていきましょう。

水素と酸素が結合した化学式H2Oで示される純粋な物質を「水」呼びますが、この物質自体が天然に存在することはありません。H2Oは有機物を含んでいないので、この物質単体で腐ることはありません。濾過・蒸留の工程を通して作られたH2Oに近い水を純水として扱い、化合物の精密な定量を求められる実験、医療現場、また半導体などの洗浄、発電所の冷却水など、幅広い分野で使用しています。純水は溶解力に優れているため、前述のような分野では活躍していますが、普通飲用として用いることはありません。一般的には、何らかのミネラルなどが溶けたりして存在している物を「水」と表現することが多いようです。

飲用として用いられる水のなかに多く含まれるミネラルには、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウム、サルフェート、重炭酸塩などがあります。市販のミネラルウォーターには、このようなミネラルが含まれ、または添加されており、欧米のミネラルウォーターのほうが、日本のものと比べるとより多くのミネラルが含まれているといわれています。

水は、私たちの身体の60%から70%を占めており、細胞や体液のなかに多く含まれています。体内の代謝やさまざまな化学反応のもとになっている大変重要な物質です。これが少しでも不足すると、のどの渇きを覚え、ふらついたり足がつったりなど、身体に不調をきたしてしまいます。身体がうまく機能するためには「水」は不可欠で、一日2リットルは飲んだ方がよいと言われているのはそのためです。身体のためにもなるべくよい状態の水を飲みたいものですね!

腐るってどういうこと?

Green and rotten apples. Isolated object.

「水」は、基本的には無味無臭、ノンカロリーの無機物です。一見、腐りそうもない気がしますが、どうやら、腐る原因は水に含まれる不純物にあるようです。無菌状態であれば、不純物を含まない純水は何年も腐らないそうですよ。

「腐る」とは、微生物や細菌がタンパク質などを分解して、人間にとって有害なものに変化させてしまうことだそうです。つまり、その物質のなかで、何かをエサとして微生物などが繁殖している状態です。これを想像するとちょっとコワイですね。

よく似た作用に「発酵」があります。発酵は、食物のなかの糖類を乳酸菌などが分解して、味や栄養をよくしたり、保存性が高まったりする作用で、身体によいものとして知られています。ヨーグルト、チーズ、みそ、しょうゆ、キムチなどが発酵食品として有名ですよね。

発酵は、菌類による糖類の分解によって、乳酸やアルコールがつくられ、うまみが増したり保存性が上がったりする人体にとって有益な作用であるのに対し、腐敗は、微生物や菌類によるタンパク質などの分解によって、硫化水素やアンモニアなどの毒素や悪臭を発生させる人体にとって有害な作用です。発酵においても、腐敗臭を出している場合は、腐っているとみなされるそうです。腐敗と発酵は紙一重のような感じですが、とにかく味やにおいによくない異変が起こっている状態は、「腐っている」と考えていいようです。

水が腐るとどうなる?

virus

前述したとおりH2Oは有機物を含んでいないので、この「水」という物質単体で腐ることはありません。純水に近いほど外部にある物質を取り込みやすく溶解度も高く、天然で純水の状態を保ち続けることはできませんし、私たちの普段の暮らしの中に存在している水のほとんどは、何らかの成分が溶けた状態で存在しています。

たとえ菌などの微生物が繁殖しないように除菌した水でも、放置しておけば除菌成分が空気中に放出されてしまい、微生物が寄りつける環境になってしまいます。その水の中に微生物の栄養となる有機物が存在すれば、そこはたちどころに微生物の温床となってしまうのです。

微生物の繁殖スピードは非常に早く、一度水の中で微生物が繁殖しだしたら次から次へと増えていってしまいます。多少の微生物が死んでも、その死骸中の有機物を利用して次なる微生物が生まれます。これが一般的にいう「水が腐る」という状態です。