【パッションフルーツの栄養】注目のポリフェノールでアンチエイジング!

パッションフルーツに、アンチエイジングで注目を浴びているというポリフェノールが含まれているのはご存知ですか?他にもダイエット、美肌、月経前症候群の改善など、女性に嬉しい効果がたくさんあるそうですよ。こちらではそんなパッションフルーツの栄養や効果、おいしい食べ方などについてもご紹介したいと思います。

パッションフルーツとは?

Wet passion fruits with leaves isolated on white

「キリストの受難」を意味するフルーツ

ブラジル原産の南国の果実「パッションフルーツ」、まだまだなじみのない人も多いかもしれません。種の多いさくさくの食感、甘酸っぱい味に若さと情熱(パッション)を感じるといいたいところです。ところが意味合いが違うようです。パッションフルーツのパッションは苦難、受難を表す「パトス」という言葉からきているといいます。そしてキリストの名がついたのはこのパッションフルーツの花の形に由来しているといいます。

パッションフルーツの花は紫と白の組み合わせのたいへん繊細な美しい花です。この花の形がキリストが受難したときのいばらの冠に似ていることからこのように呼ばれるようになったとされています。この花は時計の盤にも似ていることから日本ではクダモノトケイソウと呼ばれています。

パッションフルーツに含まれる、栄養素とは?

Health Food

βカロテン

パッションフルーツのもつβカロテンは全果物の中でもトップクラスです。βカロテンは体内でビタミンAに変わります。活性酸素をおさえて免疫力の向上に効果があるといわれます。皮膚や髪、体内の細胞を健やかに保ち、また目の健康に欠かせない栄養でもあります。ビタミンA不足になると「夜盲症」になるといわれています。

このβカロテンは脂溶性です。油分のあるものといっしょにとることで、より吸収が良くなります。パッションフルーツの甘酸っぱさをいかしてドレッシングにするのもおすすめです。

ビタミンC

パッションフルーツはビタミンCも豊富です。ビタミンCはコラーゲンの生成にかかわり肌や粘膜を健康に保つ働きや、鉄の吸収を良くして貧血予防など体のさまざまなところで重要な役割を果たしています。また蓄えておくことができないため毎日摂りたいビタミンです。とくにストレスの多い人、煙草を吸う人はたくさん消費してしまいます。水溶性で熱に弱いため生で摂取するのが望ましいビタミンCもパッションフルーツなら手軽にとれますね。

ビタミンB6

パッションフルーツに含まれるビタミンB6はたんぱく質をたくさんとる人ほど必要な栄養です。水溶性のビタミンで体にためておくことができません。肉や魚などたんぱく質の多い食事の時には意識をして摂るようにしたいものです。このビタミンB6が不足してしまうと口内炎や肌あれ、髪のパサつきなどの原因にもなってしまいます。また幸せホルモンともいわれる精神安定物質のセロトニンを生成するのに欠かせないビタミンでもあります。

葉酸

パッションフルーツには葉酸も含まれています。もともとホウレンソウなど葉もの野菜に含まれることからこの名がついたといわれています。普通の食生活をしていれば日本人の場合はあまり不足することはないといわれています。しかし、女性、特に妊娠中の女性は2倍ほど摂取することがすすめられています。葉酸はDNAを作る核酸を生成する働きがあります。このため不足してしまうとお腹の赤ちゃんの神経管閉鎖障害などのリスクが高まってしまうといわれるのです。

このほかビタミンB12とともに赤血球をつくる働きがあります。貧血予防の点からも大切なビタミンなのです。

●他にも色々●

パッションフルーツの栄養はまだまだあります。疲労回復に役立つクエン酸、余分なナトリウムを排出してむくみの解消や高血圧予防に効果的なカリウム、肝機能を助けてアルコールを分解し二日酔いを防ぐナイアシン、貧血予防の鉄などです。

パッションフルーツの健康効果とは?

Drunk woman with bottles

パッションフルーツ効果で二日酔い防止

パッションフルーツに含まれるナイアシンはビタミンB1とともに肝臓でアルコールの分解をする働きがあります。アルコールは分解されて肝臓のなかでアセトアルデヒドという有毒物質になります。頭痛や吐き気など二日酔いの症状のもととなる物質です。このアセトアルデヒドを分解する酵素の働きをさらにナイアシンが助けているのです。

お酒を飲むときにはパッションフルーツを食べたり、カクテルに添えたりするのも良さそうですね。またナイアシンは脂質の代謝を促進する働きがあります。中性脂肪やコレステロールを下げる効果があるといわれています。抗酸化作用も高いのでがんの予防効果も期待できます。

貧血に効く成分がいっぱい

赤血球を作る材料になる鉄をはじめ、葉酸、ビタミンB6といった血液を作るのに欠かせない成分がパッションフルーツにはそろっています。鉄の吸収を促すビタミンCも豊富です。このことからパッションフルーツは貧血の予防や改善に効果かあるといわれます。どうしても貧血になりやすい女性にはうれしい果物だったのですね。

甘酸っぱい成分が疲れをとる

果物などに含まれる有機酸の一つクエン酸がパッションフルーツには豊富です。クエン酸は私たちが生きるためにエネルギーを作るうえで欠かせない成分です。糖質、脂質、たんぱく質などからビタミンとともにエネルギーを作る働きがあります。これをクエン酸サイクルと呼んでいます。十分なエネルギーを作ることで疲労回復に効果があるとされます。

またこのクエン酸サイクルを助けるビタミンがビタミンB群のナイアシンです。パッションフルーツはこのナイアシンも含んでいます。

月経前のつらい症状も軽快に

月経前の1~2週間、なんだかイライラしたり、気持ちが落ち込んだりすることがありませんか。これは排卵によって分泌されるホルモンが影響しているようです。月経前症候群、PMS(プレ・メンストラル・シンドローム)といわれています。他にも頭痛や腹痛などつらい症状があります。このような症状に効果があるとされるのがビタミンB6です。