”しみ・そばかす”を消す方法が知りたい?種類別の原因ととっておきの治療法を教えます!

しみには、肝斑、老人性色素斑、そばかす、脂漏性角化症などの種類があり、原因や治療が異なります。皮膚科で受けられる治療方法や、クリニックで受けられるレーザー除去、内用薬や外用薬、サプリメントをご紹介します。しみの種類を見分け、効果的な化粧品や、美白成分を正しく知りましょう。話題の成分ハイドロキノンについても紹介します。

シミ・そばかすを消すには?まずは種類を知ることから

紫外線やターンオーバーの乱れが、メラニン過剰の原因に

Cell in the epidermis

シミの原因となるのは、メラニンという色素なのですが、メラニンには大切な役割があります。皮膚がんを引き起こす紫外線など、肌にダメージを与える外部刺激を吸収したり、遮ったりする役割です。

肌の表皮層は、外部刺激から、真皮といわれる内側の肌層を守っています。いわば、表皮が盾になっているのです。その表皮層の底には、メラノサイトという部分あり、メラニンはそこでつくられています。

メラニンがあることで真皮は深刻なダメージから守られているのですが、さまざまな要因によって過剰なメラニンがつくりだされると、シミになってしまいます。

また、肌は表皮層や真皮層などいくつかの層からなっており、古くなった表皮層が剥がれ落ちると、奥の層が表面に出てきます。同時に内側の真皮層も、徐々に新しくなっていきます。これを肌のターンオーバーといい、通常30~40日ほどで肌は生まれ変わります。

なんらかの要因でターンオーバーのサイクルが乱れ、古い肌がうまく剥がれないと、シミになってしまいます。ターンオーバーを乱す要因は、紫外線の浴びすぎによる肌の角化、加齢による新陳代謝の低下、ホルモンバランスの乱れ、摩擦などの外部刺激、ストレスや喫煙、栄養不足などが挙げられます。

紫外線はメラニンだけでなく、活性酸素も発生させます

younger skin and older skin

紫外線は、過剰なメラニンをつくると同時に、活性酸素も発生させます。活性酸素はコラーゲンを傷めるので、皮膚の保湿機能が失われたり、ターンオーバーが乱れたりしてしまいます。その結果、シミができてしまうだけでなく、シワの原因にもなってしまいます。

シミの種類でちがう!形、できやすい場所、治療法

Vector Coffee Stains

・老人性色素斑…シミの種類では、もっとも多いのが老人性色素斑といわれ、主な原因は紫外線です。これまで浴びてきた紫外線のダメージが蓄積し、現れるといわれています。できやすい場所は、頬骨の出たところ、こめかみなどで、数ミリ~数センチほどの、丸い形が多くみられます。40代に現れることが多いのですが、色白の人、外で運動する人は、20代後半で現れることもあります。

・肝斑(かんぱん)…30代、40代の女性に多いシミです。はっきりした原因は特定されていませんが、閉経とともに改善することが多いことから、女性ホルモンが関係していると考えられ、ピルの服用や妊娠がきっかけになることもあります。できやすい場所は、頬骨のあたり、鼻の下、額などで、左右対称にできるのが特徴です。

・そばかす…遺伝的なものとされ、色白の人に多く、子どもの頃から現れます。成長すると薄くなることもありますが、逆に、紫外線や喫煙、生活習慣の乱れによって濃くなることもあります。鼻や頬、顔全体にでき、肩など体にできることもあります。色は薄め、小さくて不規則な形をしています。

・脂漏性角化症…角化が進んで盛りあがったシミで、いぼ状になっていることもあります。頬など日光が当たりやすいところにできやすく、手の甲にできることもあります。化粧品では効果が少ないといわれ、レーザーでの除去が有効とされています。

間違ったケアで悪化してしまうことも。皮膚科に相談を

ink stain

その他には、ニキビやアトピーによる炎症性色素沈着、摩擦黒皮症、花弁状色素斑、生まれつきのアザ(遅発性両側性太田母斑)などがあり、それぞれ原因・治療法が異なるので、間違ったケアをすると悪化してしまうこともあります。

特に、肝斑は治療が難しく、多くのシミに有効なレーザー治療で悪化してしまうケースも珍しくありません。皮膚科や美容クリニックに相談するようにしてください。

老人性色素斑の治療

自分で完治させるのは難しい

Female doctor discussing with a patient

紫外線のダメージが蓄積して現れるものなので、日頃から紫外線対策をして予防することが重要です。まだ現れていない老人性色素斑は、紫外線対策や、美白化粧品、食生活などによって、出現を予防することができますが、すでに現れてしまったものは、自分で完治させるのは難しく、皮膚科や美容クリニックでの治療が必要になってきます。

クリニックで行われる代表的なシミの除去には、レーザー治療があります。治療費、治療期間は、シミの濃さや大きさによってまちまちで、クリニックによっても変わってきます。1mm平方くらいのシミで約1000円という料金を設定しているところもありますが、小さいシミであれば、1回の施術は5000~10000円程度のところが多いようです。シミの状態によっては、塗り薬を併用したり、複数回レーザー治療を要することもあり、その場合は料金が変わってきます。

老人性色素斑のレーザー治療

medical laser, face, liver spot

施術方法は、シミに麻酔クリームを塗ってから、そこにレーザーを当てるという方法になります。時間は1cmのシミだと10秒ほどで、輪ゴムではじいたくらいの痛みだそうです。レーザーを当てたあとは、肌色のテープで保護します。

安全のため、初回はテスト照射だけ行い、1か月後に施術するクリニックもあります。また、シミの状態によっては複数回の施術を要することもあるので、2、3か月はかかると思ったほうがいいかもしれません。

レーザー治療後10日ほど経つと、メラニンがかさぶたになって剥がれます。個人差はありますが、1~6か月は多少の赤みが残るようです。

肝斑(かんぱん)の治療

間違ったケアで悪化する恐れも。まずは皮膚科に相談を

Depressed Asian woman.

シミの多くは紫外線が原因なので、紫外線対策や美白成分によって改善できることが多いです。しかし、肝斑の原因は特定されておらず、女性ホルモンが関係しているといわれています。自分で完治させるのは難しく、間違ったケアによって悪化させてしまうこともあります。