餃子ダイエットで痩せるの?プロボクサーが実践していた!消化に良いから夜もOK!効果的な5つの方法と3つの注意点を紹介

餃子ダイエットをご存知ですか?餃子をボクシング夕食に、食べながら体重を落とすダイエット方法があったんです。ビール1杯なら晩酌もOK!ボクシングジムから生まれた、健康的に痩せるダイエット法を紹介します。

餃子ダイエットとは

プロボクサーの減量から生まれた「餃子ダイエット」

「餃子を食べながらダイエット?餃子ってカロリーが高そうだけど本当に痩せられるのかしら?」と、思われる人が多いのではないでしょうか?

餃子ダイエットは、ピューマ渡久地ボクシングジムの会長である渡久地聡美さんが、長年に渡りプロボクサーの減量指導に取り入れてきた、実績のあるダイエット方法なのです。プロボクサーであったご主人の現役時代から、試合前の減量に餃子を取り入れていたそうで、ボクサーだけでなく、一般の人にも知って欲しいとの思いから、餃子ダイエットの本を出版され話題になっているのです。

餃子ダイエットが効果的で痩せるといわれる理由・5つ

1.晩酌もOK?食べる事への縛りがゆるいから続けられる

ダイエットと言えば、辛い食事制限や毎日だと飽きてしまいそうな決まりきったメニューだけを食べるなど、続けづらいものが多いですよね。

でも餃子ダイエットは、きちんと食事をとりながら、体力を落とさず体重を落とす、ボクサーの減量食から生まれた、実績のあるダイエット法なのです。餃子のおともに1杯のビールなら飲んでも大丈夫!。食べる事への縛りがゆるいので、多くの人に続けやすいストレスの少ないダイエット法なのです。

2.餃子は栄養のバランスが良いダイエット食

餃子は豚挽き肉、キャベツや白菜の野菜をはじめ、ニラやにんにくなど、体に良いとされる食材を皮で包んで、ひとつにした優れたメニューです。

一般的な餃子1個18gだとすると、だいたい13gが具材で5gが皮という割合のものが多いのですが、3分の1くらいは糖質を含んでいます。糖質抜きダイエットが問題視されはじめている中、タンパク質中心でありながら、必要な糖質をきちんと摂取できる餃子は、健康的なダイエット食なのです。

タンパク質や糖質以外にも、ビタミン・ミネラルなど体を維持するために必要な、栄養素もバランスよく含んでいるため、健康を害する事無く効率的にダイエットができるのです。

3.餃子には代謝を上げる材料が多く使われている

餃子に欠かせない材料といえば、にんにく、生姜、ニラでしょうか。にんにくや生姜は、体を温めてくれる食材として、風邪を引いたときにも効果があるとされていますよね。体温を上げれば代謝もアップしてくれるため、ダイエットにも効果的な食材です。

また、にんにくやニラには、エネルギーの代謝を高めて、スタミナをアップさせる、アリシンという成分が豊富に含まれているのです。

餃子は、栄養のバランスが良いだけではなく、代謝を上げる食材が使われている点でも、ダイエットには強い味方になってくれるのです。

4.消化に優しいから夕食に食べても安心

餃子って、ひき肉が入っているし、油を使って焼いているので、なんとなくヘビーな食事というイメージがありませんか?でも実は、細かく刻んだ具材を調理しているので、消化に優しく、夕食に食べても胃への負担が少ないのです。

ダイエットを効率よく行うには、筋肉をつけて、代謝の良い体を作る事が大切です。その為には、筋肉の形成を促す、成長ホルモンが分泌されるタイミングで、タンパク質が摂取されていた方が良いですよね。

そこで、夕食時に消化に優しい餃子を食べるのです。餃子でタンパク質を摂取しておけば、寝ている間に成長ホルモンが分泌され、効率良く筋肉を作る事ができ、代謝の良い体を作る事につながるのです。

5.餃子はアレンジ出来、飽きなくて安い

餃子は自分で作りますか?それとも、買ってきて食べる事が多いですか?作るのが面倒だと思ったり、包み方が難しいんじゃないかと、作るのを敬遠している人も多いのではないでしょうか?

ところが、実際作ってみると、意外に簡単ですし、どうしてもひだをつけて包めない場合は、棒状にして具材を包んだり、100円ショップなどで販売されている、簡単に餃子を作るグッズを利用するのもいいかもしれません。

味付けや具材も、工夫次第でいくらでもアレンジできますし、材料費も安いですよね。リバウンドしにくいダイエットは、長く続ける事がポイントです。無理せず飽きずに安価に作る事ができる餃子は、そんなダイエットには魅力的なメニューなのです。