禁煙でニキビが増えた!?生活習慣で治す4つのポイント

タバコはお肌だけでなく健康にも害することはご存知だと思います。将来的にも禁煙することは大切なことですが、いざ禁煙を始めてニキビや体調不良が起きてしまうこともあるようです。まずはタバコによる健康被害をしっかり理解したうえで、お肌への悪影響を詳しく探っていきましょう。

タバコって何が悪いの?

タバコの煙に含まれる有害物質は4,000種類以上もの化学物質が含まれ、発がん性物質は60種類もあるそうです。その中でもニコチン、タール、一酸化炭素は三大有害物質(たばこの三害)ともいわれています。

○ ニコチン

タバコの煙に含まれるニコチンは精神作用をもつ物質で麻薬(ヘロイン)にも劣らない依存性をもつ薬物といわれています。「ニコチン依存症」という言葉があるようにタバコは嗜好品ではなく、依存性をもった薬物ということをしっかりと理解しなければなりません。血中のニコチンの濃度が下がってくると怒りっぽくなる、いらいらするなどの禁断症状が現れ、喫煙開始数秒後には脳にニコチンが運ばれ、禁断症状がおさまります。禁煙が難しいのはこういった症状があるからでしょうか。

○ 一酸化炭素

血液中のヘモグロビンは酸素と結びついて全身に酸素を運ぶ役割をしていますが、一酸化炭素は酸素に比べて200倍以上もヘモグロビンと結びつきやすい性質を持っています。このため一酸化炭素があるとヘモグロビンは酸素と結びつくことができず、血液の酸素運搬能力が低下してしまい、全身的な酸素不足になります。赤血球が増えるなどの影響もあり(血液がドロドロ)、一酸化炭素は血管の動脈硬化を促進するともいわれています。

○ タール

タールは粘質性の液体で長期間にわたり禁煙後も肺に残り悪影響を及ぼします。体の中から無くなることはありません。喫煙を行うことによりタバコの葉に含まれている有害物質が熱分解され、約4000とも言われる化学物質の結合体であるタールとなります。これがタバコに含まれる体を害する原因にもなる成分です。その中に含まれる発がん物質の多くは細胞(DNA)を直接障害するもので、発がん性物質とそれを育成させる物質と両方含まれているそうです。

タバコが肌に及ぼす悪影響

1、ニコチン原因でシミやたるみ

血液の循環が悪くなり、酸素や栄養分が充分に身体全身に行きわたりにくくなってしまいます。皮膚の温度が低下させてしまう結果、新陳代謝が悪くなり肌にとってはシミやたるみ、カサつきの原因にもなるようです。その為マッサージで血行を良くしたり、運動をすれば新陳代謝も上がり皮膚に血流が行きわたりますが、1本のタバコによりこういった努力が無駄になってしまいます。ニコチンには喫煙開始の瞬時に血管を収縮する作用があるのでこういった原因に繋がるようです。

2、くすみや黒ずみにも

有害物質の摂取によりメラニンが刺激を受け化学反応で体内の酸化を進めます。メラニンとは細胞中に存在する黒色の色素のことで、光を吸収し紫外線の害から細胞を守ろうとする大事な役割をしていますが、メラニン同士はくっつくことで色が濃くなり皮膚の黒化(日焼け)の原因にもなってしまいます。それがタバコを吸うことでメラニンの生成量が非喫煙者よりも余計に上がり、黒ずみやくすみを出来やすくさせてしまう手伝いをしているそうです。またタールにより開いた毛穴にも付着することで肌が黒ずんでしまうこともあるようです。

3、免疫力の低下

更にニコチンはビタミンCを破壊します。ビタミンCとは美肌作りや皮膚の乾燥から守る美容成分として効果が高い成分です。紫外線対策にも効果を発揮してくれますが、どんなに多く摂ってもニコチンがビタミンCを破壊してしまえば無駄になってしまいます。ビタミンCは美容効果だけでなく風邪予防にも優れたマルチビタミンとしてよく知られ、免疫力の効果や抗酸化作用そして女性にとって大切なコラーゲンの生成にも大きく関わる栄養素です。また、ビタミンCはメラニンによる色素(上記参考)の沈着を防いでくれる効果がありますが、これも無駄になりシミやそばかすなどにも繋がってしまいます。

4、老化を早める

タバコの煙の成分は女性ホルモンの生成に必要な酵素を抑制し、また老化を引き起こす活性酸素を発生させます。
女性に大事なホルモンバランスを崩す原因でもあり、肌の他にも髪や爪にも悪影響がでます。