ダンベルベンチプレスでバストアップしながら二の腕を引き締めよう

筋トレをしたりジムに通っている人はきっと聞いた事がある「ダンベルベンチプレス」。でも大体の人は、「ダンベル」は聞いた事があっても「ダンベルベンチプレス」は、知らないという人が多いのではないのでしょうか?このトレーニングでは、男性ばかりではなく女性にとっても、嬉しい効果が期待できるということなのです!その効果やトレーニングの方法について、ご紹介していきたいと思います。

ダンベルベンチプレスってどんなトレーニングなの?

上半身を鍛えるトレーニング、ベンチプレス。広く知られているのは、バーベルを使って行うものではないでしょうか?

ダンベルベンチプレスとは、バーベルではなくダンベルを使い、ベンチに乗りながら行うトレーニングで、主に大胸筋、上腕三頭筋、三角筋前部が鍛えられる効果があると言われています。ダンベルベンチプレスは、バーベルを使って行うよりも動作の範囲が広くなるので、そのことを利用して筋肉を鍛えることができます。

ダンベルベンチプレスの平均重量は?

ベンチプレスって、ムキムキの人がものすごい重さのバーベルを持ち上げているイメージだな、という人は多いと思います。さすがに重すぎて持ちあげられないようであれば取り組めませんよね。

では、ダンベルベンチプレスを行う時には、まずダンベルはどの位の重さの物を使うべきか、知っておきましょう。

女性の平均は20㎏位

バーベルを使ってのベンチプレスでの、日本人の成年男性の平均重量はだいたい40kg、成年女性の平均重量はだいたい20kg程度と言われています。

ダンベルベンチプレスの場合の重量は、バーベルよりも少し軽めの物をということなので、女性の平均重量は20kgから、20kgより少し軽い位ということになりますね。(両方合わせた重さ)

ただ、初めてだったり、普段あまり運動をしていない方は、自分の体力や健康状態も考えて、最初はもっと軽い物から始めた方がいいと思います。

ダンベルベンチプレスの効果は?

ベンチプレスは、男の人が筋肉をつけるために行うトレーニングというイメージはありますよね。でも、ダンベルベンチプレスはひと味違うんです。ダンベルベンチプレスというトレーニングを行うことによって期待できる、女性に嬉しい効果とは何かをご紹介していきます。

バストアップできる

大胸筋は、胸のいろいろな組織等を支える土台になっています。大胸筋を鍛えることによって、胸の周りの筋肉が厚くなりバストが引き上げられて、バストアップの効果が期待できます。また、バストが垂れ下がってしまうのを防ぎ、バストトップの位置をそのままにできる効果も期待できるというのです!女性には重要な筋肉の一つと言えますね。

そして、トレーニングをすると「バストアップを越して、男性のようにモリモリっとした感じになるのでは…?」と思う人もいるかもしれませんが、ホルモンの関係等で相当ハードなトレーニングを継続して行うなどということのない限り、男性と同じ位の筋肉は付かないようですね。

基礎代謝がアップする

基礎代謝は、ご存知の方も多いと思いますが、体を動かさずに何もしないでいても消費されるエネルギーのことです。そして、基礎代謝の消費量の約40%程が筋肉で占められているということなのです。となりますと、筋肉を鍛えて、筋肉の量を増やすと基礎代謝がアップするということになりますね。