低分子コラーゲンで目指せ美肌♡高分子コラーゲンとの違い

美容成分で人気のあるコラーゲンですが、実はコラーゲンには種類があるんです。せっかくコラーゲンを摂取するのなら、より効果が期待出来る物が良いですよね。低分子コラーゲンと通常の高分子コラーゲンの違いと、おすすめの摂取の仕方をご紹介します。

低分子コラーゲンペプチドって効果あるの?

コラーゲンは美容効果があるといわれていますが、コラーゲンの商品には低分子コラーゲン配合や低分子コラーゲンペプチド配合と記載されている物があります。低分子コラーゲンペプチドは吸収しやすい分子量の小さいコラーゲンです。通常のコラーゲンと違ってどこがおススメなのかをお知らせしたいと思います。

コラーゲンの分子量で効果が違う?

コラーゲンはたんぱく質の一種で皮膚や血管など体を構成するたんぱく質の約30%を占めています。自然のコラーゲンはサイズの大きい分子(高分子)で、その大きさは約30万です。

しかし、コラーゲンは高分子であるために分解と吸収にとても時間がかかります。その高分子のコラーゲンを小さくして分解と吸収をしやすくした物が低分子コラーゲンペプチドです。

低分子コラーゲンに効果あり

自然に存在している高分子コラーゲンは分子量も大きく、3重のらせん構造をしているため分解出来る酵素が少なくなり分解に時間がかかってしまいます。しかし、低分子コラーゲンは、分子量が小さいため腸内でたんぱく質分解酵素によって分解されます。

摂取したコラーゲンが全て体内でコラーゲンの働きをするわけではなく、コラーゲンは他のたんぱく質と同じようにアミノ酸に分解されてたんぱく質の合成に使われてしまいます。その一部がまたコラーゲンとして再合成されていると言われています。コラーゲンの吸収と体内での合成のメカニズムはまだ謎が多いそうです。

高分子は吸収されずらい

高分子コラーゲンは分子量も大きく、3重のらせん構造をしていています。高分子コラーゲンは体内でコラーゲナーゼという特別な消化酵素によって分解されます。通常の消化酵素によって分解出来ないので分解にとても時間がかかります。しかし、体内でコラーゲンを作るのに大事なアミノ酸やペプチドを補給出来るので、高分子コラーゲンだからといって無駄になってしまうことはありません。

効果的なコラーゲンの摂取方法は?

体の中で皮膚や血管の材料になる大事なコラーゲンですが、紫外線などの活性酸素や加齢によって質や量が変化してきてしまいます。体内で合成される量が分解されて、使われる量が多くなってしまうとシミやしわの原因になってしまいます。上手にコラーゲンを補ってあげる事でいつまでも綺麗なお肌を目指しましょう。

サプリメントで摂る

低分子コラーゲンを手軽に摂取できるものにサプリメントがあります。サプリメントはお水で飲めるので味や香りなどが気にならないので人気があるそうです。価格もドリンクタイプよりも安すく、持ち歩きもしやすいので続けやすいのも魅力です。